転職でキャリアアップは可能!成長の機会を逃さないようにする秘訣とは




仕事がつらくなって転職してしまう人と、キャリアアップを狙って転職をする人がいます。辛くなって転職を決意する場合、キャリアアップは狙えないと思っていませんか?実は、転職の際にやり方さえ分かっておけば、キャリアアップすることはできるのです!

仕事が嫌になったら転職すればいいって本当なの?

会社勤めをしていても、アルバイトをしていても、どれだけ好きな仕事であっても仕事をしているうちに「いやだな」「やめたいな」と思うことはあるでしょう。そんなとき、さっさと辞めてしまって新たな職場を探してよいのでしょうか。

仕事を退職するかどうか判断するにあたって、第一にあなたの精神的・身体的な負担を考えましょう。もし仕事を続けることで体や心を壊してしまうようなら、今すぐそこから離れるべきです。入社してから会社のブラックな実態を知ることも珍しくないので、そのような場合の転職ならば「前向きな理由」として考えられます。

問題なのが、なかなか成果・成績があがらないから、顧客からクレームを受けたから、職場のコミュニケーションが取れないからなど、会社が嫌の内容が比較的軽いのに短期間ですぐ転職してしまう場合です。

もちろんその人によって辛さの度合いは違いますから、一概にいけないとは言えません。ですが、ジョブホッパー化してしまうと、きちんとしたキャリア形成が行えず、転職によるキャリアアップも狙えなくなってしまうのです。

少しでいいので嫌なことやトラブルが起きてもぐっと我慢し、どうしてそれが起こったのかを考えましょう。自分を成長させる機会だと捉え、トラブルをクリアしていくことで実力がつき、いつのまにか仕事ができるようになるのです。

転職するたびにキャリアアップできる?!

いま転職市場は、候補者が転職しやすい状況になっています。つまり、ある一つのところで学ぶことを学びきったら、新天地へ移動しやすくなっているということです。

この時注視しなくてはならないのは、転職にあたってどれだけ強いスキルを持っているかによって、あなたの価値は何倍にも膨れ上がるということです。ある程度の時間をかけてスキルや経験を身に着け、キャリア形成を行わなくてはなりません。このキャリア形成はひいてはあなたの人格形成にもつながります。

転職を行うときは、中途半端な成果ではなく、しっかりした結果を残した人が市場価値を高めていけるのです。転職するたびにキャリアアップしている人は、その会社で得られるスキルをしっかり習得しています。だからこそ、知識や人脈が、どんどん雪だるま式に増えていくのです。

転職は「仕事の好き嫌い」ではなく、「学びきった」瞬間に行うべし

前述のとおり、転職を行うにあたってあなたの心身を削る会社は見切りをつけて構いません。ただ、そうでないならばぜひ仕事でまとまった成果を出し、優秀な人材になってからの転職をおすすめします。

せっかく選んだ会社を、少々のことで辞めてしまったらもったいありません!簡単にあきらめ続けてしまうと、逆に、自分の決断・自分のいままでの経験を否定してしまうことにつながり、自己肯定感が低くなってしまいます。それがあなた自身にとってはいいことにはなりません。

辞めるのは自分の仕事をマスターして、これ以上はこの会社ではキャリアアップできないと思った瞬間がベストです。仕事の好き嫌いで転職せず、ちゃんと1つのことを学びきってから転職することが、自分のキャリアのためになるのです。

もし仕事がつらくて辞めた場合も、できるだけ自分のキャリアアップになるような転職先を選びましょう。次々と違う業種に移り変わるのではなく、全く違う業種であっても、自分が培ってきた経験を生かせる業種を選ぶのがおすすめです。

まとめ

転職を行う際は、仕事に区切りをつけてからがおすすめです。ただ、辞めるな、転職するなというわけではありません。ジョブホッピングは結果的にあなたの未来を曇らせてしまうかもしれませんので、転職の際にはあなたにとってなにかを『フィニッシュ』したかどうかを判断基準にしましょう。そうすれば、きっとキャリアアップにつながる転職となるはずです!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。