専業主婦になるには夫の年収はいくら必要?年収別に詳しく解説

専業主婦 年収

専業主婦になりたいと考える女性は非常に多いですが、実際に専業主婦になるとしたら、夫の年収はどのくらい必要なのでしょうか?

この記事では実際の夫の年収別に、専業主婦になるのは現実的かどうか、また専業主婦になってゆとりのある生活を送るコツについてご紹介いたします。

夫の年収ごとに専業主婦になれるかチェック

まずは夫の年収ごとに、専業主婦になれるかをチェックしましょう。
以下の4パターンに分けてご紹介いたします。

  • 年収300万~400万円
  • 年収500万円
  • 年収600万円~800万円
  • 年収1,000万円以上

年収300万~400万円

まずは夫の年収300万~400万円のケース。

結論から申し上げれば、この年収帯の家庭では節約生活が必要不可欠です。
夫婦2人であればゆとりを持って生活することができる可能性がありますが、それでも節約は必須でしょう。

また、子どもがいる場合はかなりギリギリの生活になってしまいます。

親からの援助を受ける夫婦も

年収300万円~400万円の専業主婦家庭では、親からの援助を受けている場合も多く見られます。

家賃の支払いや、車を持っている場合は生活費がどうしても厳しくなってしまうためですね。

また、子どもがいる家庭の場合はより経済的援助が必要な状況になります。
こうした理由から、親からの援助を受けるケースも多いのです。

年収500万円

一般的に年収500万円あれば、妻は専業主婦になることが可能であるとされています。
基準となる年収額と言ってもよいでしょう。

理論上は500万円あればゆとりのある生活を送ることが可能ですが、支出によってはゆとりのある生活が送れない可能性もあります。

節約を上手く行ったり、家賃などの固定費をなるべくカットすれば、子どもがいてもそれなりに裕福な生活が送れるでしょう。

年収600万円~800万円

年収600万円~800万円になれば、比較的ゆとりをもった生活を送ることが可能です。

家賃が10万円以上である場合や、車を持っている場合もゆとりのある生活を送ることが可能。

ただし、子どもが大きくなったときの養育費などを考えると、油断はできないかもしれませんね。

年収1,000万円以上

「平成30年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-」によると、年収が1,000万円以上~を得ている人は全体の5%という結果が出ています。
年収が1,000万円を超える方を夫に持つ方は、勝ち組のように見えますね。

年収が1,000万円を超えていればかなり豊かな生活ができると想像できますが、実際は家庭により差があります。

年収的にゆとりがあっても、生活水準が上がり支出が上がってしまう可能性があるためです。

支出が上がると、これだけ年収があっても貯蓄がほとんどない…なんてことも珍しくはありません。

専業主婦になり、ゆとりのある生活を送るコツとは

夫の年収別に、専業主婦になることが現実的か、そうでないかをご紹介しました。
年収が高くなっても、ゆとりのある生活を送れるとは限らないのは意外だったかもしれませんね。

それでは、年収に関わらずゆとりのある生活を送るにはどうすればよいのでしょうか?
ここからは、専業主婦になり、ゆとりのある生活を送るコツについてご紹介いたします。

買い物上手になる

まず一つ目は「買い物上手になる」といった点です。

特に、年収500万円以下の家庭で専業主婦になる場合は節約は必須。

日々の食費や日用品の節約はもちろんのこと、通信費などの固定費も節約を行うことが重要となってきます。

特売日にまとめて食材を購入したり、衝動買いをやめるなど、買い物上手を目指すことがゆとりのある生活を送るための秘訣です。

家賃を抑える

日々の買い物を上手に行うことも大事ですが、家賃を抑えることも重要です。
具体的には、家賃が安い地域に住む方法などが挙げられます。

東京都の2LDKの家賃相場は10万円以上ですが、隣接する埼玉県や神奈川県の場合は6万~10万と安くなります。

埼玉県や神奈川県に住み、仮に毎月4万円~5万円の支出を削減できるとすれば、年間で48万円~60万円の削減になります。

子どもをつくる際に計画性を持つ

子どもが欲しい家庭の場合は、計画性を持って子どもをつくることも重要です。
子ども一人を育てるのに、教育費と養育費だけで2,000万円ほどのお金が必要とされています。

子どもを育てるのに必要なのは教育費や養育費だけではありません。出産時にかかる費用や、食費、お小遣い、レジャーや旅行費などかかるお金はたくさんあります。

子どもの人数も重要で、人数が増えれば増えるほどその費用は倍になっていきます。

収入も考え、子ども何人までならゆとりのある生活が送れるか、夫婦でよく相談することが重要です。

まとめ

専業主婦になるために必要な夫の年収や、専業主婦になってゆとりのある生活を送るためのコツについてご紹介いたしました。

専業主婦になれば働く必要もなくなり、自身の気持ちにゆとりは生まれるかもしれませんが、生活にゆとりが生まれるかは夫の年収によっても変わってきます。

また、年収がそれなりにある場合でも、支出を抑えられないと結局ゆとりがない生活になってしまうでしょう。

本記事でご紹介したゆとりのある生活を送るコツなども踏まえて、余裕のある生活を目指してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。