「リードタイム」の意味とは?種類や必要性、短くするメリットなどを解説




「リードタイム」の意味とは?

「リードタイム」というのは、品物を発注してから納めるまでにかかる時間です。

「リードタイム」は、開発、調達、生産、配送リードタイムにわけられます。

オペレーション品質を測るスピード、コスト、正確性、継続性の指標の中で、スピードを測る時の指標として「リードタイム」は使用されます。

例えば、「リードタイム」は在庫を持つと短くなりますが、在庫するリスクも大きくなります。

しかし、「リードタイム」は在庫を持たないと長くなり、ビジネスチャンスを逃すことがあります。

そのため、最小に在庫リスクをしながら最短に「リードタイム」がなるように、製造業においては発注してから製造、配送するまでの製造工程、流通業においては受発注、配送プロセスなどを効率アップして、リードタイムをそれぞれ短縮しています。

必要な情報をそれぞれのプロセスにおいて統合して、効率を全体でアップするのがサプライチェーン・マネジメント(SCM)です。

半導体やデジタル家電などの開発競争においては、開発してから販売するまでの「リードタイム」を短くすることが競争において優位になります。

そのため、情報を共有するのみでなく、全社的に業務の標準化やシステム統合が要求されます。

医薬品業界のようにM & A や提携などによって外部の技術を導入することも、場合によっては必要になります。

「リードタイム」の種類とは?

「リードタイム」という言葉はいろいろな業界において幅広く使用されるようになってきているので、最近は品物を受注してから納めるまでの期間だけを必ずしも表すということではなく、派生的な解釈もちょっとされています。

ここでは、「リードタイム」の種類についてご紹介します。

製造(生産)

物流業は密接に製造(生産)業とも関係しているため、「リードタイム」という言葉は製造(生産)業でも使用されています。

この時の「リードタイム」というのは、一般的に「製品の製造を始めてから一定数の製造が終わるまでの期間」を表します。

「製造を始めてから製品を顧客に納め終わるまでの期間」をいう時も、場合によってはあります。

出荷(配送)

「リードタイム」が出荷(配送)で使用される時は、一般的に「品物を受注してから納めるまでの時間」を表します。

しかし、出荷(配送)に限った時は、「発送してから商品が顧客に届くまでの期間」とも考えられます。

調達

製品を製造する時は、その原料を調達する必要があります。

自社でこの原料が賄える時の「リードタイム」はその準備期間になり、また、自社でこの原料を賄えなく、外部に注文する時の「リードタイム」は「原料を発注してから納めるまでの期間」になります。

外注

製品を製造するための原料を外部に注文するなど、業務上必要な品物を外注する時も、「品物を受注してから納めるまでの期間」は「リードタイム」といいます。

「リードタイム」の必要性とは?

多く「リードタイム」という言葉が使用されるようになったのは、品物を受発注してから納めるまでの期間を短くする必要が多くなったためです。

特に、最近は幅広くネット通販が使われるようになったため、当日の配送も当然のようになって、「リードタイム」の考え方がこの納期を守るために必要になったためです。

また、「リードタイム」という言葉が商品の配送以外のシーンでも多く使われるようになったのは、配送時間が物流業界において短縮化されたことが非常に影響しています。

例えば、代表的なケースとしては、顧客に示した「リードタイム」を守るために配送時間を短縮化するだけでなく製品の「製造リードタイム」を守る必要がある、というようなものです。

さらに、「リードタイム」という言葉が普及した要因としては、生鮮食品の配送を行うネットショップや食品を取り扱うECサイトのようなサービスが多くなったことも考えられます。

そのため、さらに物流業界に非常に関係する新しいサービスが今後生まれることによって、「リードタイム」の考え方はより必要になってくるでしょう。

「リードタイム」を短くするメリットとは?

仕事において「リードタイム」を短くするためには、「リードタイム」を短くするメリットついて把握しておく必要があります。

例えば、ネットショップの大手が「リードタイム」を短くするために当日配送を行っているのは、優れたサービスを他のネットショップよりも提供するだけでなく、短時間により多くの注文を処理することによって、儲けをより多く獲得しやすくなるというメリットがあることも理由として挙げられます。

特に、極端に商品の価格を安くしているネットショップの大手などは、商品をより多く売らないと儲けを十分に確保することができません。

「リードタイム」の具体的な設定は、社員に向けた目標が設定できるということで非常に効果があるでしょう。

「リードタイム」という言葉は、物流業と同じように製造業でも幅広く使用されるようになってきています。

製造業における「リードタイム」の短縮としては、製品を在庫にする期間を短くすることによって鮮度が悪くなるの防止するという大きなメリットがあります。

そのため、「リードタイム」を短くすることによって生産業でも非常にメリットが獲得できます。

このように、「リードタイム」を短くすることは、早く製品を顧客に届けて喜んでくれる以外に、製品を製造する側にも多くの儲けが獲得できるということでも非常にメリットがあります。

「リードタイム」の類義語とは?

ここでは、「リードタイム」の類義語についてご紹介します。

「開発期間」「所有期間」など

「リードタイム」の類義語としては、「開発リードタイム」であれば「開発期間」、「生産リードタイム」であれば「製造期間」や「生産期間」、「基準日程」、「納品リードタイム」であれば「所有期間」や「所有時間」、「調達期間」などがあります。

「納期」

「納期」というのは、商品を納めるまでの期限のことです。

そのため、「納期」は日程を〇月〇日のように指定します。

一方、「リードタイム」は品物を発注してから納めるまでの期間であるため、〇日間ようになります。

「リードタイム」の英語表現とは?

「Lead time」が「リードタイム」の英語表現ですが、英語でも全く意味は同じです。

「lead time」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Our lead time for shipping is 3 business days.」 (出荷までに弊社では3営業日かかります。)

この例文では、「lead time for shipping」の意味が「出荷に必要なリードタイム」になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。