「ルーチンワーク」の意味と使い方とは?「ルーチンワーク」が向いている人のタイプとは?




「ルーチンワーク」の意味とは?

「ルーチンワーク」の「ルーチン」は、「routine」という英単語で、「毎日の作業」「決まった仕事」という意味です。

また、コンピューターの一部のプログラムで、動作の一連の命令群という意味もあります。

ます。

「ルーチンワーク」は、仕事などにおいて間違いを少なくしたり、精神を安定したりするために大きな効果があります。

一般的な「ルーチンワーク」の意味

一般的な「ルーチンワーク」の意味は、「日課」「決まった仕事や手続き」のことです。

極度の緊張があるスポーツなどのようなシーンでは、「ルーチンワーク」を決定して習慣にしておくことによって精神が統一されるときもあるでしょう。

野球においていくも打者が同じ動作をしたり、ボールをラグビー選手が蹴るまでに決まった動作をしたりするのが、「ルーチンワーク」として精神を統一するものです。

ビジネスシーンでの「ルーチンワーク」の意味

ビジネスシーンでの「ルーチンワーク」の意味は、一般的なものと同じようなものでしょう。

「ルーチン業務」とも「ルーチンワーク」はいわれていますが、一般的に、仕事の中でも特に毎日行うような日常業務のことを「ルーチンワーク」といいます。

「ルーチンワーク」は決まった方法で進めるものであるので、基本的にマニュアルに従ってできる、単純な創意工夫が必要ないような仕事が多くあるでしょう。

「ルーチンワーク」は人が行う業務で、毎日コンピューターなどが行う作業は「ルーチンワーク」ではありません。

「ルーチンワーク」の使い方とは?

ここでは、「ルーチンワーク」の使い方についてご紹介します。

  • 「ルーチンワークによって間違いが少なくなるのは、我が社にとってもプラスになることである。」
  • 「顧客からのメールを毎朝チェックするのは一つのルーチンワークである。」
  • 「最近はルーチンワークに飽きてきた。」

「ルーチンワーク」のメリット・デメリットとは?

ここでは、「ルーチンワーク」のメリット・デメリットについてご紹介します。

「ルーチンワーク」のメリットとしては、次のようなものなどがあります。

  • 業務の効率がアップする
  • 時間を正しく配分できる可能性が大きい
  • ストレスが軽くなる
  • マニュアル化が容易である
  • 品質を確保することができる
  • 集中力が高くなる
  • モチベーションがアップする
  • スケジュールを管理するのが容易である

一方、「ルーチンワーク」のデメリットとしては、次のようなものなどがあります。

  • イメージとしては誰でもできるということがある
  • やりがいを仕事に感じられないときが多くある
  • 仕事に飽きてくる
  • あまり給料は期待できない
  • 自分の代わりは誰でもできると考えてしまう

「ルーチンワーク」のメリットとデメリットを比べてみれば、仕事をする上においては多くのプラス面がありますが、仕事をする人の行動や気持ちにマイナス面が起きやすいといえます。

繰り返して同じような作業を行うことは、間違いが少なくなったり、仕事の流れが定まっていることによって自分が休んでも仕事に影響がなかったりするというように、メリットが会社側にとっては目につくようです。

しかし、「ルーチンワーク」のデメリットとしては、やりがいを毎日の仕事で感じられなかったり、ステップアップが期待できなかったりするというように、デメリットが仕事をする側にとっては多くあるようです。

なお、単純な仕事をしたい人やストレスがない仕事をしたい人は、「ルーチンワーク」が適しているでしょう。

多く「ルーチンワーク」がある職種とは?

多く「ルーチンワーク」がある職種としては、次のようなものがあります。

  • 来客対応、案内、電話取次などの受付
  • 給与計算、データ入力、書類作成などの事務
  • 運搬、積荷などの配送業
  • 包装、ライン作業などの製造業
  • ルートセールスなどの既存の営業

「ルーチンワーク」としては、同じ作業を常に要求されるものがあるようです。

一見すると、「ルーチンワーク」のように感じられる仕事もあるでしょう。

しかし、「ルーチンワーク」のように見えている仕事でも、新しい発想や工夫、スキルなどが必要な仕事もあります。

都度変更になるような作業をする職種は、「ルーチンワーク」ではないといえるでしょう。

「ルーチンワーク」が向いている人のタイプとは?

「ルーチンワーク」をあえて希望している人もいるのではないでしょうか。

ここでは、「ルーチンワーク」が向いている人についてご紹介します。

  • 仕事を黙々と行うことが好きである
  • 心地いいのは同じことを繰り返すことであると感じている
  • 考えて行動するのが得意でない
  • 効率を重要視した仕事がしたい
  • 業務を自分のペースで進めたい
  • 変化に応対するのが得意でない
  • 比較的残業が少ない仕事が好きである

自分で行動したり、発案したり、コミュニケーションが他の人と必要であったりするなどというような仕事が得意でない人は、もしかすれば「ルーチンワーク」が向いているでしょう。

ワンパターン化している方が仕事により集中できると思っている人は、「ルーチンワーク」を好むようです。

「ルーチンワーク」の対義語とは?

ここでは、「ルーチンワーク」の対義語についてご紹介します。

「アドホック(ad hoc)」

「アドホック(ad hoc)」は、「routine」という英単語の対義語であると考えられるもので、意味としては「臨機応変にする」「その場しのぎ」ということがあります。

なお、「アドホックネットワーク」というのは、インフラの無線LANなどを使わないで、端末同士で繋ぐネットワークのことです。

表現としては、「その場しのぎのネットワーク」ということがピッタリでしょう。

「非定型業務」

「定型業務」と「ルーチン」を捉えるのであれば、「非定型業務」が対義語になるでしょう。

「非定型業務」は、マニュアルのように仕事の流れがなっていなく、自分で判断したり、状況によって考えたりしながら行うような業務のことです。

例えば、発想やアイデアが大切である「企画」、戦略を相手の出方によって変更する「営業」、新しいビジネスを立ち上げる「開発・研究」などが、「非定型業務」になります。

「ケースワーク」

「ケースワーク」というのは、乗り越えることが難しい問題やトラブルを身の回りに持っている人が社会に復帰することができるように、家族などが援助や支援をする社会福祉業務です。

「ケースワーク」ではそれぞれ違った問題を対象になる人が持っているので、ケースバイケースで応対する必要があります。

そのため、「ルーチンワーク」とは逆の業務スタイルといえるでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。