職場で「不機嫌な人」に掻き回されないための扱い方3つ

不機嫌な人

無関心はNG!自分は関心を持っていると知ってもらおう

先にも述べたように、触らぬ神には何とやらとは言いますが、あからさまに無視したり、避けてはいけません。あなたがそうされたら嫌なように、相手だって不機嫌であろうがなかろうが、いい気分ではないでしょう。ただ、あくまで過干渉は、他人の悪口を言われたり、悪い噂話をされてしまったりと余計なトラブルを招きますから、「適度に」がキーワード。

それに、しっかり相手に関心を持って仲良くなれれば、もしかしたら不機嫌の原因がわかるかもしれません。そうしたらしめたもの。「大変ですよね」「そうですよね」と共感を示して、機嫌を直してもらいましょう。

まとめ

相手が不機嫌でも、機嫌がよくても、同じ職場で仕事をするという現実は変わりません。その時、不機嫌な人に対して多くを期待したり望まないことが重要。

どんな苦痛であれ、家に帰ればその不機嫌な人は隣にはいませんから、あくまで「適度な距離感を保って、トラブルに巻き込まれないようにする」ことが大切です。穏やかな付き合いができるよう、貴方まで不機嫌な人にならないようにしましょうね!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。