つらいときにはちゃんと休んで! 女性の味方“生理休暇”

生理がくると貧血や生理痛でしんどいですよね。起きあがれないほどつらいけど、会社には行かなくちゃ……なんて思っていませんか。無理しちゃダメです。あなたには“生理休暇”を使う権利があるんです。

生理休暇って?

生理休暇とは、労働基準法第68条で定められている制度です。「生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置」として、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」ことなっています。すべての雇用形態において適応されるので、契約社員でもパート・アルバイトでも生理休暇は取得できます。

生理休暇を取得するには?

生理休暇を取得するには、本人の口頭による申し出だけで大丈夫です。つまり、電話などで「今日は生理がつらいのでお休みさせてください」と伝えるだけでOKなのです。医師の診断書などもいりませんので、万が一、会社がそのような手続きを求めてきたとしたら、労働基準法違反となります。

生理休暇の日数を「月に1日まで」というように制限したり、休暇を取ったことでペナルティを与えることも禁止されています。つらいときは何日でも休んで構わないのです。また、1日単位で与えなければならないということもありませんので、「午前中だけ休ませてほしい」といった申し出も可能です。ただし、有休休暇のように「年間に〇日与えなければならない」という性質のものではないので、あくまで自分で申請しなければ、生理休暇は発生しません。