結婚資金っていくら必要? 結婚費用を徹底解明!

結婚資金

結婚、幸せの瞬間。
その瞬間を迎えるために結婚資金を貯めているというカップル、多いのではないでしょうか? でも実際、結婚にかかる費用って一体いくらなのでしょう。本当に必要な結婚費用の内訳を知って、しっかりとした目標設定をしたいものですよね!
そこで、今すぐ知っておきたい結婚費用の平均から節約方法までを徹底的に解説します!

結婚にかかる費用の平均内訳って?

何にどれだけお金がかかるの?

漠然と「結婚費用」と言っても、一体何にお金がかかるのでしょうか?
結婚には、ざっとみて4つのお金のかかるポイントがあります。以下はとある一例です。

1.婚約

結納…約17万円
顔合わせ食事会…約6万円

2.指輪

婚約指輪…約33万円
結婚指輪…24万円

3.結婚式・披露宴

結婚式・披露宴…約300万円

4.新婚旅行

旅費…約60万円
お土産代…約10万円
平均合計額:約450万円

結納の有無や結婚式の規模、新婚旅行先や指輪のランクによって変動はあるものの、婚約~新婚旅行に至るまでにかかる費用は、だいたいこのくらい。結構かかりますね……!

結婚資金は最低300万円?!

もちろん、貯金額が多ければ多いほど良いですが、結婚式・披露宴ご祝儀でまかなえる部分もあるのが実情。その想定額を差し引いて、結婚資金として貯めたい金額は、300万円ほど! 実際、結婚前の友人カップルにリサーチしたところ、結婚式は身内だけで行うのでコストを少し抑えられて、貯金はふたりで250万円ほどだとか。それでも結構しますよね……。

最初の結婚資金はあくまで「予備金」!

結婚資金を貯める上で、覚えておいてほしい認識があります。それは、結婚にかかる出費は、「新婚旅行で終了」というわけではないということ。
新婚旅行までにかかるお金を紹介しましたが、本当に大切なのは…これからの結婚生活でかかってくるお金なのです!
結婚生活は、この先ずーっと続くもの。出産を予定しているのなら、出産にかかわるお金だけではなく、子供にかかるお金を貯金しなくてはなりません。
結婚資金を貯金することは、これから始まる2人の結婚生活における貯金の練習のつもりでいないといけませんね!

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。