人生は一度きり!自分が納得するほうへ歩んだ結果見つけた、動画配信の道【LIVE動画配信者/みーちゃん(^ω^)】

みーちゃん(^ω^)

みーちゃん(^ω^)は、2016年9月からLIVE動画配信者としての活動を本格的にスタートさせました。ヤングマガジンに掲載された経験を持つなど、一見華やかな道を歩んできたように思えますが、意外にも“普通の”大学生活を送り、企業へ就職した経験もあるのだとか。そんな彼女に、これまでの道のりや、動画配信について聞きました。

ポイントは……

  • 動画配信なら全部自分でできる
  • 目の前のファンを増やしたい
  • 人生は一度きり 自分のやりたいことを

ゼロから自分でつくり出せる動画配信

みーちゃん(^ω^)

2016年の9月から、動画配信活動をしていて、現在は『17』や『Stager Live』、『Live.me』を中心に配信を行なっています。動画は日常会話がメインで、コメントを通じて視聴者のみなさんとお話をしています。たまに企画をつくって、たとえば視聴者さんがクイズに正解したら、私が何かパフォーマンスをすることもあるんですよ。

企画は全部自分で考えています。ゼロから好きなことをつくりあげて、その結果みなさんに楽しんでもらえるなど、成果が現れるととてもやりがいを感じます。企画を考えるときは、自分が視聴者さんの立場だったらどんなことが嬉しいと思うのか、いつもイメージするよう心がけています。それと、できるだけたくさんの人が平等に楽しめるように、というのも意識していますね。

会ったことのない多くの人に届ける動画だからこそ、自分の考えがうまく伝わらないこともあり、そこは難しいと感じることも。だから、配信が終わるごとに自分なりに反省点を挙げながら、次の機会に活かせるよう工夫を重ねる毎日です。

普通の大学生だった

みーちゃん(^ω^)

大学は経済学部に通っていました。バイトして、2週間ほど留学に行って、インターンもして……いわゆる一般的な大学生活を送っていたと思います。

大学4年生のとき、思い出づくりも兼ねてオーディションを受け『ヤングマガジン』に掲載してもらったこともありましたが、「これを機に芸能界デビューしたい」みたいな気持ちもとくになかったんです。

就職活動も普通にしていました。でも、自分が何をしたいのかいまいちイメージできていなかったから、とりあえず説明会に行って……という感じでしたね。最終的に通信事業の企業に営業職で内定をもらい、会社の雰囲気が自分に合っていそうだったので就職しました。

でも、実際に働いてみると、営業ノルマに追われてしまって……だんだん、「自分は何のために頑張っているんだろう?」と、目標も見えなくなってしまい、3ヵ月ほどで退職。大学4年生のころに経験があった動画配信を、また始めることにしました。改めてやってみると楽しくて。あとは、人に見てもらうものなので、自分のなかでどんどん美意識が上がっていくというのもやりがいですね。

目の前のファンを増やしたい!

みーちゃん(^ω^)

今は、たとえば「このサービスで絶対に1位をとる!」みたいに“大きくなりたい”っていう願望はそれほどありません。でも、常連さんを増やしていきたい。私が配信していたら、「みーちゃん(^ω^)が配信するなら見てみよう」って、自分の時間を割いて見にきてくれる人が少しでも増えたらいいなって思います。

人生は一度きりだから、自分が納得できる道へ

つらいと思ったら、無理して踏ん張る必要はないと思っています。楽しいと感じられたことを続ければいいんです。やっぱり自分の人生なので、たとえ周囲から「もっと踏ん張りなよ」って言われたとしても、自分がそれでいいと思ったほうへ進めばいいんじゃないかな。人生は一度きりなので、やりたいことにチャレンジしたほうがいいはずです!

みーちゃん(^ω^)
#プロフィール
みーちゃん(^ω^)
“アイドルでもモデルでもないただの一般人”
現在は『17』を中心に、『Stager Live』『Live.me』などでもライブ配信を行なう。
趣味はショートムービーの制作。音楽に画像を合わせてひとつの動画にしていく。



みーちゃん(^ω^)