生命保険の営業職から弁護士事務所の秘書へ転職 プライベートの充実を目指した彼女のキャリアイメージとは?【弁護士法人キャスト/水越千尋さん】

水越千尋

秘書業務に必要なスキルとは

主な業務は社長のスケジュール調整なのですが、忙しい方なので、まるでパズルですね。本当に時間のない方なので、要件を伝えるにも、タイミングや順番に気を使っています。先読みする力、空気をよむ能力が必要な仕事です。

充実したプライベート

水越千尋

今の仕事に転職して、自分の時間を確保することができるようになりました。大学時代から続けているダンスや、(陶器に絵柄を描く)ポーセラーツなど、土日や仕事帰りは、充実したプライベートを過ごしています。
将来は自宅でポーセラーツの先生になりたいと思っていて、資格取得のための勉強をしています。

今後のキャリアイメージ

仕事についての、具体的なキャリアイメージはありません(笑)。憧れる先輩みたいになれたらいいなって。
でも秘書業務で培った、相手の要望を先回りして叶えていくという力は、家庭に入ったときにこそ活きるスキルだと思ってます。

女子力(笑)をあげて、いいお嫁さん、いいお母さんになるのが夢ですね。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。