履歴書で封筒の書き方やマナーは?

履歴書で封筒の書き方やマナーは?




企業に履歴書を送るときには、封筒の書き方やマナーに気を付ける必要があります。一生懸命書いた履歴書でも封筒のルールを守らなくては、企業にマイナスイメージを抱かせてしまう可能性があるのです。就職や転職を有利にするためにも、封筒のルールはしっかりと守りたいものです。ここでは、そんな封筒の書き方やマナーを紹介していきます。履歴書が必要になった時に迷わないためにも、しっかりと確認して疑問を解消していきましょう。

履歴書を封筒に入れる前にチェックしよう!

履歴書を封筒に入れる前に、しっかりと内容をチェックするようにしましょう。封筒に入れてからでは遅いので、入れる前に何度もチェックする必要があります。

誤字脱字のチェック

履歴書に誤字脱字があると評価に影響することがあります。誤字脱字が多いと見直しがされていないのでは?と見なされて、いい加減な気持ちで応募してきたのではないかという印象を抱かせてしまいます。また、他の応募者と比較されることもあり、誤字脱字が少ない人の方が評価が高くなる傾向にあります。

フリガナのチェック

住所や名前のフリガナを正確に記入することも大切です。記入した住所に企業から郵便物が郵送されてくるため、採用通知や必要な書類を受け取るときに必要となります。相手が読んでもわかるように正確かつ丁寧に記入することが大切です。

空欄のチェック

履歴書の空欄が多いと書類選考の時点で落とされてしまう可能性があります。履歴書には自分を知ってもらい、興味を持ってもらうという目的があります。空欄が目立つようだと企業側からの興味を引くことができないため、できるだけ空欄を無くすよう努力しましょう。

写真のチェック

履歴書に使う写真は特に重要なポイントです。写真の出来栄えによって相手の印象が大きく変わってくるため、履歴書にふさわしい写真を使う必要があります。写真の裏側に氏名と撮影日を記入することも忘れてはいけません。氏名を記入しておくと写真が剥がれてしまったときに誰の写真かを判別することができ、撮影日を記入することで企業が指定する期間内に撮影された写真だと伝えることができるのです。

捺印のチェック

履歴書によっては捺印をする個所がある場合があります。その場合は必ず捺印をするようにしましょう。捺印の個所がない場合はする必要がありません。

どんな封筒が正解?

封筒には様々な種類のものがあり、どれを使ったらいいのか迷ってしまうものです。履歴書を入れるのに最適な封筒を確認していきましょう。

封筒の色は白を使う

履歴書を送る封筒の色は白が良いとされています。茶封筒でもマナー違反ではありませんが、事務的な郵便物で使われることが多く、他の郵便物と混ざってしまって見つけ辛くなる可能性があるのです。履歴書を見つけるタイミングが遅くなると、採用に影響がでるかもしれません。そのため、茶封筒よりも目立つ白の封筒の方が良いと言えます。

封筒のサイズはA4で角形A4か角2号

履歴書にはB5とA4の二つのサイズがあります。履歴書にサイズに合わせた封筒を選んで送るようにしましょう。B5サイズの履歴書を送るときには、角型A4を使います。A4サイズの履歴書の場合は角2の封筒を使いましょう。とくに指定がない場合は、B5とA4サイズの履歴書が収まる角2号を使っても構いません。

履歴書を折り畳まずに入れる

履歴書を封筒に入れるときに折ってはいけません。履歴書が折れていることで落とされることは少ないかもしれませんが、折らない方が好印象を与えることができます。折らずに入れるためには履歴書のサイズに合わせた封筒を選びましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。