「サービス業」の意味とは?「専門サービス業」「情報サービス業」「複合サービス業」について解説




「サービス業」の意味とは?

「サービス業」というのは、主な仕事が人の欲求を支援することである業種です。

例えば、「サービス業」は、「楽に動きたい」「美味しい料理を摂りたい」「癒しが欲しい」などというようなユーザーの要求を、いろいろな方法によって満足することによって対価を獲得します。

そのため、人の欲求が多くなってくるほど、「サービス業」の業種も多くなっていくようになります。

このようなことから、「サービス業」は、いろいろな業種があり、ひとまとめにして全てをご紹介するのは困難です。

ここでは、多くある業種を3つに分類して、「サービス業」についてご紹介します。

情報を提供する

相談や設計業務などが、情報を提供する「サービス業」になります。

このような「サービス業」は、コンピューターが登場する前からあるものです。

テクノロジーがさらに進むと同時に、情報を提供する「サービス業」としてコンピューターのプログラムやデータを提供する業務なども含まれるようになりました。

「情報サービス業」とこのようなものはいわれています。

「情報サービス業」でコンピューターなどの情報を取り扱うものは、深い関係がテクノロジーとあるジャンルでもあります。

「情報サービス業」は、さらに「情報提供サービス業」という音楽データやプログラムなどの情報を提供するものと、「情報処理サービス業」という専門に統計データ分析などを処理するものに分けられます。

ものを提供する

レストランが、ものを提供する身近な「サービス業」として挙げられます。

生産した人から食材を仕入れてより美味しく摂れるように加工して、顧客にこれを提供することによって儲けています。

素材を加工して商品にする工場などと同じようなところがありますが、レストランは業種の分類としては「サービス業」になります。

販売業のスーパーなども、同様に、生産、加工したものを提供することで成立しています。

少し儲ける代わりに、簡単に利用する人がいろいろなものを買える状態を整備する役割を担っています。

快適さを提供する

遠くまで動くときは、飛行機や新幹線を使うときがあるでしょう。

この飛行機や新幹線の運行も「サービス業」になります。

目的地まで楽に、速く動く方法を提供することによって儲けています。

また、娯楽施設の遊園地やゲームセンターなども、「サービス業」になります。

顧客が楽しめるスペースを作って、快適さを提供することを仕事にしています。

「専門サービス業」「情報サービス業」「複合サービス業」とは?

「サービス業」としては、「専門サービス業」「情報サービス業」「複合サービス業」もあります。

ここでは、「専門サービス業」「情報サービス業」「複合サービス業」についてご紹介します。

「専門サービス業」

「専門サービス業」というのは、主として技術や知識の専門的なものを提供する業種です。

「専門サービス業」は、国家資格が必要な「弁護士」や「税理士」、あるいは「ファイナンシャルプランナー」や「行政書士」などがあり、これ以外に、セキュリティー、ビルのメンテナンスや清掃、給与や法務関係の代行業などがあります。

「専門サービス業」の特徴は、普通の力では顧客が賄えないような特別なことを、技術と知識の専門的なものを使用して生活をサポートしてくれることです。

「情報サービス業」

「情報サービス業」は、「情報通信業」のラジオやテレビ、ネットでの放送や通信にあたるものにある一つの業種です。

「情報サービス業」は、「情報処理・提供サービス業」というデータセンターや市場調査、世論調査を提供するものと、「ソフトウェア業」というパッケージソフトエアやゲームソフトウェアを取り扱うものにわかれています。

「複合サービス業」

「複合サービス業」としては郵便局や協同組合があり、主として信用事業、共済事業、保険事業などを行うものです。

大分類の「複合サービス業」の中には、中分類の郵便局と協同組合があり、さらに小分類の農林水産業協同組合や郵便局委託業などがあり、細分類の森林組合や簡易郵便局などまで、事業の範囲や種類が細かく法的に決められています。

「サービス業」の特徴とは?

「サービス業」には、無形性、新規性、同時性、非反復性、個別性というような特徴があります。

「サービス業」においては、ほとんど「無形性」が最大のウリになります。

製造業などでは商品そのものを顧客に売りますが、「サービス業」ではこのような目に見える商品はないときが多くあります。

例えば、遠くまで電車に乗って行くことをアシストしても、この動く手段を顧客に提供したもので、電車自体を提供するものではありません。

また、「サービス業」の特徴としては、消費と提供が一緒に起きる「同時性」というものがあります。

製造業のときは商品を作って顧客が消費するまでにある程度の時間がかかりますが、「サービス業」のときはこれが一緒に起きます。

例えば、施術をエステティックサロンで受けるときは、施術をする人がエステのサービスを提供しているときに、このサービスを顧客はすでに受けています。

次に、「サービス業」の特徴としては、「新規性」が挙げられます。

「サービス業」では別の業種と比べて常にマーケットが若く、次々と中小企業が誕生する傾向があります。

というのは、ユーザーの欲求は常に毎日新しく誕生し、これに対応するのが「サービス業」であるためです。

「サービス業」の特徴としては、「個別性」も挙げられます。

基本的に、製造業のときは一旦決定した商品は同じように同じものを作り続けます。

しかし、「サービス業」のときは機械のようにベルトコンベアーに乗って誰にでも同じようなサービスを提供することはできません。

顧客が変わると、状況を見ながら臨機応変に行動することが「サービス業」の基本になります。

「サービス業」の「非反復性」にも、これは共通します。

サービスを提供される側、そして提供する側がそれぞれ違った人であるため、当然ですが、同じ研修を受けていても異なったサービスを提供するようになります。

「サービス業」に適している人とは?

他の人の役に立ちたいと考えていたり、他の人を喜ばせるのが得意であったりする人は、間違いなく「サービス業」に適しているでしょう。

他の人を喜ばせたいと考えていても、要求されるサービスは個人によって違っており、状況によっても違ってきます。

そのため、相手の気持ちを理解するのが得意で、自分の考えを押し付けない人も「サービス業」に適しているでしょう。

また、他の人が喜ぶことを検討するのが得意な人や臨機応変の応対が得意な人も、「サービス業」に適しているでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。