転職エージェントを上手に断る方法とは?キーワードは本音で話すこと!




転職エージェントに登録したけれど、何らかの事情があって辞めたいときが来ると思います。それは、転職活動の終了であったり、エージェントとの相性の悪さであったりと理由は様々です。

そんなとき、どうやって転職エージェントの今後のお付き合いを断ればよいのでしょうか。今回は、円満に転職エージェントを断る方法について解説していきます!

転職エージェントは断ってもいいの?

結論から言うと、転職エージェントの利用を断ることや、選考の案内を辞退することは「可能」です。ただ、断り方によってはトラブルに発展する可能性もあるので円満にお断りすることが大切です。

転職エージェントを断るときは理由を相手に伝える

相性が悪くて断ることになったにせよ、サービスが良くないから断るにせよ、他で内定が取れたから断るにせよ、大切なのは正直に断る理由を伝えることです。

あなたが転職エージェントを利用するのは、何を置いても「転職を成功させるため」ですよね。エージェントにお世話になったから、いろいろと話を聞いてもらったからなど、情が湧く人も少なくありませんが、自分の一番の目的である「転職成功」というゴールを見失わず、合わなければすっぱりやめましょう。

転職エージェントの断り方はどうすればいいの?

退会手続きのやり方は、転職エージェント会社によって違います。基本的には、エージェントのマイページから大会の申請をするか、担当者にメールや電話で退会の旨を伝えます。そのときに、併せて理由も言うといいでしょう。

エージェントからの返信がなくとも、メールを取っておけば問題ありません。無料のエージェント登録なら、追って金額を請求されることもないのでご安心くださいね。

転職エージェントに対して「一次面接」を断るのはなるべく控えたい

転職エージェントの理由を断るのではなく、面接を断るのはなるべく控えたいところです。特に、「ほかで内定が出たから断る、ひいては利用もやめる」ということでなければ、最初の面接はできるだけ受けましょう。

やはりどうしてもその会社で働きたくないと思ったら、面接を受けた後で、やはり合わなかったなどと断ればよいのです。

それでも断るのは大変!転職エージェントを選ぶ際の注意点を知っておこう

何かを断るというのは、意外にも精神力を使うものです。そもそも、断らなくて済むように、転職エージェントを選ぶ際に気を付けるべき注意点について最後に紹介しておきます。

むやみやたらに登録せず、自分に合ったものに絞って登録する

転職エージェントは非公開求人も多く、登録しないと真価が分からないというのは確かにそうです。ですが、自分の求める業種や職種と相性のよいエージェントかどうかは、登録前にわかります。

事務系、IT系、外資系など、大まかな職種で絞り、いくつかのエージェントに登録しましょう。そのなかで、アドバイザーの質や求人の質が高いと感じたエージェントに絞っていくのがおすすめです!

口コミや評判をしっかり分析して厳選しよう

業種で絞ってみたけれど、それでも決めきれないという場合は、すべてに登録するのではなく利用者の口コミやSNSでの評判を見て判断しましょう。

転職者の集まる掲示板を見たり、SNSでキーワード検索をしてみるとそのエージェントに対する「ホンネ」が分かります。どのようなところがよく、どのようなところが悪いのか、多角的に分析して厳選しましょう。

どれだけいいことが書いてあっても、無下に対応されるなら転職エージェントに頼む必要がないですよね。アドバイザーの質は特に重要です。リアルな声を確認し、比較検討してくださいね。

まとめ

日本人は「NO」と言えない民族として知られていますし、確かにそのような風潮は存在します。ですが、転職活動においては「断りにくさ」よりも「転職の成功」が本来の目的ということを忘れてはいけません。

転職エージェントの利用を断るのは、決して悪いことではありません。ただ、断る際は企業や担当者に配慮することが社会人として大切です。無言で着信拒否をするなどせず、マナーを守って断りましょう!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。