「あぶく銭」の意味とは?使い方や例文、類義語、英語表現などを解説




あぶく銭の意味とは?

あぶく銭というのは、「苦労なく、あるいは不正に獲得したお金」のことです。

一般的に、あぶく銭としては、他の人からもらったお金、宝くじで当たったお金などが挙げられます。

あるいは、ギャンブルのパチンコや競馬などで獲得したお金があるでしょう。

しかし、あぶく銭を獲得するためには、徹底的にリサーチしたり、コツを把握するために多くの労力や時間を使ったりするなど、努力することが必要です。

ギャンブルを生活するために仕事にしているような人もいます。

しかし、あぶく銭か努力して獲得したお金かどうかというのは、個人によって捉え方が違っているため注意しましょう。

あぶく銭の「あぶく」というのは、「泡」のことです。

食器洗いやサイダーなどでできた「泡」は、すぐに形を留めないでなくなってしまいます。

あぶく銭の由来は、「努力して儲けたお金は身につくが、不正に獲得したお金はすぐに泡のようになくなる」という考えです。

この考えは、ことわざの「悪銭身につかず」ということで表現する時もあります。

「悪銭」の意味はあぶく銭ということですが、これ以外に「質が良くない貨幣」ということもあります。

また、「泡」は「つばの口の端に出る小さい玉」という意味もあります。

例えば、「泡」を使った表現としては、相手を慌てさせるという「泡を吹かせる」や、驚き慌てると言う「泡を食う」などがあります。

あぶく銭の使い方とは?

ここでは、あぶく銭の使い方についてご紹介します。

還付金や給付金はあぶく銭とは違う

年末調整で戻る税金の還付金や従来から入っている保険の給付金などは、思いがけず給与以外に入手できるためあぶく銭と思うかもしれません。

しかし、このようなものは入手できる理由があるので、実際にはあぶく銭ではなくて一つの臨時収入です。

あぶく銭は必ずしも悪いお金ではない

あぶく銭というと、苦労を特にしないで楽に入手できるというイメージがあるので、あまりいい感じはしないでしょう。

しかし、正当な方法で入手したお金でもあぶく銭という時があります。

例えば、あぶく銭としては、拾って手続きを正当に行った後に入手したお金や他の人からもらったお金などもあります。

また、公営ギャンブルの競馬やパチンコなどで大きく儲けたり、たまに買った宝くじで高額が当たったりするなどの時もあぶく銭といえるでしょう。

パチンコの儲けは必ずしもあぶく銭ではない

公営ギャンブルの競馬やパチンコなどで大きく儲けたことをあぶく銭という時もあるとご紹介しましたが、基本的にこれは苦労なくお金を入手した時です。

何回も買って、どのようにすれば儲かるかを考えたりしてやっと儲かったような時は、あぶく銭ではないでしょう。

しかし、一般的にギャンブルで獲得したお金はあぶく銭というイメージを受けることが多くあるでしょう。

あぶく銭を使った例文とは?

ここでは、あぶく銭を使った例文についてご紹介します。

  • 「あぶく銭が入ったため、何着も欲しかった洋服を買った。」
  • 「どうせあぶく銭であるためすぐに使ってしまおう。」
  • 「暇つぶしにパチンコに行くと、思いがけなく勝ってあぶく銭が入った。」

あぶく銭の類義語とは?

あぶく銭の類義語は一般的にいいイメージがありませんが、お金が好きであれば、あぶく銭でもいい意味に考えることができるでしょう。

お金がなければ世の中は生きられないため、このような考えを持つのは仕方がないでしょう。

しかし、あぶく銭の類義語が持っている意味は人の古くからの想いが詰まったものであるため、よりいい暮らしを送るためにも把握しておくと得するものです。

ここでは、あぶく銭の類義語ついてご紹介します。

悪銭

悪銭というのは、良くないことをして入手したお金です。

この意味でほとんどは使いますが、悪銭いう言葉は紙幣や貨幣の質についていう時にも使います。

悪銭という言葉は、ことわざの「悪銭身に付かず」というものがあるくらい有名なものです。

このことわざは、非常にあぶく銭に性質が似ているものであり、不当に入手したお金はつまらないものに使うというような意味になります。

これは、悪事は継続しないという意味にもなり、不当な行いで生活するのは困難であるということを表現しているともいえるでしょう。

ぼろ儲け

ぼろ儲けのようなことを希望している人は多くいるでしょう。

ぼろ儲けすることは、お金に興味がある人にとっては夢にまでみるでしょう。

しかし、なかなかこのようなチャンスは訪れないものです。

ぼろ儲けは、大きな利益を少ない労力や元手で獲得するという意味です。

対価に合わない仕事は誰もが嫌うものですが、収入が高い時は文句がありません。

しかし、他の人のひがみなどがぼろ儲けの裏にはついてまわり、いつかなくなるものであるため、一時的な儲けであるという考え方もできます。

悪銭と同じように、ぼろ儲けも長く継続しないでしょう。

ギャンブルによる儲け

あぶく銭という言葉からイメージされるものの中では、ギャンブルによる儲けが最も大きいでしょう。

日本においては、現在、ギャンブルはお金を獲得する方法ではなく、楽しむためのものです。

しかし、ギャンブルによって大金を獲得することを夢見る人は多くいます。

ギャンブルによってもし大金を念願叶って入手できても、つまらないことにほとんど使ったり、次のギャンブルに使ったりしてなくなります。

本当に、ギャンブルは代表的なあぶく銭を入手するものといえるでしょう。

宝くじ

宝くじは、外国においてはトラブルになるほど高額なものになっています。

そのためか、日本の最近の宝くじも高額になっています。

宝くじにもし当たった時は、当たったことを他の人にいうのは止めるべきでしょう。

高額なこのような宝くじも、あぶく銭といえます。

というのは、いかに高額でも、それ相応に人はお金を使って、気が付くと口座にはお金が全くないという話はよくあるためです。

しかし、会社などというような、定期的な収入に繋げるためであれば、あぶく銭とは必ずしもいえないでしょう。

あぶく銭の英語表現とは?

「easy money」が、あぶく銭の英語表現としては適しています。

「easy money」の意味は、「簡単に入手したお金」ということです。

「easy money」は「不正に獲得した」というような意味はないので、厳密にはニュアンスがあぶく銭とは違っていますが、一般的に悪銭やあぶく銭というニュアンスの言葉として使われています。

「easy money」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「Easy come easy go」

この例文の意味は、悪銭身に付かず、つまり簡単に入手したお金はすぐになくなるということです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。