「レスポンス」の意味とは?類義語やビジネスシーンでの使い方などを解説




レスポンスの意味とは?

英語の「response」が「レスポンス」の語源になります。

「レスポンス」の意味は、「応答」「反応」「返事」です。

英語表現においても、「レスポンス」は日本と同じ意味で使用されています。

なお、「リィスパァンス」が「レスポンス」の英語の発音になります。

そのため、英語の発音はちょっと日本の発音と違うため海外で使うときは注意しましょう。

日本においては、「レスポンス」は「レス」「レスる」と省略して表すときがあります。

しかし、外国においては省略して使用するときはありません。

バイクや自動車で使用する「レスポンス」の意味とは?

「レスポンス」という言葉は、バイクや自動車にもよく使用します。

「レスポンス」の良し悪しで、ブレーキやアクセル、ハンドルの操作性を表します。

「レスポンス」がいい自動車は、すぐにブレーキが反応する、アクセルを踏めば加速がすぐにできることを言います。

ネット業界で使用する「レスポンス」の意味とは?

ネット業界においては、主として反応の速さをチャットやメールでやり取りするときによく使用されます。

メールの返信が遅いときは、「レスポンス」が遅いというように使用します。

「レスポンス」は、パソコンの処理のスピードにも使用します。

「レスポンスが悪い」という表現は、システムが応答するまでに長い時間がかかる、パソコンの立ち上がりが遅い、クリックしても反応が遅いときに使用するときがあります。

また、「レスポンスタイム」はシステムの応答時間になります。

「レスポンス」の速さをアップするためには?

一般的に、ビジネスシーンにおいては、仕事のレベルにメールのレスポンスの速さは比例する、つまり「仕事ができる人はメールのレスポンスが速い」と言われています。

メールの返信が速ければ、「案件に対してこの人はすぐに対応してくれる」など、いいイメージを相手に与えることができ、これが信頼に自然と繋がります。

一方、メールの返信が遅い人は、全く逆のイメージを持たれるでしょう。

「レスポンス」が遅いと普段から言われている人は、努力することによって「レスポンス」の速さをアップすることができます。

ビジネスにおいては、長いプロジェクトに携わったり、短い仕事を行ったりすることもあるでしょう。

特に、複雑で多くの人が関係するような仕事であれば、長々と継続する投げかけや質問について悩むことも多くあります。

あれこれ返事を考えているうちに時間が自然に過ぎると、影響を「レスポンス」の時間に与えます。

そのため、「あれこれと悩む」ロスタイムの時間を削減しましょう。

まず、相手が言っているポイントを把握し、内容をまとめるスキルを養うようにしましょう。

これが「レスポンス」の速さをアップするコツの一つです。

返事は一回だけで終わらせる必要があるという決まりはありません。

単純に回答として「はい」か「いいえ」を待っているときもあります。

長文のメールでも、終わりに質問として「契約内容の見直しが必要でしょうか」があれば、相手が欲しいのは「見直しが必要かどうか」の返事だけです。

いかに積極的な返事でも、回答として「ぜひ契約を続けていきたいです」というのはちょっと見当違いでしょう。

文書やメールで来た内容について要約して、何を相手が知りたいか、どんな返事を期待しているかというように、相手が希望することを判断するスキルを養いましょう。

ビジネスシーンにおいては、忙しいため「停滞」ということは嫌われます。

「レスポンス」が悪いというレッテルを一旦張られると、「後でこの人は連絡するといい」と、大切な連絡でさえも後に回されるときがあります。

ビジネスマンは時間と戦っているため、「レスポンス」が大切です。

「レスポンス」が悪ければ、仕事をしている全ての人の邪魔をするようにもなりかねません。

言葉として「取り急ぎ」というものを使用してもいいため、少しでも速く相手が欲しいものを送ることによって、非常にビジネススキルはアップしていきます。

「レスポンス」の類義語とは?

「レスポンス」の類義語としては、次のようなものがあります。

「反応」

ビジネスシーンにおける「反応」の意味は、 「働きかけによって起きる相手の動きや変化」になります。

「反応」は「レスポンス」の別の表現としてよく使用されますが、人に対して使用されるときはそれほどありません。

そのため、人に対して「レスポンス」は使用しないようにしましょう。

「反応」という言葉は、機械の自動車やパソコンなどの動きや変化について言いたいときに使用されることが多くあります。

「返信」

「返信」の意味は、返事のメールや手紙を送ること、あるいは、そのメールや手紙のことです。

「レスポンス」は、返事のメールや手紙だけでなく、「反応」や「応答」のことも言いますが、「返信」という言葉を使用するときは、「返事のメールや手紙を送ること」や「返事のメールや手紙」に限られます。

「手応え」

「手応え」の意味は、触れたり打ったりしたときの間違いなく当たったという感じです。

ビジネスシーンにおける「手応え」の意味は、 「働きかけに対する反応」で使用されるときが多くあります。

「効果や反応がすぐに現れる」ときに特によく使用されます。

「リアクション」

「反応」という意味が「レスポンス」にはありますが、同じような意味が「リアクション」にもあります。

「レスポンス」と同じように、ビジネスシーンで「リアクション」もよく使用されます。

例えば、部下に対して上長が、「誰からの電話に対して『リアクション』しておいて」というように指示するときがあります。

また、テレビのバラエティ番組などにおいては、企画のドッキリなどに対する芸能人の反応を「リアクション」というときがあります。

「リアクション芸人」というのは、非常に面白い反応ができる人のことを言うときもあります。

「レス」

「レスポンス」を使用しないで、もっと短い「レス」を使用するときもあります。

人によっては「レス」という言葉を使用するときの方が多いこともあるでしょう。

「レスポンス」を短くした言葉が「レス」です。

ビジネスシーンにおいては、部下に対して上長が、「メールに対して「レス」をしておいて」などと言うことで、電話を掛けたり、メールについての返事を書いたりするように指示します。

ビジネスシーンにおいては、正しく敬語表現が使用できることが大切になりますが、意味が身内では短くても通じるため、できる限り労力を少なくします。

そのため、「レス」という言葉がよく使用されています。

このような「レスポンス」の類義語を把握しておいて、シーンに応じて上手く使用しましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。