社員数30万人から30人へ!?自分の世界を変えたPRマンの第一歩【株式会社エードット/水上瞳さん】

水上瞳

株式会社エードットへ転職し、未経験からPRマンとなった水上瞳さん。
仕事が変わると、見る世界も変わると言います。
30歳手前で1社目から転職、という勇気のいる決断に至った経緯を伺いました!

ポイントは……

・PRは広告じゃない
・社長にだって愚痴っちゃう!
・アラサーでも遅くない

PRしたいものが世に出る喜び!

PRを担当しています。クライアントのPRしたい商品やサービス、イベントなどの情報をいかにして世に知ってもらうかを考えて、メディアに取り上げていただく仕事です。
自分がPRしたいことをテレビや新聞で目にしたり、ウェブ媒体に載せていただいたり、世の中に出ている姿を目の当たりにできるのが、この仕事のやりがいです!
クライアントに喜んでもらえたら嬉しいですし、実際に「売れた」とか、効果が見えたらなお嬉しい♪

他に面白いネタがあると勝てない……

水上瞳

PRは広告ではないんですよね。広告枠を買えば必ず宣伝してもらえるというわけではないので、最終的な判断はメディア側が行います。つまり、こちらがどんなにお願いしても、他に面白いネタがあればそちらが優先されてしまうということ。
自分の足で何時間もかけて、いろいろなメディアに足しげく通っても、「他にもっと面白い芸能ネタがあるから!」と取り上げてもらえないこともしょっちゅうなので、メンタルの強さは大事ですね(笑)

大事なのはやっぱりコミュニケーション

そんな中、モチベーションを保つために大事なのは、人とのコミュニケーションだと思うんです。社長にだって愚痴っちゃいますよ(笑)。
部署内、他部署、会社以外のコミュニティ、いろいろな人とお話しすることですっきりしますね。
冷静になれば「今回は仕方なかったんだ」と割り切ることもできますし、「どう動くべきだったのか」を考えて、その反省を次に活かすこともできます。

目標は営業もできちゃうPRマン!

水上瞳

営業もできるPRマンになりたいですね。明確な営業目標を持っている成長中の会社ですし、いろいろなところに営業してたくさん案件を掴まないといけません。
PRのノウハウがわかってきたと思う頃には、次のステップに進まなければと思います。
メディアに目を向けるだけではなく、お客さんも増やしていけるような……そんなデキるPRマンになるのが目標です!

行動するには遅すぎる……なんてことはない

前職は世界で社員数30万人の外資系で、すごく安定した会社だったので、なかなか転職まで踏み切れずにいました。新しい業界に進むのは勇気がいります。でもこうやって、未経験でも私の個性を見て採用してくれる会社があったんです。
業界や会社の規模が変わると、本当に自分の世界すべてが変わりますよ。
決断やアクションを起こすタイミングは、もちろん早いにこしたことはないですが、遅すぎる、ということもないんだろうなと思います。
私が転職したのは30歳手前。だからアラサーでも全然遅くない!(笑)

水上瞳
プロフィール
水上 瞳
社員数30万人の外資系企業から、社員数30人のベンチャー企業、株式会社エードット(https://www.a-dot.co.jp/)に転職。PRを担当。
趣味はバドミントン。平日は残業せずバドミントンをやろう、という趣旨の社会人チームに所属。汗を流しリフレッシュしている。


水上瞳