好きじゃないことを続けるなんて無理ですよね?それより音楽で感動を伝えたい!【打楽器奏者/関聡さん】

関聡

打楽器奏者の関聡さん。フリーランスで、様々な演奏会にて打楽器を披露しています。
今でこそたくさんの舞台で活躍されている関さんですが、実は高校に入るまで、音楽のプロになろうとは全く思っていなかったそう!
「音楽」という一種の芸術をお仕事にすると、どのような苦労ややりがいが待っていたのでしょうか??

ポイントは……

  • 芸術にゴールはない
  • インプット&アウトプット
  • 夢があるならチャレンジ!

人生を変えた師匠との出会い

関聡

高1のときに、師匠と呼べるような、打楽器の先生に出会ったのが転機でした。その先生と一緒に練習を重ねるうちに、「音大行けば?」と背中を押され、洗足音大を受けることに決めたんです。まぁ、試験勉強するのももうヤダ~と思っていましたからね(笑)。
それまでは自分が音楽の道に進むだなんて思いもしなかったですし、そもそもどうやってなるのすらかも知りませんでした。小学校から英語を習っていたこともあり、英語教師を目指して一般大学を受けるつもりだったんですよ。
でも今思えば、普通に就職していたら……それよりも好きなことをやりたくなって、きっと続かなかったでしょうね!

クライマックスの感動を提供していく

本格的に打楽器をやっていこうと思ったタイミングとしては、観客として聴きに行ったある演奏会がきっかけです。オーケストラの音楽そのものも素晴らしいんですけど、何より、クライマックスにドカンと盛り上げる打楽器に感動したんです。
そのときに湧いた感情が忘れられなくて。自分が演奏する側になった今も、「感動した」と言ってもらえるのが一番嬉しいですね。
たくさんのお客さんに対して、「感動」を提供できるということ。それがこのお仕事のやりがいだと思っています。

お仕事を得るには、人との繋がりを大切に

関聡

大学時代からお仕事は頂いていました。大学の先輩やプロオーケストラの団員さんから声を掛けて頂いて、演奏会ごとに派遣されて行くんです。
演奏者が足りず困っているときに、僕を選んで声を掛けて下さるっていうのはすごくありがたいですよね。学生時代からきちんと人とのご縁を大事にしていて良かったなと思います。
逆に、その頃からしっかり外の世界に目を向けられていないと、卒業後にお仕事を得るのは難しいんじゃないかと思います。圧倒的に、志半ばで消えていく人の方が多い。厳しい世界です。

芸術にはゴールが無い。どうする!?

フリーランスでやっているので、やっぱり挫折はたくさんありますよ。コンスタントにお仕事を頂けるようになるまでが大変です。
芸術ってゴールが無いじゃないですか。真剣に練習していたのに本番で失敗するときもあるし、より良いものにしようと試行錯誤しても上手くいかなかったりする。
水準の高い技術が求められるのに、なかなかそれに応えられなくって、ほんと自分下手くそだなー!どうすりゃいいんだ!と悩むこともしょっちゅうですね。

インプットすることで、アウトプットが可能に

思い悩んだときは、まず「インプット」することに励みます。演奏会に足を運んだり、美術館で絵画を見たり、ときには深夜に飲みに行って人間関係を育んだり……(笑)。そうやって様々なことをインプットして、自分の感性を磨くんです。すると、こういう表現の仕方があるんだ!と、今まで自分に足りなかったものがふと見えたりしますね。
外に出て刺激を受けることが大切なんだと思います、そうしないと自分の世界だけで留まっちゃうというか。世界はどんどん広げていかないといけないですよね。
そして、自分が出演する演奏会で、全力で「アウトプット」するんです!

好きじゃないお仕事は……無理(笑)

関聡

人生、やりたいことをやるのが一番じゃないですかね。
例えば僕が会社に勤めていたとして、毎日同じスーツを着て、毎日同じ時間に出勤して、毎日同じようにお仕事して、そんな毎日同じサイクルの生活……想像しただけで無理(笑)。
自分が夢見てた職種にチャレンジしてみるのは、全然悪いことじゃないと思います。やってみた上で挫折したり、想像と違ったっていうこともあるでしょうけど、そうしたらまた他にやりたいことを探せばいい。
僕自身は、「好きなことをお仕事にできて良かった」と、心からそう思っていますよ!

プロフィール

関 聡

フリーランスで活動する打楽器奏者。

関聡

洗足学園音楽大学大学院を首席で修了。修了時に最高位の成績を修めグランプリを受賞。
第26回打楽器新人演奏会にて打楽器部門第1位(特別賞)及び、グランプリ(岩城宏之賞)受賞。
第6回ルーマニア国際音楽コンクール第1位及び特別賞。
第31回日本管打楽器コンクール第2位。
レインボウ21サントリーホールデビューコンサートに出演。
2012年、2014年に横浜みなとみらいホールにてソロリサイタルを開催。

現在、オーケストラ、吹奏楽団の定期公演やツアーに出演する他、TV出演、アーティストのCDレコーディングに参加するなど、幅広いジャンルで活動を行なっている。

写真は自身が所持する楽器の一部。

関聡

オフィシャルサイト:https://www.sekki-percussion.com/



関聡