デート代は男性が全額支払うべきか問題【ライター/DJあおい】

デート代




 

『お客様は神様ですよ』というお客様に敬意を払うお店は立派なお店だと思うのですが、『お客様は神様なんだろ?』というお客様は悪質なクレーマーにしかなりません

『お客様は神様ですよ』という敬意に対して、『いやいやお互い様や、いつもご苦労さんやで』と敬意で返してこそいい関係が築けるもので

 

『デート代は男が全額支払って当たり前』という男性の敬意に対して、『そやで、当たり前なんやで』と言う女性は残念ながら男性にとっての悪質なクレーマーにしかならないと思うんですよね

敬意には敬意で返すのが人の道ですから、女性は女性としての敬意を払うべき

自分で食べたものくらいは自分の身銭を切るのが最低限の敬意であり、その最低限の敬意も払えない男性とはそもそも食事なんかに行くべきではないんですよ

 

奢ってくれないくらいで冷めるような気持ちなら元々ないも同然の気持ち、そんな男に奢ってもらったところで一体何が嬉しいのでしょう、一体何が満たされるのでしょう

デートや食事は男のスペックを探るイベントではありません

一緒に話をして一緒に楽しむのがデートや食事なんですよ

『この人なら全額支払ってでもデートをしたい、食事をしたい』と思える男性とデートや食事をするように

 

男の敬意に甘えるだけの女はダメな女

女の敬意に甘えるだけの男もダメな男

敬意と敬意が行ったり来たり

それがずっと続くのがいい関係ですからね
 

DJあおい

謎の主婦。 ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人。 サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー約15万人。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されていますが、その素性はいまだ謎のままです。

ツイッター<DJあおい>:https://twitter.com/djaoi

ツイッター<あおい嬢>:https://twitter.com/DJ_aoi

DJあおい






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。