イノベーションの意味と使い方とは?身近なイノベーションの事例などを解説




イノベーションの意味とは?

イノベーションは、社会や経済に影響を及ぼすくらいの変革によって革新するという意味です。

イノベーションは技術革新とよく翻訳されますが、技術革新のみではありません。

革新を社会に与えるような新しい全般的な創造をイノベーションといって、非常に広い意味で使われます。

イノベーションの使い方とは?

ここでは、イノベーションの使い方についてご紹介します。

イノベーションマネジメント

イノベーションマネジメントは、イノベーションを継続して創出したり、促したりするためのマネジメンです。

昨今、リーダーや経営者にはイノベーションマネジメントがマーケティングマネジメントと同時に要求されるという議論が盛んになっています。

オープンイノベーション

オープンイノベーションは、組織の垣根を越えて技術や人材を広く融合させて、新しい価値を創出したり、新しい商品や技術を開発したりするアプローチのことです。

例えば、共同でベンチャー企業と大企業がプロジェクトを立ち上げたり、共同研究を産学官が連携して行ったりするものがあります。

近年、積極的に企業が採用している方法です。

クローズドイノベーション

オープンイノベーションと逆のことが、クローズドイノベーションになります。

クローズドイノベーションは、自社の中で自社のサービスや商品、研究開発までを全部行うような企業です。

近年、飛躍的にグローバル化が進むに従って、企業に対するユーザーの要求が多様化したので従来の商品やサービスでは十分に対応することが困難になってきています。

閉鎖的なこのようなクローズドイノベーションの企業は日本では多くありますが、だんだんこのような考え方が見直しされてきてオープンイノベーションが着目されてきています。

破壊的イノベーション

破壊的イノベーションは、イノベーションの一つのモデルで、従来の事業の慣習を新しい技術などで破壊して、劇的に業界の構造を変えるようなイノベーションのことです。

例えば、新しい価値をスマホが創出したことで、携帯電話のシェアやマーケット構造が一気に変わったことなどがあります。

持続的イノベーション

持続的イノベーションは、破壊的イノベーションと対比して使われています。

マーケットの構造を変えるのでなく、商品やサービスなどの価値を技術革新でアップさせることです。

例えば、自動車業界においては、持続的イノベーションが燃費をアップさせることで、電気自動車がガソリン車の代わりに登場したことが破壊的イノベーションです。

イノベーション指数

イノベーション指数は、アメリカの総合情報サービス企業の大手のブルームバーグが国ごとに毎年発表しているものです。

日本では、イノベーション番付やブルームバーグ・イノベーション指数として発表されています。

ハイテク上場企業の集中度や研究開発に対する投資額などの基準をベースにして、順位を決定しています。

近年、日本は順位が下がっています。

イノベーションの種類とは?

イノベーションの言葉を最初に1911年に定義したヨーゼフ・シュンペーターという経済学者は、次のようにイノベーションを分類しています。

  • 新しい品質の財貨、あるいは新しいまだユーザーに知られていない財貨の生産
  • 新しい生産方式の採用
  • 新販路の開拓
  • 新しい原料または半製品の供給源の獲得
  • 新組織の実現

イノベーションが起きれば何が変わるか?

イノベーションが起きれば、従来の価値観や商品などが変わります。

イノベーションを起こした人などは、競争優位性が入手できます。

しかし、イノベーションが同じ業界内で起きたときは注意しましょう。

急激な価値観や商品などの変化に追いつけない企業は、取り残されることが場合によってはあるためです。

例えば、古本屋のチェーンの大手が台頭したことで、古本屋の従来の価値観が変わってしまって、これに追いつけない古本屋は全て廃業しました。

このようにならないように、イノベーションが同じ業界内で起きたときは、すぐに対応する必要があります。

身近なイノベーションの事例とは?

ここでは、身近なイノベーションの事例についてご紹介します。

携帯電話

携帯電話は必ずサラリーマンであれば所持していますが、代表的なイノベーションです。

携帯電話のベースになる考え方は、モールス符号に由来します。

この後、トランシーバーが軍事目的で開発されて会話が無線でできるようになって、一般向けのサービスにこの技術を展開することが進められました。

本格的に1990年代に携帯電話が普及するようになり、さらに所持しやすいように通信回線の改良や小型化など、イノベーションが何度も行われました。

ネット

ネットは、現在の情報社会をサポートしている一つのイノベーションです。

ネットが普及するようになったのは最近のことで、ネットのベースになる技術が1960年代から開発されました。

この後、ネットという考え方が世界規模で1982年に提唱され、ネットのプロバイダーのサービスが営利目的で始まりました。

この後にネット環境がだんだん整備され始めて、一般の人が使えるようになりました。

ネットが普及することによって、メール、SNS、チャット、電話、ブログなど、多岐にイノベーションが行われました。

リノベーションとイノベーションの違いとは?

リノベーションは、イノベーションと間違いやすい言葉です。

リノベーションとイノベーションは同じような発音ですが、意味は明らかに違っています。

リノベーションの語源は英語の「renovation」です。

英語の「renovation」の意味は、刷新以外に、修復もあります。

日本語のリノベーションは、主として建物を修復するときに使われます。

すでにある建物に手を大幅に加えることによって、価値を新しく生み出すような修復をリノベーションといいます。

リノベーションの意味は修復であり、いろいろなジャンルで使われるイノベーションとは違っています。

なお、リフォームとリノベーションの違いは、リフォームは基本的にもとの状態に回復するということですが、リノベーションは大幅に建物を変えるということです。

イノベーションの類義語とは?

ここでは、イノベーションの類義語についてご紹介します。

技術革新

技術革新の意味は、一般的に生産技術の革新や改良になります。

このような技術革新を実際に導入していくことが、イノベーションになります。

新機軸

新機軸の意味は、従来のものとは異なった新しい方法や工夫ということです。

新機軸を使った例文としては、次のようなものがあります。

「新機軸を打ち出したいと考えます。」






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。