ビジネスでよく耳にする「ボトルネック」の意味とは?業種別ビジネスでの使い方を徹底解説!




ボトルネックいうカタカナ語の意味を正確に言えるでしょうか? ビジネスのシーンではどこそこで耳にする言葉ですが、使い方や意味が分かりにくい人も多いのではないでしょうか。そんな「ボトルネック」が今回のテーマです!

今回紹介する業種別のビジネスでの正しい使い方をしっかり押さえて、ビジネスの現場で正しく使えるようにしましょう。

「ボトルネック」の意味

まずは、正しいボトルネックの意味から知っていきましょう。「ボトルネック」の語源は英語の「bottleneck」で、「瓶の首」を意味しています。ですが、ビンの首が、どうしてビジネスの重要な用語になるのでしょうか。言葉の解明からしていきましょう。

たとえばどんなに太くて大きな瓶を持っていても、首の部分が細かったり、小さかったりすると一度に入る水の量や出る水の量に制限がかかります。これが転じて、システム上・機械上の効率の悪い部分や機能のことを「ボトルネック」と呼ぶのです。

機械に置き換えると分かりやすいと思います。機械のどこかに「ボトルネック」、つまり非効率な場所が存在してしまうと、どれだけ他の部分の改良を加えても、全体の性能は上がりませんよね。これと同じことが、人材やシステムにも起こるのです。

「ボトルネック」は常にどこにあるのかを把握しておかなくてはなりません。そして、全体の利益のために、「ボトルネック」をピンポイントで修正・もしくは排除していかなくてはならないのです。

業種別ボトルネックとは

ビジネスシーンでつかわれることが多いボトルネックと言う言葉ですが、実は言われる業界によって少しずつ差異があります。その違いもしっかり理解して使うようにしましょうね。

製造業では「工程の効率」を下げるもの

先ほど機械の例でも挙げましたが、ボトルネックが最も悪影響を及ぼしやすく、かつその影響が分かりやすく表れるのは製造業なのです。 

1つの製品を作るにあたって、製造には多くの家庭が存在しますよね。その工程一つ一つが効率よく進むことによって、生産効率は向上し、よい製品をたくさん生み出すことができるのです。

ですが、そこに「ボトルネック」があると、状況は一変します。たった1つでも他よりも「工程の効率が悪い」つまりボトルネックがあると、納品できる数にも、商品の質にも影響を及ぼします。

なので、製造業では「ボトルネック」はどこなのか、機械の一部なのか、人の作業なのかも含めて常に見ておく必要があるのです。

IT業界ではシステム設計とネットワーク通信に使われる

意外かもしれませんが、実はIT業界でも「ボトルネック」という言葉は使われます。基本的な意味は変わらずに「効率の悪い部分や機能」なのですが、製造業とは使いどころが異なります。

システム設計でつかわれる「ボトルネック」は、プログラミングで処理時間の遅延を引き起こす箇所を指します。システム設計者はつねにこのボトルネックに気を配らなくてはなりません。

たった一つのボトルネックが引き起こす処理速度の低下は、製造業で商品を生み出す遅さの比ではありません。影響がシステム全体、ひいては会社全体に波及してしまうのです。

また、同様にネットワーク通信でも「ボトルネック」が大きな悪さを引き起こします。どこかの通信速度に遅れが出るだけで、全体が遅くなり、仕事に差し障ってしまうのです。

一般企業でもボトルネックは悪影響を及ぼす

一般企業では、ボトルネックは存在しなそうに思えますよね。ですが、実は一般企業にも存在しているのです。そのボトルネックとは、人材です。

たとえばプロジェクトをチームで遂行するとします。その中に、ほかの人と比べて明らかに能力値の低い人がいたらどうでしょう。それも、学ぶ意欲のない人です。

自分から知識を吸収する人ならばいざ知らず、仕事ができないのを放置する人が一人いるだけで、全体のパフォーマンスは下がってしまいますよね。最初はやる気のあった人も、どんどん意識が低くなってしまいます。

人材のボトルネックが引き起こす悪影響は、仕事にとって計り知れないダメージを及ぼします。

そうならないためにリーダー格の社員は適材適所に人を配置すべきですし、なぜボトルネックとなっているのかを知る必要があります。

まとめ

いかがでしたか?「ボトルネック」の意味や、業種による使い方の違いを理解できたかと思います。自分には関係のないことと思っていても、実はどこかで関係があるのが「ボトルネック」なのです。

自分がボトルネックを探す側になることも、影響を受ける側になることも、もしくはボトルネックになってしまうこともあるでしょう。

その時は、ボトルネックの原因をしっかり突き止めることが大切です。そうすることで、きっと今以上にいい成果が出せるようになるはずですよ!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。