この人だ!運命を感じた20代男子がやっていること【ライター/トイアンナ】

20代男子がやっていること

「運命を感じたからデートに誘いました」なんて言われたら、「いつの少女漫画だよ」と思いたくなりませんか? ところがこの表現、20代男子からよく聞きます。

これまで700名以上から人生相談を承りましたが、20代男子へ彼女と付き合ったきっかけを聞いてみると、

  • この子しかいない!と思った
  • 運命を感じた

など、直感で決めているケースがほとんど。特に20代前半の男性は結婚を意識しないこともあってか、将来性よりもフィーリング重視でした。

運命を感じた男性は慎重派になる

では、運命を感じた男性って、どんな行動に出るのでしょうか。こちらも併せてヒアリングしてまいりました。

特徴1 告白まで慎重になる

好きだからガツガツ口説きたい! という気持ちとは裏腹に、本気の恋は慎重になってしまうものです。

実際のコメントでも「告白までは結構時間かかりました。3か月くらいですね。相手が自分のことを好きだって自信が持てなくて。彼女以外とは付き合いたくなかったんで、誘いはするけど慎重に進めてました。告白できたのも友達づてに”〇〇君っていいよね”って言ってるって聞いたからです。それが無かったら、あと数か月はかかったかも」と、確実にうまくいくまで告白できない恋心を教えてくれました。

特徴2 恋愛慣れしていてもコミュ力が下がる

普段ウェイウェイしている人でも、本命相手へは上手にエスコートできないのが運命の恋なのだとか。ヒアリングからはこんな言葉が。「いつも男女混合でホームパーティとかしてるし、それで下心抱くこともなかったんです。でも気になる子とはそういうの無理でしたね。同じ空間にいるだけで緊張しちゃって。服でもあれこれ悩んじゃって、結局ダサいの選んじゃったりとか」

いつも男女分け隔てなく接している彼が、突然緊張しだしたら。それが彼の「運命を感じた」サインのようです。

運命だからといって、長続きするわけではない

あれ、もしかして私って愛されてる? と、ときめいたあなたへ最後にオチをつけておきます。男性の感じる「運命」とやらは、性欲とほぼ同じです。正直に「顔が好みだから付き合いたい」なんて言おうものなら男女問わずドン引きされてしまうので、遠回しに直感的な言葉を選んでいるだけ。そのせいか、運命の相手と付き合っても数か月で冷めたとの報告も多数出てきました。そりゃ、出会ってすぐに感じる「この子だ!」という気持ちなんて、ぱっと見が好みなだけですよね……。

というわけで、彼が運命を感じてくれているのは、あなたの第一印象が最高だったから。あなたも彼と付き合いたいなら「やっぱ違うわ」と冷められてしまう前に行動を起こしたほうがよさそうです。その運命、頑張って成就させてください!

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10



20代男子がやっていること