未経験からでも社内SEに転職できる?転職対策と心がけるべきこととは

未経験からでも社内SEに転職できる?転職対策と心がけるべきこととは

社内SEは今、大変人気の高い職種の一つです。SEをやっている人も、これからSEになりたいと思っている人も、社内SEを目指したいという人は急増しています。

ですが、気になるのは「果たして未経験でも社内SEになれるのか?」という疑問ではないでしょうか。そこでこの記事では、そんな疑問にお答えすべく、社内SEには未経験でも転職できるのか、その対策と心がけるべきことについて解説していきます。

 

今、社内SEは未経験者の受け入れも多い

実は、いま、IT人材全般が深刻な人手不足の状態にあります。これはとくにSEだけではないのですが、とにかくIT企業はいま、人材を欲しています。数年前の就職氷河期時代とは打って変わり、今は求職者が会社を選べる時代になっているのです。そのため、育成に多少の費用や時間をかけてでも、将来優秀になるであろう未経験者を青田買いしています。

 

SE業界からの転職者も多いので注意が必要

未経験でもなれる社内SEではありますが、前述のとおり大変人気の高い職種ゆえ、SEをやっている人が、社内SEへの移動・転職を希望している場合も多いのが要注意事項です。

ただ単純にSEになりたいというだけであれば、知識をしっかり蓄えてさえおけば異業種転職は難しくないでしょうが、はじめから社内SE志望だと、いかんせん競争率は高くなってしまうと考えておくべきでしょう。

 

転職に年齢制限はない、けれども……

実務経験がなく、かつSEの仕事もやったことがないという場合、年齢的制限があるのかも気になるところですよね。もちろん、30代でも40代でも転職してはいけないことはありません。ありませんが、やはり、転職者として好まれるのは、「社会人経験3年以上の20代」のようです。

 

上で書いたとおり、企業は将来有望な人材を青田買いしています。それゆえ、戦力として使えるようになるまでに育成の時間を見ていることになります。20代であれば、たとえ未経験から勉強をしても、長期的な目で見れば30代や40代よりも活躍できる時期・幅が大きいのです。

逆に、30代、40代であれば、今までの社会人経験がものを言います。マネジメント経験、SE経験などがあれば、場合によっては即マネージャーや役職付きとして採用の可能性もあります。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。