ワルツの王!ヨハン・シュトラウス2世の美しき青きドナウ【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
今回はヨハン・シュトラウス2世の美しき青きドナウについてご紹介します。

ヨハン・シュトラウス2世(1825-1899)
音楽家の父から音楽家になることを猛烈に反対されていましたが、父親に内緒でヴァイオリンを習ったり作曲をしたりとしているうちに楽団を結成。順調に成功を納めていきました。「ワルツの王」と呼ばれていました。

美しき青きドナウ



弦楽器の刻みに乗って有名な旋律がまるで遠くから聴こえて来るかのように序奏が始まります。その後にドナウの流れのようなワルツが続きます。
曲だけ聴くとなんとも優雅で華麗なワルツ…きらびやかな貴族の舞踏会を彷彿とさせます。第二のオーストリア国歌と呼ばれるほどです。
しかし、時代の背景は、ロシアと戦うオーストリア。イタリアにも攻められ敗北への一途をたどり悲しみに包まれていました。
その中でシュトラウス2世を励ましてくれたのが雄大なドナウ川。時代を経ても変わらない自然に目を向けたのです。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

「おしごとスタイリスト」は、一般的な転職エージェントと比較して広告費をほとんど使わずにサービスの質向上へ力をいれているため、隠れた優良転職エージェントです。

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

このようなお悩みを持っている方を、フランクなキャリアアドバイザーが完全無料でお手伝いしています^ ^

あなたにとって最も良いキャリアの選択ができるようなサポートを致しますので、お気軽にご相談下さい!

詳細ページへ

LINEで無料相談

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。