意外と見られてる?転職の面接における女性の靴

靴

面接官の経験があればわかりますが、女性が正面に着席すると、目に入りやすいのは服装よりも髪形や靴などのほかの部分です。転職活動をしている時は、仕事でも靴を使うとあって新品でないことも多いため、こちらでチェックすべき点をご紹介します。

どんな靴が好印象?

転職の場合には特に、面接のために新品の靴を用意する必要はありません。それよりも、身だしなみがきちんとしており、上司と一緒に行動していて恥ずかしくない服装であることを心がけた方が、キャリアを積んできた社会人としての信頼性が高まります。ベーシックなものとしては、黒色の飾りなどがない、プレーンなものを一足そろえておくとよいでしょう。面接のときには黒やグレー、ネイビーといったダークカラーのスーツを着ることが多いため、どのような服装にも合わせやすいです。ダークカラー以外のスーツやビジネスカジュアルで面接に挑むときには、服装のイメージに似合う色や形の靴を別途用意しておきます。日常的に使うためにシンプルなものを選んでおけば、面接のときにもそのままはくことができて便利です。
なお、足のサイズにあっていない靴やピンヒール、足の一部が見える靴などは面接には不向きです。普段使っているからといって、汚れやほこりが付着していたり、かかとがすり減っていたり、型崩れしていたりする靴はだらしない印象を与えるため避けましょう。それから、意外と見落としがちなのが歩いてみてカツカツと音がするかどうかです。面接会場は静かになっていることが多く、面接官は椅子に着席したままですので、会場に入室してから着席するまでの移動の音はかなり気になります。あまりにも音がうるさい靴を履いていると、それだけで面接官に不快感を与えてしまいます。

素材を選ぶときの注意点

新卒の就職活動ならば合皮のような手ごろな価格の靴を履く人も多いですが、社会人としてある程度実績を積んでおり、キャリアアップを求めて転職活動をしているのであれば、革靴の方が好印象です。しかし、革製品は柔らかいので表面に傷がつきやすく、足に馴染むようになるものの形が崩れやすいというデメリットもあります。靴というのはその人を見るときに頻繁にチェックされるものですので、ブラシで汚れを落としたうえでクリーナーや布を使って磨き、できれば靴墨や靴磨きスポンジなどでツヤを加えておきます。また、連続して使用すると傷みがひどくなるため、一度履いたら形を整えて通気性の良い場所に保管します。
革靴の手入れができないほど仕事が忙しい、天気が悪い日に面接に行かなければならないなどの事情があるときは、合成皮革の靴でも問題ありません。足が蒸れやすい人や疲れやすい人も、コンフォートシューズに代表される肌触りが柔らかく通気性の良い靴の方が過ごしやすいです。明らかに合皮とわかるものではなく、デザインや質感が革靴に近いものであれば問題ありません。
なお、面接ではカジュアルすぎるファッションは避けるべきですので、布製の靴やビニール、樹脂などの普段着用の素材を使ったものは使えません。エナメルなどの光沢が強いものも靴にばかり目が行ってしまいますし、個性的な印象を与えるため避けた方が無難です。

色やデザインの決め方

面接の時のスーツは、黒やグレー、ネイビーが基本ですので、これらに合わせるのなら黒のパンプスを一足持っておくと使いまわしができます。季節に応じて明るい色合いのスーツを着ることがあれば、スーツに合わせた色の靴もそろえておくとよいでしょう。デザインは、飾りのないプレーンなパンプスで、ヒールの高さは3~5cmを選びます。足が細く、かつ長く見えやすいピンヒールを好む人も多いですが、移動の多い転職活動中にずっとピンヒールでは足に負担がかかり、むくみやすくなります。また、面接会場はカーペットが敷いてあったり大理石などのすべりやすい素材の床であったりしますので、うっかりつまずいて転んだりしないためにも、ヒールは太めのものを選ぶのがお勧めです。ヒールの部分はすり減りやすいため、面接当日の前に一度チェックしておくとよいでしょう。なお、散歩のときなどに使うコンフォートシューズのようなフラットなヒールは安定性は抜群ですが、就職活動向けではありません。足が疲れやすい人は中敷きなどで工夫したり、会場前で靴を履き替えたりと工夫しましょう。
靴のデザインは、多少ならば飾りがついていても問題視されませんが、つま先とかかとが出る靴はすべてNGです。サンダルやミュール、バックストラップ、オープントゥなどの夏場に涼しそうに見える靴は避けます。もちろん、ブーツやスニーカーなどのカジュアルファッションでしか履くことがないような靴も面接会場では顰蹙を買います。
いずれにしても、靴は見た目だけでなく履きこなすことで美しさがアップします。靴擦れにならないように、面接の数日前から履いておくとよいでしょう。

靴だけではない、気を付けるべきポイント

靴自体に問題がなくても、トータルファッションで違和感を感じるような外見では面接の印象が悪くなります。服装の自由度が高いベンチャー系企業やIT系企業の面接であっても、最低限きちんとして清潔感のあるスタイルを心がけなければなりません。靴関係でいえば、夏場などにストッキングを履かずに面接を受けるのは厳禁です。実際に社員として働いていないうちから自由な服装をしているのは、どのような社風であっても面接官から受け入れられにくいです。そもそも、ストッキング着用は社会人として最低限のルールですので、伝染した時のための予備も含めてきちんと準備しておきましょう。色は肌色に近いベージュ、柄やレースのついているものは避けます。
また、冬場のタイツもNGです。黒は不幸を連想させるので言うまでもなくマナー違反ですし、ベージュのタイツでもストッキングと比べて野暮ったさが際立ち、服装をあまり意識しない女性と認識されてしまいます。寒い時期にストッキングで面接に臨むのがつらいというときには、保温性の高いものや発熱効果のあるものを用意するか、足の裏にカイロを入れておくなどの対策もとれますし、いっそのことパンツスーツで面接を受けるという方法もあります。見た目の印象で結果が変わることもありますので、身だしなみでできることはきちんとしておきましょう。



靴