「ベンチマークテスト」の意味と使い方とは?




「ベンチマークテスト」の意味と使い方とは?

「ベンチマークテスト」とは、ハードウェアやソフトウェアのスペックを比較するために行うテストです。

「ベンチマークテスト」は特定の負荷状況を再現するように設計されており、この負荷に対する処理スピードで優劣がつけられます。

わかりやすくいえば、容量の多いデータを読み込ませたときの処理スピードの比較などが「ベンチマークテスト」です。

近年はスマホが普及したこともあって、パソコンのみでなくスマホのスペックのテストにも使われています。

さまざまなジャンルにおける「ベンチマーク」の意味と使い方とは?

ここでは、さまざまなジャンルにおける「ベンチマーク」の意味と使い方についてご紹介します。

投資、証券、金融のジャンル

投資のジャンルにおける「ベンチマーク」は、投資する商品についての指標です。

指標としては、投資する商品でどの程度の収益になっているか、あるいはどの銘柄が下がっているかを見極めるためのものとして使われています。

基本的に、「ベンチマーク」という指標は、平均的な株価や特定の銘柄を比べてその騰落率を測定するときに使われています。

同じことが、証券や金融のジャンルにもいえます。

投資、証券、金融のジャンルでの「ベンチマーク」の使い方としては、次のようなものがあります。

金融のジャンルにおける「ベンチマーク」の使い方は、金融商品にほとんど焦点を絞って使われています。

そして、この真価は日本国内の上場している株式を分析するときに発揮されます。

金融商品を扱うときは、投資家など全ての人が事細かにリターン、つまり利益率を気にしています。

この利益率を常にどのように獲得するかを考慮したときには、「ベンチマーク」が大切です。

例えば、「ベンチマーク」には指標の日経平均株価などが活かされます。

そして、前もって決めていた基準をオーバーしたときは、「ベンチマーク」をオーバーした、一方基準よりダウンしたときは、「ベンチマーク」をよりダウンしたといいます。

「ベンチマーク」は絶対的な基準というものでなく、個人が設けるものであることに、注意する必要があります。

どこの基準をオーバーすると儲かるかを分析して、「ベンチマーク」を設けます。

そのため、この基準そのものが間違っていると、当然ですが、いい指標でも、マイナスの運用成績になるため注意しましょう。

IT、ソフトウェアのジャンル

一般的に、ITのジャンルでも「ベンチマーク」は使われています。

ITのジャンルにおいても、この意味の中心には「基準」がきます。

「基準」の対象は、ソフトウェアやハードウェアのスペックになります。

そのハードウェアのスペックが別のものと比較してどのように優れているか、あるいは劣っているかを指標を使いながら調査していきます。

ソフトウェアやハードウェアには必ずスペックがあり、この数値を明確にする必要があります。

例えば、処理スピードの数値が高いと、いち早く画像や動画を読み込んで、使うときには作業が非常に快適にできます。

また、この比較対象には動作スピードなども入るでしょう。

このように処理スピードや動作スピードを測定することによって評価します。

このようなときには、「ベンチマーク」が大切です。

一方、ITのジャンルにおいて最も「ベンチマーク」が利用される方法としては、「ベンチマークテスト」があります。

この「ベンチマークテスト」は、それぞれのコンピューターのスペックを項目に分類して指標づけするテストです。

コンピューターのハードウェアやソフトウェアの処理について数値をつけるためのテストです。

この「ベンチマークテスト」によって、公正な判断のもとにコンピューターの比較が客観的にできるようになりました。

また、この「ベンチマークテスト」が動作テストも兼ねてまれに行われるときがありますが、意味合いとしてはマーケティングのものが強いようです。

このようにして「ベンチマークテスト」によって算出したスコアを「ベンチマークスコア」といいます。

スペックや動作スピード、処理スピードなどいろいろな項目をわかりやすく数値化したものです。

経営戦略などのジャンル

経営においても、「ベンチマーク」は使われています。

「ベンチマーク」が経営の指標として使われるときは、よりいい経営方法がないか調べるために利用されます。

この方法を使うことによって、自分の企業と同じ業界のライバル会社と比べることができるため、積極的に分析するために使われています。

そして、ライバル会社でも高い数値の高い評価の事例があると、模倣を積極的に行うことによって自社の数値をアップすることもできます。

自社の良くない箇所をこのようにして改善し、よりいい経営を目指すことができます。

「ベンチマーキング」とこのような方法はいわれています。

この方法は、戦略指標としてアメリカで1980年の初めに開発されたものです。

「ベンチマーキング」は、自社と同じような業界や環境のライバル会社を分析対象にすることがコツです。

いかにいい事例が多くあっても、自社とその会社の環境が非常にかけはなれているとあまり模倣しても意味がありません。

どのような機能をアップさせたいか、しっかりとその要因や要素を考えた上で、分析対象を設けるようにしましょう。

また、しっかりとライバル会社の歴史を調査することが必要です。

「ベンチマーキング」を成功させるためには、しっかりと分析対象の会社の背景を熟知することが大切な要素になります。

先にご紹介した「ベンチマーキング」が、経営戦略での「ベンチマーク」の主な方針になっていきます。

自社の良くないところを、「ベンチマーキング」することによって向上と改善を目指します。

このような流れを繰り返すことで、自社の問題解決とチームワークのアップに繋げることが最終的な目標になります。

次に、「ベンチマーキング」によって享受できるメリットについてご紹介します。

まず、自社の優位性を「ベンチマーキング」によって掴めることがメリットです。

また、自社の優位性が強くないと感じたときは、戦略としていい模倣先を探して組み込めることもメリットです。

次に、数値に仕事の段階に応じた評価をしやすいことがメリットです。

どの段階の評価が高いレベルにあり、またどの段階に問題点があるかを数値にすることによって明らかにすることができます。

そして、メリットが最もあるのは、他社の評価と自社の評価を冷静に照合して比べられることです。

自社の客観的な強みと弱みが明確にわかって、今後の経営方針の助けになるでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。