妻への誕生日プレゼント、シューマンのピアノ三重奏曲【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
だんだん夏らしくなってきましたね、ふとドイツ、デュッセルドルフに滞在していた時のことを思い出します。この時期はライン川沿いを散歩したら気持ちいだろうなぁ〜と思います。
私のお気に入りのお散歩コースだったライン川の通り

ライン川
クレープ屋さんに行ったり、友達とお酒を飲んだりと思い出があります。

ロベルト・アレクサンダー・シューマン 1810-1856

ドイツ、ロマン派を代表する作曲家。交響曲をはじめ、ピアノ曲、歌曲など幅広い分野で作曲した。ライプツィヒ大学の法科に進学するが、ピアニストを目指す。その後指の故障により作曲家、指揮者へ。(精神障害に悩まされる。デュッセルドルフに移り住むも、ライン川に投身自殺を図る。)

さて、ライン川といえば真っ先に思い出すのが、ロベルト・シューマンです。デュッセルドルフにはシューマンの名前がついた音楽大学があるほど、シューマンに馴染みのある土地です。冬のライン川を見ながら「シューマンはここに身投げしたのか…」と心から凍えていました。

そんなシューマンが妻のクララのために作曲したピアノ三重奏曲があります。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。