「イマジナリー」の意味とは?「イマジナリー」を使ったキーワードなどを解説




「イマジナリー」の意味とは?

「イマジナリー」というのは、「実際に存在しない様子」「架空である様子」という意味です。

「イマジナリー」の使い方としては、「イマジナリーな存在」というようなものがあります。

「イマジナリーフレンド」とは?

「イマジナリーフレンド」というのは、想像上の自分だけの友達のことで、主として小さい子供の心に現れるものです。

「イマジナリーフレンド」は、遊んでくれる相手になる以外に、相談に乗ってくれることもあります。

「イマジナリーコンパニオン」と、「イマジナリーフレンド」はいわれることもあります。

メンタル的な病気のように思うかもしれませんが、子供であれば正常であるといわれています。

子供が成長するにつれて、「イマジナリーフレンド」はほとんど無くなってきます。

大人の「イマジナリーフレンド」でも、区別が現実とついているのであれば問題ないそうです。

しかし、「妄想のような独り言」や「記憶の抜け落ち」などが現れる時は、別の病気であることも考えられます。

そのため、専門家に診てもらう必要があるかもしれないので、様子を注意して見ましょう。

「イマジナリーフレンド」のメリットとは?

ここでは、「イマジナリーフレンド」のメリットについてご紹介します。

生活していく上で、「イマジナリーフレンド」そのものはいい面があるともいわれています。

例えば、子供が「イマジナリーフレンド」を持っていると、社交的であるため友達が多くなりやすいということがいわれています。

コミュニケーションを図る時に練習する相手に、「イマジナリーフレンド」がなっているようです。

また、年齢に関係なく、「イマジナリーフレンド」に対する相談ということで自分で問いを出して自分で答え、自分を客観視したり気持ちを整理したりできるようになります。

また、生きる希望になったり、ストレスが解消されたりするというメリットもあります。

これを狙って、「イマジナリーフレンド」を意図的に生み出すような人もいるそうです。

この時は、友達以外の「イマジナリー猫」や「イマジナリー彼女」「イマジナリー彼氏」などになることもあります。

「イマジナリー」を使ったその他の言葉とは?

ここでは、「イマジナリー」を使ったその他の言葉についてご紹介します。

「イマジナリーライン」

「想定線」とも「イマジナリーライン」はいいます。

「イマジナリーライン」は、漫画や映像、向き合う人を結ぶ想像の線です。

カメラワークをこの想像の線を意識したものにすることによって、作品を見ている人にわかりやくなります。

例えば、ビデオカメラで一人が右側、もう一人が左側にいて、向き合って座っている様子を撮影しているとしましょう。

ビデオカメラを2人の間にできている「イマジナリーライン」を横断して逆の方向に動かすと、二人が座っている位置が逆になります。

そのため、編集する時にビデオカメラが動くシーンをカットすれば、座る位置を二人が代わったような映像になるでしょう。

映像を見ている人にとっては、混乱する要因になります。

そのため、ビデオカメラで撮影する時は、基本的に「イマジナリーライン」は越えないようにするとされています。

「イマジナリーナンバー」とは?

「イマジナリーナンバー」は、「虚数(きょすう)」と日本語では翻訳されます。

「2乗した時に0未満になる数字」が「虚数」です。

なお、「2回同じ数字を掛け合わせること」が「2乗」です。

数字は実在しないものであるため「イマジナリーナンバー」といわれたそうです。

普通の数字は、2回同じ数字を掛け合わせれば1以上のプラスになります。

なお、マイナスの数字になるのは、マイナスの数字とプラスの数字を掛け合わせた時です。

しかし、計算する時に答えがこれでは出せないことがあるため、「イマジナリーナンバー」が解決するために定義されたようです。

回転や繰り返しの計算をする時に、「イマジナリーナンバー」は非常に便利です。

電気の計算にも、身近なところでは「イマジナリーナンバー」が使われています。

「イマジナリーナンバー」がもしなければ、パソコンもスマホも開発されなかったでしょう。

「イマジナリーナンバー」は、普段の生活をサポートする大切な数字です。

「イマジナリーキューブ」とは?

「イマジナリーキューブ」というのは、多面体として京都大学の立木秀樹が提唱したものです。

この多面体は、3次元立体で、直交する3方向から見れば正方形に見えるものです。

この性質は、立方体だけでなく、立方八面体や正四面体もクリヤーしており、16種類が極小凸イマジナリーキューブはあるとされています。

このような16種類の立体は、美しいのみでなく、空間を充填する性質を使ったパズル、シェルピンスキー四面体という鉱物学のアウイの結晶モデルを思い浮かべるもののようなフラクタル図形にも拡がり、複数の非常に面白い性質があるといえます。

なお、プラスチックでできたオブジェに、ベネズエラ産の金の結晶を見ていれば似ていると感じるそうです。

このプラスチックでできたオブジェは、そろばん玉のような感じですが、立方体のキューブのようにある角度から見ると見えるため、「イマジナリーキューブ」は、このプラスチックでできたオブジェに似ています。

なお、立方体のキューブのように見えるものとしては、金の結晶だけでなく、水晶の両錐結晶もあります。

もしかすれば、水晶の両錐結晶も一種の「イマジナリーキューブ」なのかも知れません。

水晶の両錐結晶は、疑似立方体水晶(キュービック水晶)といわれています。

このように見えることも、水晶の形態変化の中にはあります。

しかし、基本的に似ているのみであって、水晶が原理的に立方体になることはありません。

「イマジナリーキューブ」のイマジナリーの意味は「想像上の」ということであるため、厳密にいえば自然界には存在しないかも知れません。

しかし、近似的には、「イマジナリーキューブ」に似た鉱物結晶が、近似的にはあることそのものが面白いでしょう。

「イマジナリー」の英語表現とは?

「imaginary」が、「イマジナリー」の英語表現になります。

「imaginary」は、「架空の」「想像上の」という意味であるため、日本で使用する意味と同じになります。

「image」の派生語が「imaginary」であるといわれています。

これ以外にも、次のような英語表現が日本で馴染みがある派生語としてあります。

  • 「像」「画像」という意味の「image」
  • 「想像する」という意味の「imagine」
  • 「考えられる限りの」「想像できる限りの」とういう意味の「imaginable」
  • 「想像力に富む」「想像にふける」「想像を好む」という意味の「imaginative」






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。