「オーソライズ」の意味とは?由来や使い方、「コンセンサス」との違いなどを解説




「オーソライズ」の意味とは?

「オーソライズ」というのは、「公認される」「承認される」「正当性であると認められる」「権限を正式に与えられる」などというような意味があります。

基本的に、「オーソライズ」の意味としては「正式に公に認められている」というようなことで使用する時が多くあるでしょう。

「オーソライズ」と同じような言葉としては、「オーサライズ」があります。

では、「オーソライズ」と「オーサライズ」はどのような違いがあるのでしょうか?

基本的に、「オーソライズ」の英語表現は「authorize」になります。

「オーソライズ」と「オーサライズ」は、カタカナ読みする時の違いだけで、使い方は同じです。

ネイティブな発音に近いのは「オーサライズ」の方かもしれません。

「オーソライズ」の由来とは?

「 オーソライズ」は、「authorize」という英単語に由来するとされています。

「authority」(権限)という名詞から派生した動詞が「authorize」で、意味としては「公認する」「権限を与える」「許可する」ということになります。

日本で使用されている「オーソライズ」と、ほとんど意味は同じです。

「オーソライズ」の使い方とは?

ここでは、「オーソライズ」の使い方についてご紹介します。

「オーソライズ」はビジネス用語であるため、普段の会話で使用しても意味がわからないことがあるため注意しましょう。

「オーソライズを取得する」

「オーソライズを取得する」は、「この製品のオーソライズを取得する」というような使い方があり、安全性や公認を確保したい時に使います。

「社内オーソライズ」

「社内オーソライズ」は、社内において権限を上長から与えられている人に対して使われるものであり、使い方としては「社内であなたはオーソライズされていますか?」などというようなものがあります。

「オーソライズジェネリック」

「オーソライズジェネリック」といわれる新しい薬剤が医薬品において開発されて、非常に現在普及しています。

「オーソライズジェネリック」というのは、承諾、公認を新薬メーカーからもらっている医薬品で、新しい薬剤と添加物や製法などが同じものである時にいわれることがあります。

一方、「ジェネリック医薬品」も現在販売されていますが、この医薬品は特許の期間が終わっており、承認を厚生労働省からもらって作られているものです。

正しい「オーソライズ」の使い方

正しい「オーソライズ」の使い方としては、次のようなものなどがあります。

「オーソライズを上長からもらっていれば、取引先とスムーズに交渉できる。」

「オーソライズするのはいいが、現場に1回も姿さえ見せない人はどうだろう。」

「その案件はオーソライズをまだもらっていない。」

「オーソライズもなしに仕事をすることは、自分が責任を負うようになる。」

「コンセンサス」と「オーソライズ」の違いとは?

「コンセンサス」という言葉が、ビジネス用語としてあります。

ここでは、「コンセンサス」と「オーソライズ」の違いについてご紹介しましょう。

基本的に意味は同じである

「コンセンサス」の意味は、「意見の一致」や「合意」ということです。

複数の人の意見の一致が必要な時に、「コンセンサスを取る」といいます。

「オーソライズ」の意味の「権限を与える」「公認する」と同じようなものになりますが、基本的に意味はいずれも同じになります。

しかし、「コンセンサス」の意味としては「根回しする」というものも含まれており、いろいろな策を利用して合意を取るというように使う時もあります。

使い分けが使用するシーンによっては必要である

合意を取ってきて欲しい時などに、「コンセンサス」は使われることが多くあります。

そのため、複数の人の合意が議決で必要な時に使って、一切反対する意見を出さない時に使う言葉であると考えておきましょう。

製品などの安全性を示す時に、「オーソライズ」は使うのが適切です。

そのため、正しい「オーソライズ」の使い方としては、「オーソライズされているため安心である」「オーソライズされている人」などのように、会社や上長から公認されている時になります。

「オーソライズ」の類義語とは?

「オーソライズ」の類義語としては、正式な文書などで使う、「公許」「認許」「認可」などがあります。

「オーソライズ」の意味が「権利を与える」ということであれば、「免許」や「認定」などもあります。

「オーソライズ」の対義語とは?

「オーソライズ」の対義語としては、「authorized」の英単語の対義語である「unauthorized」があります。

「unauthorized」の意味は「認定されていない」「無許可の」などですが、実際には日本語のカタカナ語の「アンオーソライズド」というようなものはありません。

そのため、「オーソライズ」の対義語としては、「オーソライズを得ていない」「オーソライズされていない」というように、否定する言葉をプラスすることによって表現するのが一般的です。

「オーソライズ」の英語表現とは?

「authorize」が「オーソライズ」の英語表現になります。

「authorize」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「He authorized her to act as chairman.」(議長の権限を彼は彼女に与えた。)
  • 「This is not authorized by the company yet.」(これは会社から認定をまだ得ていない。)
  • 「She is a person authorized to access the data.」(そのデータへのアクセスを彼女は許可されている。)

「authorize」の名詞形としては、「authorization」(オーソライゼーション)もあります。

「authorization」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「How long does it take for the authorization?」(どの程度その承認には時間がかかりますか。)
  • 「I have to do the authorization process.」(私は承認作業をする必要がある。)

また、「authorize」の元の言葉としては、「authority」(オーソリティ)という「許可」や「権限」の意味の英単語もあります。

  • 「authority」を使った例文としては、次のようなものがあります。
  • 「She got authority to use the land.」(その土地を使う権利を彼女は入手した。)
  • 「I gave authority to her.」(彼女に私は権限を与えた。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。