履歴書で封筒の書き方やマナーは?

履歴書で封筒の書き方やマナーは?




宛名の書き方は?

宛名は個人名と会社・組織名で使う敬称が異なります。正しい使い分けをして良い印象を与えましょう。

担当者の氏名で個人あての場合は「様」を使う

「様」を使う場合は、個人に対して使うようにしましょう。個人に対する敬称で、相手に失礼のないように必ず「様」を付けて宛名を書く必要があります。例えば「〇〇株式会社〇〇部〇〇様」といったような使い方をします。

会社や部署名あてには「御中」を付ける

「御中」は会社や部署名に使う敬称です。担当者名が不明だったときに使うことができます。例えば「〇〇株式会社〇〇部御中」といった書き方をします。

「様」と「御中」の併用はしない

担当者名が明らかだったときに使う「様」と担当者名が不明だったときに使う「御中」は同時に使うことができません。例えば「〇〇株式会社御中〇〇様」といった書き方は誤りなので気を付けましょう。「様」を使う場合「御中」は必要ありません。

持参する場合は宛名書きは書かない

履歴書を持参するときには郵送と違ったマナーが必要です。持参時のマナーを把握して失礼のない対応を心がけましょう。

履歴書を持参する場合は、宛名書きは必要ない

履歴書を郵送するのではなく直接渡す場合は、宛名書きの必要はありません。宛名があった方が失礼に当たらないと考える人もいるかもしれませんが、宛名は郵送時に書くものであって手渡しの場合は必要ないのです。また、添え状も不要のため、郵送時と違うことを把握しておきましょう。

表の左下に赤いボールペンで「履歴書在中」と囲みで書くか、スタンプを押しておく

持参するときには履歴書の表の左下に赤いボールペンで「履歴書在中」と囲んで書いておきましょう。担当者が一目見ただけで履歴書だと分かるように目立たせる必要があります。手書きで文字を囲うときには、曲がらないように定規などを使って工夫をして書くようにしましょう。曲がってしまうと悪い印象を抱かせる可能性があります。書き方に自信がないのであればスタンプを使ってみることをお勧めします。「履歴書在中」の書き方には手書きでなくてはいけないというルールはありません。そのため「履歴書在中」のスタンプを使っても構わないのです。「履歴書在中」の記載があれば、他の郵便物に紛れてしまっても採用担当である人事部に届けてもらうことができます。

封筒の書き方は?

正しい封筒の書き方をすることで、郵送時に困ることがなくなります。封筒の正しい書き方を確認していきましょう。

住所は郵便番号・都道府県を正確に記載する

住所を書くときには、送り先の企業の郵便番号・都道府県を正確に記載するようにしましょう。表の右上に郵便番号を記載します。記入欄がなかった場合は、とくに囲ったりする必要もなくそのまま記載して構いません。右側から住所を記入していきます。建物名など必要な住所を略さずに全て記載するようにしましょう。読み辛い文字だと送り先の住所に届かない可能性があるため、しっかりと丁寧に書く必要があります。漢字の間違いにも気を付けることが大切です。

正式な会社名を記載する

会社名を記入するときには、封筒の真ん中に記載する必要があります。会社名の次に担当部署名や担当者名を記載しましょう。企業の中には略称があるということも少なくありません。履歴書を入れる封筒に記入する際には、略称ではなく正式な会社名を記載しましょう。また、株式会社を(株)有限会社を(有)と略すことも避けましょう。履歴書は正式な書面のため、略称を使うことは好ましくありません。企業側のイメージが悪くなることもあるので、きちんと正式に記載する必要があります。

裏面に自分の住所と氏名を記載する

送り主が誰なのかを明確にするため、裏面には自分の住所と氏名を記載する必要があります。左下に自分の住所を郵便番号、都道府県を記入し、最後に氏名を記入します。住所を間違えてしまうと企業からの郵便物が届かなくなるため、注意しながら正確に記入しましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。