「バリキャリ」とは?女性活躍で脚光を浴びるキャリアウーマンの実態!

上司

女性活躍推進法が施行され、いままで以上に企業において女性の活躍が期待される現在。

そんな中、耳にするようになった単語「バリキャリ」

はたして「バリキャリ」とはいったいどんなカテゴリーなのか、今回はそのバリキャリと女性活躍推進の企業の取り組みについてご紹介します!

 

そもそも「バリキャリ」とは?

そもそも「バリキャリ」とは?

バリキャリの意味

バリキャリとは「バリバリ働くキャリアウーマン」の意味。

プライベートよりも仕事に情熱を傾けている女性のことを指します。

出世・昇進を目指して働く、かっこいい女性たちです。

しかし、仕事に生きがいを感じていても、妊娠や出産によりキャリアを断念するケースも……。

女性ならではの悩みで、つらいことも多いようです。

年収いくらからがバリキャリ?

バリキャリの明確な定義はあるのでしょうか?

バリキャリの基準として年収が一つの物差しになります。

平成29年度の時点での女性の平均年収が287万円ですが、その倍程度の年収500万程度以上を稼いでいる女性をバリキャリと一般的に呼びます。

【参考】平成29年分民間給与実態統計調査結果について

バリキャリの反対語「ゆるキャリ」とは?

ちなみに、バリキャリの対義語として「ゆるキャリ」という言葉もあります。

家庭生活や趣味を大切にしながら、マイペースに働く女性を指す言葉です。

プライベートの時間が守られる一方で、「働きがいを感じられない」という悩みを持つゆるキャリ女子もいます。

 

男性からモテない?バリキャリの恋愛・婚活事情

婚期が遅れてしまうバリキャリ女子はとても多いものです。

バリキャリ女子がなかなか結婚できないのは、バリキャリ女性自身と男性双方に理由があります。

バリキャリ女子の婚期を送らせてしまう要因

【バリキャリ女性側の理由】
・仕事が第一なので、そもそも結婚して家庭を築こうとしていない
・仕事優先で恋愛・婚活に時間を割いていない・割けていない
・自身がハイキャリアである分、男性にも高い理想を求めてしまう
【男性側の理由】
・自分より年収が高いことを気にしてバリキャリ女子を敬遠してしまう
・30ともなるとバリキャリ女子より年収が高い男性は大体結婚していて、婚活市場に残っていない

このように、今の日本ではバリキャリ女子が恋愛して、結婚相手を見つけるのは簡単であるとは言えない現状です。

また、結婚したとしても、バリキャリは次のように難しい選択を迫られます。

 

ライフイベントを迎えるバリキャリの選択とは

ライフイベントを迎えるバリキャリの選択とは

結婚や出産はバリキャリにとって……

バリキャリとして仕事を頑張ってきた女性社員が、妊娠や出産を機に退職するケースは珍しくありません。

本当は退職したくなくとも、どうしても会社の都合や家庭の事情で退職せざるを得ない人も今まではたくさんいました。

【次のページの内容】
・バリキャリに朗報!女性の活躍する時代へ
・女性活躍を推進するための企業の取り組みって?

今の職場に不満がある20代女性の方へ

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

「おしごとスタイリスト」は、一般的な転職エージェントと比較して広告費をほとんど使わずにサービスの質向上へ力をいれているため、隠れた優良転職エージェントです。

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

このようなお悩みを持っている方を、フランクなキャリアアドバイザーが完全無料でお手伝いしています^ ^

あなたにとって最も良いキャリアの選択ができるようなサポートを致しますので、お気軽にご相談下さい!

詳細ページへ

LINEで無料相談

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。