「アバンチュール」の意味とは? 使い方や類義語、対義語などを解説




「アバンチュール」の意味とは?

「アバンチュール」の意味は冒険で、特に日本では恋の火遊びや恋の冒険という意味で使われています。

一夜限りの恋やパートナーがいる相手との恋など、火傷を覚悟するような危険な恋を表現するときに使います。

「アバンチュール」の使い方とは?

ここでは、「アバンチュール」の使い方についてご紹介します。

日本での「アバンチュール」は、恋の火遊び、恋の冒険として使われます。

リスクが伴う恋を表現するときに使います。

「アバンチュール」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「駄目であるとわかっているが、自分はアバンチュールに憧れている。」

この例文の意味は、駄目であるとわかっていても自分は恋の冒険に憧れているということです。

これ以外の使い方としては、「ひと夏のアバンチュールを楽しみたい」「胸がアバンチュールに高鳴る」などがあります。

昭和の時代に「アバンチュール」は多く使われていましたが、曲のタイトルなどで現在は使われています。

しかし、あまり普段の生活では聞かないため、死語と「アバンチュール」を考える人もいます。

そのため、一部の人には「アバンチュール」は通じないと考えておきましょう。

「アバンチュール」の類義語とは?

ここでは、「アバンチュール」の類義語についてご紹介します。

「アドベンチャー」

「アドベンチャー」は、語源が「冒険」という意味の英語のカタカナ語です。

「冒険」という意味で、日本でも使われています。

「アドベンチャー」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「ゲームの中ではアドベンチャーゲームがやはり最も楽しい。」
  • 「スリルがあるアドベンチャーが、こちらのコーナーでは体験できます。」

「探検」

「探検」は、未知のものを実際に探って調べることという意味です。

リスクを顧みないで未知なる地域に踏み込んで、調査することです。

「探検」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「見つかった洞窟の中を調査するために、近々探検隊が入るようである。」
  • 「探検に行ってみたい考えはあったが、決心がなかなかできなかった。」

「危ない橋を渡る」

「危ない橋を渡る」は、あえてリスクがある手段を目的を達成するために使うことです。

特に、犯罪ギリギリの法律にふれそうな行いをするときに使われるときが多くあります。

「危ない橋を渡る」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「いかに注目されたいということでも、人生は危ない橋を渡ると棒にふるようになるよ。」
  • 「お金をもらうためであれば、危ない橋をわたることができます。」

「綱渡り」

「綱渡り」は、芸をしながら空中に張った縄の上を渡ることをもともという言葉でした。

ここから転じて、一か八かの死と隣り合わせの状態、物事をリスクをおかして行うことという意味でも使われています。

「綱渡り」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「借金の返す必要があるために、毎日が綱渡りのような状態でした。」
  • 「綱渡りは危ないといっても、可能性が少しでもあれば挑戦するしかない。」

「ゆきずりの恋」

「ゆきずりの恋」の意味は、短い恋のことです。

道を歩いてすれ違うことが、ゆきずりの意味です。

道を歩いているときは他の人とすれ違うのは一瞬でしょう。

このようなことから、「すぐに終わる恋」という意味で「ゆきずりの恋」といわれるのでしょう。

「ゆきずりの恋」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「あれはゆきずりの恋であったために、すでに相手の顔も名前も忘れてしまった。」
  • 「本当に一目惚れしましたが、相手としてはゆきずりの恋であったようである。」

「略奪愛」

「略奪愛」の意味は、結婚相手や交際相手がいる人から、恋人関係に自分がなれるように相手を奪うことです。

相手の良くないことをあえて吹き込んで、別れるようにさせたり、さり気なく分かれるようにさせたりするなど、いろいろな方法があります。

「略奪愛」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「好きになったのは仕方ないが、略奪愛は讃えられないでしょう。」
  • 「大物の芸能人の「略奪愛」が、最も世の中を騒がせている。」

「浮気」

「浮気」の意味は、パートナー以外の人を心が浮ついて好きになることです。

「浮気」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「浮気をしつこく疑われて、異性の名前をスマホの電話帳から削除させられるようになった。」
  • 「浮気をほんの出来心でしたことによって、人生が台無しになった。」

「アバンチュール」の対義語とは?

ここでは、「アバンチュール」の対義語についてご紹介します。

「堅実」が「アバンチュール」の対義語です。

「アバンチュール」の意味は「火遊び的な恋」であるため、どちらかというと「真面目でない行い」になります。

そのため、「堅実」が「アバンチュール」の対義語でしょう。

「堅実」の意味は、しっかりしたやり方や考え方で危なげがない様子です。

そのため、ミスするかもしれないことが無いことを表現します。

「堅実な恋」などというと、「非常に真面目な恋愛」で「アバンチュール」とは正反対になります。

「堅実」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「写真を見たが、堅実な恋愛が今回お見合いする人とはできそうであると感じる。」
  • 「ライフプランをしっかりと立てて、堅実な道をどのようなときでも選んできた人である。」

「アバンチュール」の英語表現とは?

ここでは、「アバンチュール」の英語表現についてご紹介します。

「adventure」が「アバンチュール」の英語表現としてはあります。

「adventure」の意味は、珍しいできごと、冒険です。

「adventure」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Going on an adventure.」(冒険に行く。)

また、「adventurous」は、危険なほど大胆な、冒険的なということを意味するときに使います。

「adventurous」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「He has an adventurous character.」(彼の性格は冒険的なものである。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。