面接で好印象!女性の転職向けインナー

インナー




おすすめのカラーは?

面接では基本的にスーツ姿、あるいはジャケットを合わせたスタイルになります。ファッションに合わせてインナーの色も選ぶのが基本ですが、やはり定番は清潔感があり、どのような服装にも似合う白でしょう。複数の面接用ファッションを持っている時には、いざというときにすぐに合わせられる白のインナーをいくつか持っておくと便利です。
また、淡いピンクは女性らしさがあり、受付や事務職を希望している時に好印象です。一方、淡いブルーは知的でさわやかな印象を与えますので、専門職を希望している時、春夏のシーズンなどにぴったりです。淡いグリーン系の服も前向きな印象を与えられて、仕事への意欲が垣間見えますので、スーツに似合うものを探しておくとよいでしょう。必ずしも無地にしなければならないということはなく、ビジネスファッションに馴染みやすいピンストライプなどはかっちりしたイメージでおすすめです。
なお、年齢などの事情で淡いパステルカラーを身に着けるのがためらわれるという場合には、シックなグレーやダークカラーを合わせることもできます。例えば、ジャケットが明るめの色の時にはブラックやダークカラーのインナーの方が落ち着いた印象を与えられるでしょう。真っ白が若々しすぎて似合わないと思うのであれば、上品な色合いのオフホワイトやクリーム色も日本人の肌色によく馴染みます。

デザインにも気配りを

インナーはほとんどがジャケットやスーツで隠れてしまうため、デザインにそれほど気を使わない人もいます。しかし、時には面接の場面で暑さを和らげるためにジャケットを脱ぐこともありますし、ふとした動作ではっきりデザインがわかることがあります。そのため、立っている時だけでなく着席している時、歩くときなどに美しく見えるインナーを選ぶようにする必要があります。
インナーの丈は、ジャケットの裾からはみ出さないようにします。特に、座っている時にはインナーがはみ出すことが多いため、注意しましょう。ショート丈のジャケットを着るときには、カットソーやシャツの裾をボトムにしまう方がすっきり見えます。ただし、座ったときにボトムからインナーが出てしまうような丈では逆にみっともないと思われてしまいます。中途半端な長さではなく、ボトムインするとき専用のインナーを選びましょう。
袖丈はジャケットを脱ぐ可能性も考慮して、袖のあるものを選びます。見えない箇所だからと手を抜かず、スーツを着ても型崩れしにくいデザインで、ジャケットなしでも好印象を与えられるものを選びましょう。
シャツタイプにするかカットソーにするかは、個人の好みや合わせるスーツ等で決めれば大丈夫です。ただし、リクルートスーツのようなきっちりしたスーツを着るときには、シャツよりもカットソーの方が転職向けの服装らしくなります。デザインに関しても特に決まりはありませんが、襟ぐりが開きすぎているものはだらしないと思われがちですし、過剰な飾りがついているものは軽薄に思われる可能性があります。

こんな素材が便利

インナーは肌に直接触れることが多いため、汗などで汚れやすいです。転職活動中は連日面接に出かけることもありますので、洗い替えを数枚用意しておくとよいでしょう。また、手軽にケアができるように洗濯機で洗えるもの、しわになりにくいもの、汚れが落ちやすいものがお勧めです。洗濯で型崩れしないようなに丈夫であることも条件の一つです。逆に、カジュアルな印象を与えるデニムや洗いざらしの麻素材などは普段着のように見えてしまいますので、面接の場面では避けます。透け感がなく、適度なハリや厚みがあって、上品さを感じさせるものが好感度が高くなります。見た目で言えば光沢を抑えたシルクは上品で女性らしさを感じさせるおすすめの素材ですが、手入れが難しいので多様な風合いの化繊でも良いでしょう。ただし、面接時期によっては目の詰まった化繊は汗をかきやすくなることがあります。夏場に就職活動をするときには、光沢がある素材よりも爽やかさを感じさせる綿素材を選ぶのが良いでしょう。べたつかず、吸水・速乾タイプの素材を選んでおくと、面接会場に移動するまでに汗をかいてくたびれた姿にならずに済みます。デザインがよく、透け感のないものであれば、シフォンのような薄手の生地も季節に合っており、女性らしさを感じさせる素材です。インナーはスーツに隠れてあまり目立たないように思われがちですが、意外と注目されるものですのできちんとしておきましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。