「ケーススタディ」の意味と使い方とは?「ケーススタディ」の方法などを解説




「ケーススタディ」の意味とは?

「ケーススタディ」の意味は、「事例研究」です。

基本的に、ジャンルには関係なく、いろいろなジャンルで使われています。

ビジネスのジャンルで使われるときが多くありますが、効果的に医療・介護や学校などでも使われています。

ビジネススクールなどでは、理論を勉強するのみでは実際の問題解決になるスキルがマスターできないため、多く「ケーススタディ」を使っていろいろなシチュエーションでの問題を解決する方法を探すトレーニングを行います。

「ケーススタディ」の目的とは?

「ケーススタディ」では、過去の事例を調べて分析して背景にある教訓や規則性を学習します。

疑似的に過去の事例を体験することによって、将来的に起き得る事象についての備えができると同時に、対策を考えるための時間が短くなったり、新しい考えを得たりすることもできます。

このような目的で「ケーススタディ」は行われますが、過去の事例を単純に学習するのでなくて、新しい課題につての応用力を得ることが大切です。

「ケーススタディ」の使い方とは?

「ケーススタディ」の使い方としては、次のようなものなどがあります。

  • 「ケーススタディを使って、経験値をアップしておこう。」
  • 「ケーススタディを新入社員の研修に組み込むことは、必ず必要であるといえます。」
  • 「昨日のお客様からのクレームについては、ケーススタディをすぐにしておきましょう。」
  • 「答えがいろいろあるため、ケーススタディする価値がある。」
  • 「希少な事例だけをケーススタディに取り上げるのは、あまりいいことではない。」

「ケーススタディ」の間違った使い方とは?

「ケーススタディ」の間違った使い方としては、次のようなものなどがあります。

  • 「残業も新入社員のうちはケーススタディのようなものであるため、残業代が支払われないのはわかるでしょう。」
  • 「不可能という文字は自分のケーススタディにはない。」
  • 「秘密のケーススタディをあなたとしたい。」

「ケーススタディ」の方法とは?

「ケーススタディ」は、過去の事例を単純に復習するのみでは十分にマスターすることはできません。

それなりの方法をマスターすることも必要であるため、ここでは、「ケーススタディ」の方法についてご紹介します。

「ケーススタディ」の事例を見つける

「ケーススタディ」の事例を見つけるときは、自社で過去に起きた出来事を利用することも当然参考になりますが、偏った事例になるときがあります。

そのため、「ケーススタディ」の事例を見つける方法としては、次のようなものがおすすめです。

  • 新聞の記事で参考になりそうなものを切り抜いておく
  • ネットで調べる
  • ビジネス関係のセミナーに参加する
  • 「ケーススタディ」に関係する本を読む

「ケーススタディ」の事例をまとめる

優れた記憶力がある人は、事例を見つけているときにその事例を理解して記憶できるかもしれません。

しかし、ほとんどの人は、事例を見つけるのみでは自分の仕事に結びつけるのはできないでしょう。

そのため、必要なときに必要な事例が利用できるようにするためにも、きちんと事例を種類別にまとめて保管することが必要です。

アウトプットする

自分でまとめた事例を第三者に「ケーススタディ」としてわかるよう説明できるようになれば、しっかりとその事例を自分がわかった証拠になります。

また、社内研修や会議の「ケーススタディ」の資料を作るというようなアウトプットができるようになれば、マスターできたと思っていいでしょう。

「ケーススタディ」のメリットとは?

ここでは、「ケーススタディ」のメリットについてご紹介します。

リスクを「ケーススタディ」によって回避する

「リスクを回避すること」が、「ケーススタディ」のメリットとして挙げられます。

というのは、過去に発生した出来事の要因と結果を検討することによって、あるいは検討した結果を学習することによって、将来的に発生しうるリスクを予測することができるようになるためです。

疑似的な体験が、過去の人のノウハウや知見を共有することによってできるようになります。

「ケーススタディ」によって、工夫をして同じ間違いをしないようにしたり、前もってトラブルが発生したときのために用意したりすることができるようになるでしょう。

新しいアイデアを「ケーススタディ」から創出する

何かと何かを組み合わせたものが、「イノベーション」であるといわれていいます。

全くアイデアが新しいと考えられるものでも、現在あるものを組み合わせたのみでしょう。

そのため、世の中にインパクトを新しいアイデアが与えられるかは、現在あるアイデアの組み合わせ方によるともいえるでしょう。

大量にこのような「ケーススタディ」を蓄積することによって、大量に組み合わせられる要素が仕入れられるでしょう。

時間が「ケーススタディ」で短縮できる

「ケーススタディ」によって、方法論としてある程度規則化されたものを学習することもできます。

そのため、定石をふむことによって、必要ないアクションをする必要がなくなり、成功するまでの時間が短くなります。

時間をかけて実体験を繰り返しながらノウハウや知見を学習することも大切ですが、可能であれば必要ないことやすでに明確になっていることについては時間をかけたくないでしょう。

このような大切な時間を、「ケーススタディ」は節約することができます。

ビジネスに「ケーススタディ」で慣れる

同じような問題を多く取り扱うことによって、メンタルがトレーニングできます。

「慣れ」を疑似体験が生むということは、「ケーススタディ」だけではないでしょう。

OJTなどは、実際に仕事をしながら先輩の行動を見て会社の規則などを学習するため、疑似的な体験の一つといえるでしょう。

体験したことがあると、対処が落ち着いてできます。

体験を全くしないで本番にいきなりチャレンジするのと、体験をして本番にチャレンジするのでは非常に違います。

ビジネスの「ケーススタディ」は、ネットショップなどでも事例集として販売されているため、割合入手しやすいでしょう。

なお、ネットなどでは、日本の会社の「ケーススタディ」が紹介されているため参考にしてください。

「ケーススタディ」の英語表現とは?

「case study」が、「ケーススタディ」の英語表現になります。

アメリカのビジネススクールのMBAなどで使われていた言葉が、日本語に「ケーススタディ」と翻訳されて使われるようになりました。

日本語としては、「事例研究」を「ケーススタディ」の代わりに使っても通じます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。