【厳選】エンジニアには資格が必要?おすすめの資格をご紹介!

エンジニアに必要な資格

エンジニアに転職するために資格を取りたいけれど、IT資格はたくさんあるのでどれを取ればいいのか悩んでしまいませんか?

今回は、エンジニアが資格を取るメリットやおすすめの資格をご紹介します。


Contents

  1. エンジニアには資格が必要?
    エンジニアが資格を取るメリット
  2. エンジニアの資格の種類
    国家資格
    ベンダー資格(民間資格)
  3. エンジニアにおすすめの資格TOP5
    第1位 基本情報技術者試験
    第2位 応用情報技術者試験
    第3位 ITパスポート
    第4位 システムアーキテクト試験
    第5位 オラクルマスター
  4. 資格よりも重要なこと
    エンジニアになるために資格以外で必要なこと
    エンジニアとしてスキルアップするために資格以外で必要なこと
  5. まとめ

エンジニアには資格が必要?

専門的な知識や技術が必要なエンジニアには資格が必要なように思えるかもしれません。しかし、実際のところはエンジニアになるために資格は必要なく、優秀なエンジニアでも資格を持っていない人もいるようです。

しかしIT関連の資格はたくさんありますので、取っておくことでメリットもあるはずです。まずはエンジニアが資格を取るとどんなメリットがあるのか確認しておきましょう。

エンジニアが資格を取るメリット

エンジニアが資格をとるメリットには、主に次の3つがあります。

  • スキルアップできる

IT系の資格はたくさんありますので、自分がどんなエンジニアになりたいかによって選ぶ資格は異なります。自分のレベルに合わせて資格取得のための勉強をすることで確実なスキルアップにつながるでしょう。

エンジニアに資格は必要ないという考えもありますが、現場の経験だけでは経験していないことに対してどの程度応用が利くかわかりません。資格取得の勉強をすることで体系的な知識が身につき、より優秀なエンジニアになれるでしょう。

  • スキルを証明できて面接に有利

資格を取得しておけば、自分にどのくらいのスキルがあるのか証明できます。転職の際は、資格を持っておくことで即戦力になる人材だということをアピールできます。とくに経験が浅い人は、知識やスキルを証明するために資格を持っておいた方が有利になるでしょう。

また、資格がとくに必要ないエンジニアであるからこそ、資格を取得しておけば仕事に対する熱意や努力が面接官に伝わる可能性もあります。

  • 給料アップの可能性がある

難易度が高い資格を持っていたら、資格手当をつけてくれる企業もあるようです。同レベルのスキルを持っていても、資格がないため資格手当がつかないのはもったいないですよね。収入アップのためにも資格を取得しておいてはいかがでしょうか。

エンジニアの資格の種類

エンジニアの資格はたくさんありますが、主に次の2種類に分かれます。

国家資格

国家資格を持っていたら、知識や技術が一定の水準レベルにあることを国が認めたことになります。国家資格には、医師や看護師、教員免許のような業務独占資格と介護福祉士や保育士など名称独占資格があります。

エンジニアは資格を持っていなくてもなれますが、実はIT系の国家資格はたくさんありますので、レベルや目標に合わせて資格を取得することで、スキルを証明できるでしょう。

たとえば初心者向けの国家資格には、IT全般に関わる知識が問われる「ITパスポート」という資格があります。情報処理のもっとも簡単な試験なので、独学でも取得可能です。ITエンジニアになりたい人にとってはあまりに基礎的な試験のため、就職で知識をアピールするような資格ではありません。ただし、これから勉強したい人にとっては基礎的な勉強ができるため、まずとっておきたい国家資格だといえます。

レベル1の「ITパスポート」の上にはレベル2の「基本情報技術者」、レベル3の「応用情報技術者」があり、その上には高度な知識や技術が必要なレベル4の資格があります。基本情報技術者や、応用情報技術者の資格を取得した後は、どのようなエンジニアを希望するかによって受ける資格が異なります。

ベンダー資格(民間資格)

ベンダー資格とは民間資格のことで、主に自社製品を使いこなすことができるかを証明する資格試験です。マイクロソフトやシスコ、オラクルなどの資格が有名で、受験料はどれも数万円と高額です。また、有効期限が設けられているものは、有効期限が切れる前に更新が必要です。受験料が高額なうえ、有効期限もありますが、対象の製品が導入されている企業では資格を持っていることが即戦力になる証となり、国家資格以上にスキルをアピールできることもあります。

エンジニアにおすすめの資格TOP5

エンジニアの資格はさまざまなものがあり、初球から上級までレベルもさまざまです。これからエンジニアを目指したい人は、まず初級向けの資格を取得しましょう。初級向けであれば、独学でも取得可能です。

転職してエンジニアになりたい人におすすめの資格をご紹介します。エンジニアになったてからは、さらに上位の資格を目指してスキルアップしてはいかがでしょうか。

第1位 基本情報技術者試験

IPAが実施している試験で、ITエンジニアの登龍門という位置付けです。ITパスポートの次に受験したい試験ですが、レベルはずいぶん上がります。

ITエンジニアの初級レベルなので、エンジニアになりたい人はまず「基本情報技術者試験」に挑戦してみてはいかがでしょうか。試験は毎年春と秋の年に2回実施され、令和元年度の合格率は25.7%です。

第2位 応用情報技術者試験

基本情報技術者試験に合格したら、次に目指したいのが応用情報技術者試験です。同じくIPAが実施している試験で、5年程度の実務経験があるシステムエンジニアやプログラマ向けの試験です。

応用情報技術者試験は、幅広く高度な知識と応用力が問われる試験です。試験は毎年春と秋の年に2回実施され、令和元年度の合格率は22.3%でした。

第3位 ITパスポート

先ほど少し触れました「ITパスポート」ですが、未経験からエンジニアを目指したい人は、最初に取得しておきたい資格です。ITパスポートはIT全般に関わる知識を証明する資格ですが、難易度が低いため非IT業界の人でも取得しやすい資格です。

エンジニアを目指す人にとって、持っていたら就職に有利になる資格とはいえませんが、試験内容はエンジニアなら知っていて当然のことです。初めての資格として基礎知識の定着を確認するためにも試験を受けておいてはいかがでしょうか。

試験は月に複数回実施されますので、自分の受けたいタイミングで受験できます。ちなみに令和2年3月度の試験の合格率は54.6%です。

第4位 システムアーキテクト試験

「システムアーキテクト試験」は「応用情報技術者試験」よりもさらに高度な国家資格です。システム開発の上流工程を担当し、情報システムや組込みシステムにおける設計、システム開発を主導するなど上級エンジニアを目指す人のための資格です。専門知識が必要なので難易度が高めであり、令和元年の合格率は15.3%と狭き門でした。年に1回、毎年秋に試験が実施されます。

第5位 オラクルマスター

オラクル社の「Oracle Database」の専門知識を証明するベンダー資格で、Bronze ・Silver ・Gold・ Platinumの4段階のレベルがあります。Bronzeであれば、データベース初学者の知識でも合格可能といわれています。Silver以上のレベルになれば世界共通規格のため、世界で通用する資格です。

資格は製品によって分かれていて、バージョンアップされると資格も改定されることには注意が必要です。

資格よりも重要なこと

エンジニアになるために資格以外で必要なこと

エンジニア になるには知識や技術が必要ですが、ITスキルを証明する資格以外にも持っておきたいスキルがあります。エンジニアになりたいと考えている人は、次のスキルも高めておくことをおすすめします。

  • コミュニケーション力

エンジニアはパソコンの前に向かって一人で仕事を完結させるわけではありません。まずクライアントとの打ち合わせでは何が求められているのか要望を聞き出し、わかりやすいプレゼンテーションや作業の進捗状況の確認など、さまざまな人たちとコミュニケーションをとる必要があります。仕事を円滑に進めるには、コミュニケーション力が不可欠です。

  • ロジカルシンキング

エンジニアにはロジカルシンキングのスキルが必要です。ロジカルシンキングを身につけたら、物事を体系的に整理し、順序立てて考えることによって、問題の原因を導き出せます。また、全体像が見えるため、チームの連携作業も捗ります。

エンジニアとしてスキルアップするために資格以外で必要なこと

エンジニアになったからにはスキルアップしていきたいものですよね。資格もどんどん上級レベルに挑戦したくなるでしょうが、スキルアップするには資格以外でも必要なことがあります。

  • 複数のプログラミング言語を習得する

現状に満足せず、常にスキルアップを目指すなら、複数のプログラミング言語を習得しましょう。トレンドもありますので、今の時代に必要な言語を複数扱えるようになれば、今以上に仕事の幅が広がりスキルアップできるでしょう。

  • 情報収集して新しい技術を学ぶ

スキルアップするためには、常に情報収集して新しい技術を学ぶ姿勢が大切です。業界の情報誌や参考書は信頼性が高いので、新しい技術を学び、習得していくことでスキルアップできるでしょう。

  • マネジメントスキル

それぞれのエンジニアのスキルを理解し、的確な指示が出せるようなマネジメントスキルを身につけたら、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーにキャリアアップできる可能性があります。

まとめ

エンジニアになるために必ず資格が必要なわけではありませんが、資格を持っていることで転職の際にスキルを証明できたり、資格手当がついて収入アップしたりするメリットがあります。

また資格を取得することで自分がどのくらいのレベルに達しているか目に見えるので、スキルアップしたい人には励みになるでしょう。

エンジニアを目指す人は、ぜひ資格を取得してはいかがでしょうか。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。