印刷会社へ未経験で就職したい!ポイントは志望動機にあり

印刷会社へ未経験で就職

志望動機のきっかけを探そう

志望動機のきっかけ①「ものづくり」が好きな人には天職!

印刷会社の仕事は、企画・デザインはもちろん、サンプルを作ったり、顧客と話をしたりするクリエイティブな一面が大いにある仕事。自分が考えたり手がけた企画が、実際に手に取れるようになるため、一からものを作るのが好きだったり、興味がある人にとっては非常に面白く、やりがいのある仕事になるでしょう。
そこで、そんな人の志望動機としてオススメなのが、「ものづくりが好き」という性格を推すことです。
今までの経験から、「いかに自分がものづくりが好きか」「今までどんなクリエイティブな経験をしてきたか」をアピールしてみてください!

志望動機のきっかけ②「自分が得意なこと」を部署で変えてみよう

雇用側にとっては、漠然とした志望動機を書かれるより、希望する部署があるとすればそこにアピールポイントが絞られている方が採用しやすいもの。
例えば印刷会社の営業職を希望しているときは、営業における適性をアピールしなくてはいけません。例えば、ものづくりに対する興味と一緒に、人とコミュニケーションを取ることが得意だということや、自発的に企画などを発信できることをアピールするといいでしょう。
印刷機を取り扱う仕事であるオペレーターは、大きな機会を扱わないといけないので重労働です。効率よく仕事ができることや、体力があることをアピールするとGOOD。
デザイン系の部署に就きたいのであれば、PCスキルやソフトが使えることをアピールするのはもちろんのこと、自分が今まで作成した作品や、ポートレートをみせることもいいかもしれません。

まとめ

印刷会社の仕事は楽しいものだけではありません。大変なこともたくさんありますが、自分が顧客と一緒に考えたものが実際に形になったり、それがたくさんの人の目に触れているのを見た時は達成感を感じられます。
とても大変な仕事ですが、やりがいを感じられるこの仕事に興味があれば、志望動機であなたをアピールして、ぜひ応募してみてください!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。