「シームレス」の意味と使い方とは?類義語などを解説




「シームレス」の意味とは?

「シームレス」という言葉は、さまざまなシーンや業界で使われています。

「シームレス」の意味は、「継ぎ目がない」「途切れのない」などになります。

また、いくつかの要素が繋がっているときに、「わかりにくい状態」「継ぎ目がない」という意味もあります。

「シームレス」の使い方とは?

ここでは、「シームレス」の使い方についてご紹介します。

ゲームでの使い方

ゲームの用語としては、「シームレスバトル」というものがあります。

ロールプレイングゲームの一つの戦闘システムが、「シームレスバトル」の意味です。

ロールプレイングゲームの多くでは、戦闘がフィールドを移しているときにスタートして、フィールドが移していた画面から切り替わって、戦闘しているときにバトルが専用の空間でスタートするという「セパレートバトルシステム」になっています。

しかし、「シームレスバトル」は、フィールドを移しているときに、シーンが切り替わらなくて戦闘にそのまま入るシステムになります。

戦闘と移しているときが同じシーンであるため、リアルタイムで戦闘も進めるときが多くあります。

戦闘を同じシーンでするシステムでも、戦闘をターン制でするゲームのときは「シームレスバトル」といわれることは多くありません。

「配管」での使い方

「シームレスパイプ」というものが、鋼管の配管の種類としてあります。

「シームレスパイプ」の意味は、鋼管として継ぎ目がないもので、丸棒の中心部を中空にしたものです。

パイプのサイズや材質などによって、「シームレスパイプ」はいろいろな種類があります。

一方、「セミシームレスパイプ」の意味は、継ぎ目があるパイプになります。

衣類での使い方

衣類での「シームレス」の意味は、縫い目がなくてピッタリと肌にフィットするように加工された下着や洋服のことです。

縫い目がないため、全体的に柔らかい使い心地になり、肌に対する影響を少なくすることができます。

また、「シームレスストッキング」ということでも使われます。

「シームレスストッキング」というのは、縫い目が後ろ中央にない女性用の長靴下になります。

照明での使い方

「シームレスラインランプ」というものが、照明の種類としてあります。

「シームレスラインランプ」の意味は、端のところまで光が出て、連続したきれいな光が出て光のムラができないもので、照明と建築が一体になった建築するときの照明には必要なものです。

LEDと蛍光灯の「シームレスライン」というものがあり、長さや色温度の豊富なバリエーションがあります。

医療での使い方

「シームレス」という言葉が、医療の業界でも使われています。

例えば、「シームレスな地域連携医療」「シームレスな医療」「シームレスケア」などがあります。

ITシステムを利用することによって、医療スタッフが変更になったときだけでなく、医療機関の枠以外に、医療機関がある自治体などの枠を超えて、切れ目がない介護・医療の情報を連携することによって、地域の介護・医療サービスのレベルをアップすることを目指します。

IT業界での使い方

「シームレス」という用語が、IT業界でも使われています。

いくつかの要素やサービス主体の組み合わせでソフトやシステムなどが構成されるときは、それぞれの違いをユーザーから見て意識しないで、一体的に使える状態を「シームレス」といいます。

例えば、それぞれの機能がアプリのソフトの中で区切られなくて操作が一貫してできる状態のことになります。

また、自動的に携帯の通信と無線LANの通信が切り替わるサービスやシステム、システムインテグレーターがサービスするシステムの開発設計や顧客問題の分析などを一括してサービスすることを、「シームレスなサービス」といいます。

「シームレスなサービス」は、最小限の手間で多くの機能、サービスなどを使えるようにしたもので、第一にユーザーのことを考えたものです。

「シームレス」を使うときに注意することとは?

ここでは、「シームレス」を使うときに注意することについてご紹介します。

ビジネスシーンでも「シームレス」は使える

「シームレス」は、普通のビジネスシーンでも使えます。

例えば、ジェネレーションギャップが若手の社員と管理職クラスで、社内においてあるとしましょう。

ものごとについての感覚や意見が、経験や年代などが違うことから異なるときがあります。

このときに、意見をお互いに尊重することを学習して雰囲気がフレンドリーになると、若手の社員と管理職の関係が「シームレス」になります。

そのため、二つの違ったグループの隔たりがなくなり、関係がスムーズになるということです。

業界別の「シームレス」の意味を把握する

「シームレス」は、意味がシーンや業界によって違うので、使い方を誤れば相手が困るときがあります。

しかし、基本的な意味を掴むと、「シームレス」な会話になって意味で困ることはありません。

なお、ネットなどでは、業界別の「シームレス」の例文について紹介しているようなサイトがあるため、IT、アパレル、建築、通信などの業界における使い方の参考にしましょう。

「シームレス」の類義語とは?

ここでは、「シームレス」の類義語についてご紹介します。

「途切れがない」「継ぎ目がない」

「シームレス」の類義語としては、「途切れがない」「継ぎ目がない」があります。

「シームレス」という言葉の意味としては、「応対に途切れがない」や「サービスの継ぎ目がない」があります。

この意味から、「シームレス」と意味がほとんど同じである類義語として、「途切れがない」「継ぎ目がない」が挙げられます。

「滑らかな縫い目がない生地」

「シームレス」の類義語としては、「滑らかな縫い目がない生地」があります。

語源的な「シームレス」の意味としては、「滑らかな縫い目がない生地」「縫い目のないシームレスストッキング」ということがあります。

このような意味から、「シームレス」と同じようなニュアンスがある類義語として、「滑らかな縫い目がない生地」が挙げられます。

「スムーズに区切りがなく繋がっている」

「シームレス」の類義語としては、「スムーズに区切りがなく繋がっている」があります。

「シームレス」という言葉の意味は、「区切りがなくてスムーズにいくつかの要素が繋がっている」や「いくつかのサービス・要素の間に境界線がない」ことになります。

この意味から、「シームレス」と同じようなニュアンスがある類義語としては、「スムーズに区切りがなく繋がっている」が挙げられます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。