「パースペクティブ」の意味と使い方とは?英語表現などを解説




「パースペクティブ」とは?

「パースペクティブ」の意味は、「視点」「見通し」「ものの見方」ということです。

意味としては「考え方」もあります。

これ以外にも、「パースペクティブ」の意味は、「遠近法」や「透視図法」もあります。

「遠近法」というのは、目で実際に見たものと見え方が同じになるために、遠くにあるものを小さく、近くにあるものを大きく描くものです。

「パースペクティブ」は、「perspective」という英単語に由来するものです。

「perspective」の意味としては、「ものの見方」「考え方」「将来の見通し」「眺望」などがあります。

また、意味としては「遠近法」や「透視画法」ということもあります。

例えば、「strange perspective」の意味は「変な考え方」であり、「fine perspective」の意味は「眺めがいい景色」です。

このように、幅広いシーンで「perspective」は使われます。

「パースペクティブ」を使うシーンとは?

「パースペクティブ」は、いろいろなシーンで使われます。

ここでは、「パースペクティブ」を使うシーンについてご紹介します。

ビジネス

ビジネスでは、ほとんど「視点」という意味で「パースペクティブ」は使われます。

ビジネスでは、需要をいろいろな立場から考えることが必要です。

ビジネスとしては、「パースペクティブ」な視点がないと成功できません。

写真

写真で「パースペクティブ」といえば、「遠近感」という意味になります。

写真を撮るときに遠近感があるようにするためには、焦点距離を変えたり、レンズなどを変えたりすることが必要です。

学問

心理学・哲学・社会学の学問で「パースペクティブ」といえば、「それぞれの視点」という意味になります。

しかし、心理学・哲学などの意味としては、学術的な「世界を認識する視点」ということがあります。

学問での「パースペクティブ論」は、「個人によって視点が違うため、世界に対する認識も個人によって違う」ということです。

芸術

芸術で「パースペクティブ」といえば、「遠近法」という意味になり、デッサンや絵画、イラストなどに使われるテクニックです。

線で空間を表現することによって、奥にあるものと手前にあるものの奥行きがよりリアルになります。

建築

建築で「パースペクティブ」といえば、遠近感を表現する「透視図法」という中心投影法という意味になります。

略して「パース」といわれるときもあります。

「パースをとる」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

「パースペクティブ」の使い方とは?

ここでは、「パースペクティブ」の使い方についてご紹介します。

「パースペクティブな視点」

ビジネスシーンでは、よく「パースペクティブな視点」という表現で使います。

このときの「パースペクティブ」の意味は、「多面的な」「見通しが立った」になるでしょう。

「パースペクティブな視点」の例文としては、次のようなものがあります。

  • 「リスクヘッジするためにはパースペクティブな視点で考えることが大切である。」
  • 「パースペクティブな視点が新しい企画を立案するためには役に立つ。」
  • 「国際化が進む社会においてはパースペクティブな視点が必要である。」

「パースペクティブ」の意味としては、「考え方」「視点」というものがありますが、このケースのときの意味は「様々な」というようなものの方がいいでしょう。

学問のジャンルでもよく使われる

「パースペクティブ」は、学問のジャンルでもよく使われます。

「それぞれの視点」という意味で学問のジャンルでもよく使われますが、「世界を認識する視点」という意味で特に哲学・心理学のジャンルでは使われるのが特徴です。

学問のジャンルで使うときの「パースペクティブ」の意味は端的に「視点」ということもありますが、学問を研究する人によって意味する内容は違います。

「パースペクティブ」は、「物事のいろいろな切り口」「ものの見方」という意味でも使われるときがあります。

「パースペクティブを持つ」

「パースペクティブを持つ」の意味は、「物事をいろいろな面から見る視点を持つ」「いろいろな立場からの視点を持つ」ということになります。

ビジネスシーンにおいて使うのは、「パースペクティブな視点がない」と𠮟責されるときです。

「パースペクティブを持つ」の例文としては、次のようなものがあります。

  • 「さらにパースペクティブを持って検討すればいい資料が作れるだろう。」
  • 「対人関係に対してもパースペクティブを持つことはいい効果がある。」

芸術作品・写真でも使われる

「パースペクティブ」を芸術作品に対して使えば、「遠近法」という意味になります。

また、写真に対して使えば、「遠近感」という意味になります。

「遠近法」の特徴としては、次のようなものがあります。

  • 大きさが同じものでも近いものほど大きく描くこと
  • ものごとがある角度からの視点では歪んで見えるときがある

建築でも使われる

建築で「パースペクティブ」を使うときの意味は「遠近法」になりますが、特に「透視図法」の意味で使われます。

「透視図法」というのは、遠近感を表す一つの方法で、略して「パース」ということで使われるときもあります。

建築業界においては、「パースがきつい」「パースをとる」というような表現がよく使われます。

「in perspective」の使い方とは?

「パースペクティブ」の英語表現の「perspective」の熟語としては、「秩序立って」「遠近法によって」という意味の「in perspective」があります。

ここでは、「in perspective」の使い方についてご紹介します。

「put in perspective」

「put in perspective」の意味は、「~を正しい角度で見直す」「~を視野に入れて見直す」というようなことです。

「put in perspective」の例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Now that she left the company, it really puts everything she has done in perspective.」(今や会社を彼女は辞めてしまった。彼女が行ってきたことを視野に入れて見直なおそう。)

「keep in perspective」

「keep in perspective」の意味は、「~を正しい相関関係に置く」「~を釣り合いの取れたものにしておく」というようなことです。

「keep in perspective」の例文としては、次のようなものがあります。

  • 「He became a famous singer very quickly, but still managed to keep things in perspective.」(急激に彼は有名な歌手になったが、まだ正しく状況をなんとか見極めようとしていた。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。