「新人研修」の意味とは?目的やポイント、注意点などを解説




「新人研修」の意味とは?

「新人研修」というのは、新入社員に対して会社が行う研修です。

会社に入った後すぐに行い、学生から社会人になるため、会社の組織で業務・職務を行う時に必要な基本的なスキルや知識、ビジネスマナーなどをマスターするために行います。

会社によって実施する期間は違っていますが、一般的に、会社に入ってから1ヵ月間~3ヵ月間くらい行うケースが多くあります。

しかし、最近は、1年間から長い時は3年間というような期間をかけて、じっくりと基礎から研修する会社もあります。

このあたりについては、戦力として新入社員をどのように考えているか、つまり即戦力化を要求するかどうか、どのように人材育成について考えているか、などによって違ってきます。

「新人研修」を行う時は、集中して自社内の施設で行う会社が多くありますが、中小企業などのようにこのような施設がない時には、外部の機関を使って行うケースも多くあります。

「新人研修」の目的とは?

ここでは、「新人研修」の目的についてご紹介します。

自社について理解を深める

「新人研修」の目的としては、自社について理解を深めることがあります。

新入社員は、就活する時に応募する会社については十分に研究しているでしょう。

しかし、会社が知っておいて欲しい全てのことをカバーしているとは限りません。

より深く知ることによって、会社側の期待がより適切に現場の仕事で反映されるでしょう。

また、新入社員のモチベーションが、深い理解によってアップすることも期待できます。

自社のビジネスについて理解する

新入社員は、自社のビジネスの全体を掴んでいない時も多くあります。

「新人研修」は、自社のビジネスの概要を把握してもらうチャンスでもあります。

コンプライアンスについて理解する

コンプライアンスついては、なかなか伝えるチャンスがありません。

コンプライアンスについて理解が足りないと、新入社員が順守しない以外に、退職する可能性も大きくなるでしょう。

「新人研修」の目的は、コンプライアンスについて統一した認識を持ってもらうこともあります。

基礎的な業務上のスキルや知識をマスターする

「新人研修」の目的としては、基礎的な業務上のスキルや知識マスターしてもらうこともあります。

新入社員は、このようなスキルや知識をベースにして、現場で実務の習熟度をアップするようになります。

自覚を社会人として持つ

「新人研修」の時に、学生の意識から社会人の意識に変える必要があります。

自覚が社会人として必要になりますが、具体的にどのような自覚が必要かを伝えましょう。

全体の「新人研修」を通じて、社会人としての自覚を感じ取れるようにします。

自意識改革をそれぞれの新入社員の中に起こすことは、最大の「新人研修」の目的といえるでしょう。

社会人としてのマナーをマスターする

きちんと社会人としてのマナーをマスターしてもらうことも、大切な「新人研修」の一つの目的です。

新入社員は、社会人の経験がないため、「初めての行動」がビジネスシーンにおいては多くあります。

実際に「新人研修」を行なっている時のみでなく、練習が始まる前後の過ごし方や心構えについての指導など、マインドを醸成することが必要です。

報告・連絡・相談を徹底する

実際には、どのような仕事をする時でも報告・連絡・相談を徹底することが必要になります。

新入社員は、ほとんど報告・連絡・相談の意義や時期がわかっていません。

個人によっても、報告・連絡・相談の認識が違っています。

わからない状態では、実際に仕事をする時に、仕事が停滞したり、無駄な悩みや迷いが発生したりする原因にもなります。

「新人研修」によって、報告・連絡・相談の方法と意義がわかって実践できるところまで教育することが大切です。

「新人研修」の目標・目的を設ける時のポイントとは?

ここでは、「新人研修」の目標・目的を設ける時のポイントについてご紹介します。

具体的なものを意識する

「新人研修」の目標・目的を設ける時は、新入社員に共有するもので、具体的なものである必要があります。

例えば、「ビジネスマナーを社会人としてマスターする」のみでは、具体的にマスターしてどのように利用するかということがはっきりしません。

そのため、「ビジネスマナーを社会人としてマスターして、良好な関係を顧客や取引先と築く」というように具体的に設ける必要があります。

以前の「新人研修」を参考にする

自社にとって、以前の「新人研修」のデータは大きな財産です。

「新人研修」を実施する時には以前のデータを参考にして、新入社員がどのような成果を業務において出し、どのような影響を自社にとって与えたのかをチェックする必要があります。

例えば、以前に「成果を営業で出せる人材を育成する」という目的で「新人研修」を実施した結果、社内表彰された人材が新人の中でどの程度いるかをチェックするのも方法のひとつです。

必要な情報を集めるために、以前に「新人研修」を受けた社員に聞くなどしてみましょう。

自社が持っている課題や問題を探し出す

「新人研修」の目標や目的のヒントを、自社が現在持っている課題や問題から探し出すことができます。

例えば、人材が足りなくて販売スキルがある人材がすぐに必要なアパレル会社の時は、「すぐに現場で仕事ができる販売員の育成」が「新人研修」の目的になります。

このような目的をベースにして、販売スキルをマスターすることを目標にした「新人研修」のカリキュラムを組むといいでしょう。

「新人研修」の目標・目的を設ける時に注意することとは?

ここでは、「新人研修」の目標・目的を設ける時に注意することについてご紹介します。

「新人研修」を行うことのみが目標・目的にならないようにする

「新人研修」を行う時には、「新人研修」を行うのみが目標・目的にならないように注意しましょう。

「新人研修」が形のみで終わるようなものであれば、新入社員は学習したことを実際の仕事で活用することができません。

このようなことを防止するためには、「どのような人材を育成したいか」「現場ではどのようなことが必要か」ということをしっかりと考えながら、目標・目的を時間をかけて設けることが大切です。

目標は高過ぎない

「新人研修」で成功するためには、目標は高過ぎない方がいいでしょう。

目標が実態とかけ離れたものになれば、「新人研修」を受ける人がわからなくて成功しない可能性があります。

高過ぎる目標としては、例えば「リーダーシップを発揮して営業もできるようになる」というようなものであり、新入社員に対して要求することが高過ぎるでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。