「フィジビリティ」の意味と使い方とは?「フィジビリティ」の必要性などを解説




「フィジビリティ」の意味とは?

「フィジビリティ」は、「実行可能性」「実現可能性」「実現見込み」などという意味です。

新しい事業計画や開発事業などの試みに挑戦するときは、目標のゴールに実際に到達できるかなどを検証することが必要です。

投資や企画などのプロジェクトに成功するために検討する必要があることが、「フィジビリティ」です。

「フィジビリティ」は、出資者に投資や新規事業などのときに納得してもらうために大切な一つの項目です。

いかに魅力的で将来性がある話でも、「フィジビリティ」が高くないと、資金を実際に提供するスポンサーや出資者は納得しません。

そのため、「フィジビリティ」が大切なポイントになります。

「フィジビリティ」の使い方とは?

会社の命運を賭けた新しい事業の参入計画、新しい商品のプロモーション戦略というようなものを実行するときに、基本的に実現できるかどうかさまざまな観点から検証するのが「フィジビリティ」です。

調査するときは結論が期限をきらないと出せないということから、変化が使い方にも出てきています。

新しい企画を誰かがマターになって立案するときに、プランの具体性を示したり、チェックしたりすることに使います。

「フィジビリティ」の使い方の例文としては、次のようなものがあります。

  • 「弊社が新しいマーケットへ進出するためには、費用がかかってもフィジビリティを十分に行う必要がある。」

「フィジビリティスタディ」とは?

「フィジビリティスタディ」の意味は、組織や会社で計画するプランや事業について、実現が実際にできるかを十分に検討することです。

「フィジビリティスタディ」は、「検討会議」として実際に会社が計画する前に行うものです。

また、「実現性可能性調査」と「フィジビリティスタディ」は訳すときが多くあり、「FS」「F/S」などと省略して表現されます。

会社によって毎日新しい事業やいろいろなアイデアが展開されていますが、このようなものが目標や利益を達成するなど「ポジティブな結果」に全て繋がるとは必ずしも限りません。

そのため、投資や事業計画などのアイデアが利益に実際になるかを検討しないと、最終的にマイナスの結果になる可能性があります。

そこで「フィジビリティスタディ」を導入する必要があります。

「フィジビリティスタディ」では、プランニングや計画などの評価項目をはっきりしておくことが大切です。

計画を実行したときに受ける影響、周りに及ぼす影響、ライバルと競争するときの優位性の持続力、社員の管理、資金の調達、経営の管理などが十分であるか、などが挙げられます。

当然ですが、マーケットや業界の動き、制度や法律における規制、経済動向や社会環境、メリット・デメリットも考慮する必要があります。

このようなことを含めて、多くの評価項目をはっきりして、どの程度実行可能性があるかを調査します。

計画を実行するときの「リスク」も、「フィジビリティスタディ」では検討する必要があります。

しかし、「リスク」がもしあっても、メリットがリスクをとることによって獲得できるときもあります。

また、リスクを長期間とっても最終的に見返りや利益が期待できるかについても、「フィジビリティスタディ」では検討していきます。

そして、メリットがリスクを取っても獲得できると判断したときは、計画を実行することがあります。

「フィジビリティ」の段階での調査は広範囲になる

「フィジビリティ」の段階で調査する範囲は、そのプロジェクトや事業計画によって違いますが、一般的に割合広範囲に及ぶことがあります。

例えば、「フィジビリティ」の段階で調査する範囲としては、次のようなものがあります。

  • 自社の事業計画と企業ポリシーが一致しているか
  • 市場動向や市場規模、ライバル状況はどうか
  • 法律的あるいは政治的に計画が妨げられる規制はないか
  • 計画を実現するために十分に人材や技術、資金があるか

このように、計画を実現するには、直接間接に関係なく影響を及ぼす可能性があることを分析して、多面的に計画が実現できるかを検証する必要があります。

そのため、「フィジビリティ」がプロジェクトや事業計画の実現可能性を検討するものであるため、「フィジビリティ」によって、事業計画の変更や修正が必要になったり、事業計画そのものが中止になったりするときもあります。

また、プロジェクトや事業計画によって「フィジビリティ」に必要な期間も違っており、数週間~数ヶ月間くらいで終了するときもあったり、大きな規模のものでは数年間になったりするときもあります。

「フィジビリティ」はどうして必要か?

世界で最初に「フィジビリティスタディ」が体系的に実施されたのは、世界恐慌が1933年に起きたときにアメリカ政府がニューディール政策として立ち上げたTVA(テネシー川流域開発公社)であるといわれています。

このTVAは、テネシー川の流域に原子力発電所やダム、ゴミ処理場や空港の建設などの公共事業を総合的に展開して、雇用の安定と地域の振興をもたらしました。

このとき、それぞれの公共事業において綿密に「フィジビリティスタディ」が実行されたといわれています。

特に、このケースでは、産業技術的条件や社会経済的要因だけでなく、政治的な影響などについても「フィジビリティ」で十分に検討されるようになりました。

「フィジビリティ」としては政府が実行する程度の規模の大きなものでなくても、ビジネスの現場では毎日プロジェクトや事業計画を成功させるために、基本的にこれらが実現できるかを検証するチャンスは多くあります。

プロジェクトや事業計画を軌道にしっかり乗せて成功するには、「フィジビリティ」は必要といえるでしょう。

「フィージビリティ」と「フィジビリティ」の違いとは?

「フィジビリティ」は、文献や人によって「フィージビリティ」というときもあります。

「フィージビリティ」というのは、意味が全く「フィジビリティ」と同じです。

そのため、「フィージビリティスタディ」でも「フィジビリティスタディ」でも問題ありません。

「フィージビリティ」の方を厚生労働省ではよく使用していますが、使用するカタカナ語は会社や機関によっていろいろです。

「フィジビリティ」の英語表現とは?

「feasibility」が、「フィジビリティ」の英語表現です。

「feasibility」の意味は「適した」「実現可能な」ということで、「feasible」という形容詞の名詞形になります。

「フィージビリティ」が英語の発音になるので、このように書くときも場合によってはありますが、「フィージビリティ」も「フィジビリティ」も意味は同じです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。