ライターになるには?仕事内容や資格・年収など徹底解説!

ライターになるには

ネット社会の影響により、Webライターとして働く人が増えています。Webライターの仕事は「副業」「在宅」などライフスタイルに合わせて働き方を選べるため、Webライターとして活躍している子育て中のママも少なくありません。

そこで今回は、Webライターの仕事内容やなる方法、年収、将来性などについて紹介します。

 


Contents

  1. Webライターとはどんな仕事?
    ・Webライターの仕事内容
    ・Webライターが働いている場所
    ・Webライターに向いている人・向いていない人
    ・Webライターの大変なこと
  2. Webライターになるには?
    ・Webライターになるためのルート
    ・最短でWebライターになる方法
    ・Webライターになるための試験や資格
    ・Webライターになるために掛かる費用
  3. Webライターの給料や年収について
    ・Webライターの働き方別の平均年収
    ・Webライターの収入アップ方法
  4. Webライターの将来性について
    ・現状、Webライターは安定した仕事なのか
    ・将来、Webライターは安定した仕事なのか
  5. まとめ

 

Webライターとはどんな仕事?

まずはWebライターの仕事内容や働いている場所、向いている人・向いていない人、大変なことを紹介します。

Webライターとは?

Webライターとは新聞や雑誌などの紙媒体ではなく、Web上に掲載する記事を書く人のことです。

 

かつてライターの活躍の場といえば、新聞や雑誌などを出版する出版業界でした。編集者から依頼を受けて取材をした内容を記事にしたり、各メディアにあった専門的な内容を記事にしたりすることがライターの主な仕事でした。そのため、ある程度の専門的な知識を持つライターが大半を占めていました。

 

しかしインターネットの普及によって、紙媒体だけでなくWeb上に記事を掲載できるようになったため、ライターの仕事内容にも変化が起こりました。メディアによりますが、特に専門知識がなくてもWebライターとして仕事ができるようになったのです。

 

執筆内容はさまざまで、金融・保険・不動産・医療・美容・健康・ダイエット・就職・恋愛・婚活・芸能・グルメ・旅行・趣味・ライフスタイルなど幅広いジャンルがあります。

 

Webライターの仕事内容

Webライターの基本的な仕事は、Web上に掲載する記事を執筆することです。指定された企画書やテーマ、文字数、構成内容に沿って記事を執筆します。主な執筆方法は以下の2通りです。

 

■取材やインタビューをして記事を書く

クライアントからの依頼内容によっては、現場取材やインタビューが必要なこともあります。取材やインタビューの場に出向き、現場の様子を写真撮影したりインタビューを録音したりし、記事にまとめます。

 

■ネットや書籍などで調査して記事を書く

クライアントからの依頼内容に沿ってネットや書籍で情報を収集し、調査した内容をまとめて記事にします。

 

クライアントが指定する構成に沿って執筆する場合と、Webライターが構成から考える場合の2通りがあります。

 

Webライターの中には、美容、トラベル、ダイエットなど自分の得意分野や専門知識を活かして記事を執筆するライターもいます。

 

Webライターが働いている場所

Webライターとして働くには、主に2つの選択肢があります。

 

①Web業界やメディア事業部のWebライター

Web業界の企業やメディア事業部に就職して、Webライターとして働く方法です。

ネット社会の影響でWebライターの需要は増えています。しかしフリーのWebライターの増加やクラウドソーシングなどの働き方の変化により、業務委託する企業も増えつつあります。企業にとっては、人件費などのコストを抑えられるというメリットがあるためです。

 

②フリーランスのWebライター

企業に属さないフリーランスのWebライターとして働く方法です。

特定のメディアの専属Webライターとして活躍する人もいれば、複数のメディアから依頼を受け執筆をするWebライターもいます。

近年は、前述の通りライティング業務を委託する企業が増えたことやクラウドソーシングなどの充実したサービスにより、フリーランスのWebライターの需要が増えています。

 

Webライターに向いている人・向いていない人

どんな人がライターに向いているのか、また向いていないのかを紹介します。ライターに興味がある人はチェックしてみましょう。

 

■ライターに向いている人

①文章力がある

Webライターは記事を書くことが仕事なため、基本的な文章力が必要不可欠です。また、ただ文章力があるというだけではなく、「読み手に伝わりやすいか」「分かりやすい文章か」ということも大切なポイントです。

難しい言葉を並べるよりも中高生でも分かる文章や、あえて漢字ではなく平仮名を用いることが求められることも少なくありません。

また、他のサイトに掲載されている内容をコピペしないことはもちろん、「コピペにならない文章を書く」語彙力や表現力も必要です。

近年は誰でもネットで気軽に情報を発信できるため、ネット上にはさまざまな情報が溢れています。コピペをしていなくても、コピペになってしまっていることも珍しくないためです。

意図せずにコピペになってしまった場合に、文章の意味を変えずに言い回しを変える必要があるため、語彙力や表現力といったスキルが大切なのです。

 

②コミュニケーション能力が高い

ライターというと、1人でパソコンに向かって黙々とタイプしているという印象を持っている人が多いでしょう。しかしWebライターにコミュニケーション能力は必要不可欠です。

特にフリーランスのWebライターとして働く場合は、直接クライアントとやり取りをする必要があります。また、クラウドソーシングなどのサービスを利用して仕事を受注する場合は、クライアントとのコミュニケーション手段がサイト内のメッセージ機能を使った方法に限られることが多いです。

そのため契約を円滑に進められるコミュニケーション能力や少ない情報からクライアントの意向を汲み取る能力が必要です。

 

③情報収集能力や向上心が高い

Webライターはクライアントの依頼に沿う記事を書くために、ネットや書籍から情報を収集することが多いです。したがって、短時間で必要な情報を収集できる能力が必要です。

また、ネット上にはさまざまな情報が溢れており、中には間違った情報も含まれているため、しっかりリサーチできるかも大切なポイントです。

Webライターにとって重要なオリジナリティのある記事を書くためには、ネット検索だけに頼らないことも肝心です。日頃からさまざまな分野の書籍を読んだり、ニュースや最新情報などにアンテナを張り巡らせておくことも必要です。

多種多様な情報を収集しておくことで、他のサイトにはない質の高いオリジナリティ溢れる記事が書けるようになれば、SEO対策にもつながり重宝されるでしょう。

 

④責任感が強い人

「納期を守る」といった基本的なルールを守れる責任感の強い人はWebライターに向いています。Webライターが決められた納期を守れないと、クライアントに多大な迷惑をかけることになりますよね。何度も同じことが続くと信頼関係が崩れ、仕事を失う可能性もあります。

企業に勤めていれば周りからある程度フォローをしてもらえますが、フリーランスの場合は自己管理がしっかりできる人でないと難しいでしょう。「いつまでに情報収集を終える」「いつまでに執筆を終える」というように計画的に仕事を進められる能力が必要です。

 

⑤コツコツとした根気のいる作業が苦にならない

Webライターの仕事は、ネットでの情報収集やパソコンに向かって黙々と文章を書くというようにコツコツとした作業の連続です。

情報収集は膨大な情報に目を通したり、データの事実確認をしたり、地道な作業になります。また、クライアントからの依頼内容によっては10,000文字以上の執筆をすることも珍しくありません。何時間もパソコンに向かい執筆するのは根気のいる作業です。

コツコツとした根気のいる作業が苦にならない人がWebライターに向いています。

 

■ライターに向いていない人

①文章を書くことや1人で作業するのが苦手

Webライターは文章を書くことが仕事なため、文章を書くことが苦手な人は向いていません。また、たとえ文章を書くことが好きでも文章力がない人は難しいのが現状です。

Webライターの仕事は、ネットでの情報収集や執筆作業を合わせると長時間パソコンに向かってコツコツとした作業が大半を占めます。1人で黙々と根気のいる作業をするのが苦になる人には向いていないでしょう。

 

②責任感や自己管理能力が低い

いくら文章力があるWebライターだとしても、「納期を守れない」など自己管理能力が低い人は、クライアントからの信頼を失うことになります。信用を失うことは仕事を失うことに直結するため注意が必要です。

また「コピペが多い」「誤字脱字が多い」といったことも信用を失う原因になります。現実には、ネット上には情報が溢れているため、意図せずにコピペになっていることもあります。また気を付けていても誤字脱字をしてしまうこともあるでしょう。

しかし大切なのは、自分でコピペチェックツールや誤字脱字チェックツールを使って確認作業を怠らないといった姿勢です。自己管理をきちんとし責任を持って仕事をする姿勢は、クライアントにもしっかり伝わり、信頼関係を築くことにつながります。

 

③理解力が低い、向上心がない

Webライターの仕事は、クライアントの企画やテーマに沿った記事を執筆することです。クライアントの意向をきちんと汲み取れない理解力に乏しい人は、クライアントが満足する記事を書けません。

クラウドソーシングで仕事を受注する場合などは、直接会って打ち合わせをしたり、電話でミーティングをしたりということがありません。ほとんどの場合はサイト内のメッセージ機能を使ってやり取りをします。そのため、クライアントの意向を文面から読み解く理解力が必要です。

また、Webライターは納品した記事に関してクライアントからフィードバックを受けることもあります。フィードバックの内容は修正依頼だったり、アドバイスだったりさまざまですが、不機嫌になったり、やる気を失ったりしてしまう人は向いていません。

どのようなフィードバックであっても素直に受け止め、より良い記事を執筆できるように努める向上心が大切です。

 

Webライターの大変なこと

Webライターというとカフェで仕事をするノマドワーカーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?華やかでトレンド感のあるイメージが強いWebライターですが、実際には大変なことも多々あります。

 

①記事単価や文字単価が低い

紙媒体のライターの多くが専門的な知識を持っているのに対し、Webライターは専門知識がない人も多いです。Webライターになるハードルは低いですが、その分、記事単価や文字単価が低い傾向にあります。

特にWebライターとしての実績がないうちは、記事単価や文字単価が高い案件に応募してもなかなか採用されないことも珍しくありません。

クラウドソーシングで仕事を受注する場合、未経験だと1文字0.2~0.5円程度の文字単価からスタートすることが多いようです。例えば1文字0.2円で3,000文字の記事を書くと、報酬は600円になります。クラウドソーシングサービスを利用した場合は、手数料を取られるため、実際に手にする報酬はさらに低くなります。

しかし未経験でも収入を得られるチャンスがあると考えれば、決してデメリットではないのではないでしょうか。

 

②悪質なクライアントもいる

フリーランスのWebライターは、直接クラインアントと契約をします。中には悪質なクライアントもおり、記事を納品したのに報酬が支払われないといったトラブルに遭う可能性もあります。

しかし近年は、クラウドソーシングサービスが一般的になり、手数料が取られる分、報酬の未払いなどを防げるためトラブルは少なくなっています。

 

Webライターになるには?

「Webライターになりたいけれど、何から手を付けたらいいのか分からない…」という人も多いのではないでしょうか?Webライターになる方法を詳しく紹介します。

 

Webライターになるためのルート

Webライターになるための主なルートは2つです。

 

①Web業界やメディア業界に就職

Webライター募集の求人に応募して採用されれば、Webライターとして仕事ができます。

 

ただし新卒者の募集はほとんどなく、経験者の中途採用が多いです。そのため、未経験者は別の方法で経験を積むか、アルバイトやパートとして働いてから社員として採用してもらう方法が一般的です。

 

②フリーランスのWebライターとして働く

メディアサイトの募集要項やクラウドソーシングの案件に応募し採用されれば、Webライターとして仕事が可能です。

経験者を募集していることが多いですが、中には未経験者でも可能な場合もあります。したがって企業に就職するよりもハードルが低いといえるでしょう。

実際に近年は、学生や主婦など副業でWebライターをする人が増えています。

 

最短でWebライターになる方法

最短でWebライターになる方法は、メディアやクラウドソーシングの「Webライター募集」の案件に応募する方法です。

未経験者でも応募可能としている案件もありますし、応募資格を満たしていれば誰でも挑戦できます。採用されれば、Webライターとして記事の執筆が可能になります。

 

未経験の場合は記事単価や文字単価が低い傾向にありますが、まずは経験を積むことに集中し実績を作ることが大切です。実績ができ評価も上がれば、記事単価や文字単価の高い案件に応募し採用されることも増えていきます。

 

Webライターになるための試験や資格

Webライターになるための試験や資格はありません。

ただし「Webライティング能力検定試験」と「Webライティング技能検定」の2つ検定試験があり、持っていると役立つこともあるでしょう。

 

■Webライティング能力検定

「Webライティング能力検定」は、日本Webライティング協会が優れたWebライティング普及を目指して実施している検定試験です。

 

2012年から継続して行われており、1~3級に分かれています。

 

(参考:Webライティング能力検定

 

■Webライティング技能検定

「Webライティング技能検定」は、日本クラウドソーシング検定協会がライティング技術の向上を目指して実施している検定試験です。

 

(参考:Webライティング技能検定

 

Webライターになるために掛かる費用

Webライターになるには、特に資格が必要ありません。そのため、Webライターになるために掛かる費用もありません。

ただしWebライティングにはパソコンとインターネットが必要不可欠です。ない場合はパソコン代とインターネット代が初期投資として掛かります。

 

Webライターの給料や年収について

Webライターの収入について、働き方別にまとめました。

 

Webライターの働き方別の平均年収

企業で働くWebライターの平均年収

求人・転職サイト「はたらく」の調査によると、企業で働くライターの平均月収は約180,000円です。賞与を含めた年収は約2,600,000万円になります。

 

平均月収の分散は以下の通りです。

  • 15万円未満 15.2%
  • 15~20万円未満 41%
  • 20~25万円未満 41.9%
  • 25~30万円未満 1.9%

 

「賃金構造基本統計調査」による正社員で働く女性の平均年収は2,653,000円です。したがってWebライターの年収は平均的といえるでしょう。

 

(参考:

・はたらく「職種別平均年収・月収100職種徹底調査

・厚生労働省「賃金構造基本統計調査」)

 

■フリーランスで働くWebライターの平均年収

フリーランス協会の「フリーランス白書2019」によるライターを含む分筆系のフリーランスの平均年収を参照にすると、Webライターの年収は2,000,000円~2,500,000円前後といえるでしょう。

 

平均月収の分散は以下の通りです。

  • 200万未満 32.0%
  • 200~400万未満 26.9%
  • 400~600万未満 21.5%
  • 600~800万未満 8.2%
  • 1,000~1,200万円未満 2.3%
  • その他 3.6%

 

(参考元:フリーランス協会「フリーランス白書2019」)

 

■クラウドソーシング利用者の経験別収入

クラウドソーシングを利用する場合は、文字単価が基本です。経験やスキルにより単価が変わります。

未経験や初心者の場合は文字単価が低い傾向にあり、クラウドソーシングの報酬だけでは生計を立てるのは難しいのが現状でしょう。

 

Webライティングの経験 文字単価 1記事あたり(3,000文字)
未経験・初心者 0.2円~0.5円 600円~1,500円
経験あり 0.5円~1円 1,500円~3,000円
経験豊富(専門的な文章作成) 1円~2円 3,000円~6,000円
SEOライティングが可能 2円~ 6,000円~

 

Webライターの収入アップ方法

Webライターとして収入をアップする方法はいくつかあります。

 

①Webライターとしての評価を上げる

Webライターとして実績を積み、評価を上げることで収入アップが期待できます。実績がないうちは、記事単価や文字単価が高い案件に応募しても採用される確率は低いです。

しかし経験を積み評価が上がってくると、クライアントが記事単価や文字単価を上げてくれることもあります。また、高単価の案件にも採用されやすくなりますし、記事単価や文字単価の交渉もしやすくなります。

 

②執筆のスピードを上げる

スキルを磨き執筆のスピードを上げることは、収入アップにつながります。例えば時給換算したときに、3,000文字の記事を書くのに1時間半掛かる人と3時間掛かる人では大きな差がありますよね。

時間を掛けずに質の高い記事を書けるようになれば、それだけ執筆できる記事数や文字数が増え収入アップにつながるのです。

 

③安定した職場を選ぶ

フリーランスのWebライターは、クライアントからの仕事量により毎月の収入が変動します。ある程度安定した収入を望める経験豊富なWebライターもいますが、一般的には収入が安定していません。

一方、企業に就職してWebライターとして働く場合は、他の社員と同様に毎月決まった給与があります。勤務年数により昇給や昇格もあるため、確実に収入を増やすことが可能です。

 

④専門的な知識を活かす

「この分野に関することなら、誰よりも詳しく書ける」という専門分野を持つことも収入アップにつながります。中でもWebライターが少ない金融・保険・法律といった分野に注目すると高収入を得やすいでしょう。

 

⑤SEO知識やテクニックを身に付ける

紙媒体とは違いWeb上に記事を公開する場合は、特定のキーワードを検索した際にWebサイトの上位に表示される記事を書くことが重要です。そのためSEOの知識やテクニックを理解し質の高いコンテンツを執筆できるWebライターの需要が増えています。

 

SEOの知識やテクニックについては、ネット上でもたくさん公開されていますし、書籍なども販売されているので少しずつでも学ぶと良いでしょう

 

Webライターの将来性について

これからWebライターを目指そうとしている人は、現状や将来性が気になりますよね。Webライターは安定した職業なのかまとめました。

 

現状、Webライターは安定した仕事なのか

以前は出版業界を中心に活躍していたライターは、ネット社会の影響により活躍の場が広がっています。新しいメディアサイトが増え続けているため、Webライターの需要も増えています。そのためWebライターは、安定した仕事といえるでしょう。

 

ただし、フリーランスのWebライターとして働く場合は、Webライターの仕事だけで生活を成り立たせるのは簡単ではないのが現状です。特にクラウドソーシングサービスを主な活躍の場としているWebライターは、経験を積み高単価の案件を多く受注できるようにならないと難しいでしょう。

 

将来、Webライターは安定した仕事なのか

ネット社会は今後も続くことが予測されるため、Webライターの需要が減ることは考えにくく、将来的にも安定した仕事といえるでしょう。

ただし、今後ますますコンプライアンスが厳しくなり、充分なリサーチをしていない信憑性に欠ける記事は避けられる傾向が強くなると考えられています。しっかりと根拠のあるデータや事実が求められるようになれば、ライターの質も問われるようになりますよね。

つまり、今後はさらに専門的な知識が求められる時代になることが予測されます。

 

また、AI(人工知能)の発達により、基本的な記事などはAIが自動執筆できる時代が来るといわれています。そうなるとWebライターの需要が減るリスクも考えられます。

そのため専門的な知識を必要とするライティングやオリジナリティのあるライティングなどAIには難しい記事の執筆ができるかどうかも重要です。

 

まとめ

Webライターは資格が必要ないため、誰でもチャレンジできる仕事です。ネット社会の影響や充実したクラウドソーシングサービスなどにより、学生や子育て中のママも隙間時間を利用して収入を得ることも可能です。

 

未経験者や初心者は収入が低い傾向にありますが、経験を積み実績ができれば能力次第で収入アップも期待できます。Webライターに興味のある人は、クライドソーシングサービスを利用し、副業からスタートするのがおすすめです。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。