華やかに見えても実は悪印象?!就職活動でつけまつげはOK?

つけまつげ

就職活動は、大学生にとって死活問題とも言える一大事。女子学生にとって、大切なのはメイクです。企業説明会の時から、すでに企業の採用担当者の目は、集まった学生たちにしっかりと向けられています。

真面目に見える方がいいのか、それとも華やかに見える方がいいのか……。つけまつげは顔を華やかに見せますが、面接ではOKなのでしょうか。どのようなメイクだと、就職活動でNGなのでしょうか?

絶対に社会人で嫌われるメイクは?

あまり華やかなのはやはりNG

第一印象として、就活生をぱっと見たとき、意欲に満ちた、キラキラした瞳であることが大切。それにはつけまつげも効果的ではありますが、ただし、盛った印象は、NGです。

もちろん就職場所によってはメイクがしっかりしている方がいいというところもありますが、なんにせよそれは就職してからのこと。面接にギャルメイクは、いただけません。

派手メイクの基準って?

面接では清楚でまじめなイメージを面接官に見せることが何よりも大切です。なので、あまり派手なイメージを与えることはNG。アイシャドーも、就職活動でのメイクでは色を選び間違えるとビミョーなところです。アイプチなどもできれば控えておいた方がいいでしょう。

つけまつげ、ケバいと思われるものは避けよう!

つけまつげは種類選びが大事

つけまつげは、基本的には控えるのが無難です。やはりつけまつげは、派手なメイクに数えられます。特に女性上司の面接で派手なメイクをしていくと、印象は悪くなってしまいます。就職活動をしている会社の社員の年齢構成や男女比によって慎重に判断しましょう。

着けるにしても、たくさんの種類があるつけまつげの中から、ひかえめなものを選ぶのがいいでしょう。

どんなつけまつげならOK?

着けること自体があまり好ましくはありませんが、それでもどうしても……と言う場合の鉄則は「自然に見えること」。できるだけポイントのものか、もしくはナチュラルのものをチョイスして、不自然に目が大きく見えるようなものは絶対にだめです。アイプチの併用もできればやめた方がいいでしょう。

まとめ

今のご時世、つけまつげやアイプチはメイクの一環ではありますが、実際に就職したら、職場の人との関係は、緊密なものになります。連携して利益を上げるために動けるか? それを見定めるのが、採用活動です。

健康的に見えること、誰からも受け入れられる雰囲気を作ること、やる気が感じられること。この3点を重視したメイクをすることが大切です!



つけまつげ