「サマリー」の意味と使い方とは?類義語や業界ごとの意味を解説




サマリーの意味とは?

サマリーは、概要や要約という意味です。

サマリーの語源は英語の「summary」で、同じ意味で英語でも使われます。

しかし、ジャンルによってサマリーの意味が違っています。

ビジネス業界

サマリーは、ビジネス業界では多くは要約という意味で使われます。

記事や資料などの要約、あるいは会議の要約をサマリーといいます。

また、商品の売上表などの総計やデータの合計ということでも使われるため、サマリーは広い意味で考えるといいでしょう。

看護・医療業界

サマリーは、看護や医療の現場においては患者の病歴や治療の履歴、検査記録をまとめた書類になります。

総合的な患者の医療の情報をまとめたもので、退院したり転院したりした後に他の病院に移るときに役に立ちます。

一方、カルテは患者の病状を医師が記録した書類ですが、サマリーは病状だけでなく、看護の記録や検査結果も記載しています。

金融、証券業界

サマリーの意味は、金融、証券の株式や為替などでは、株式や為替の動きやマーケットの概況の指標ということがあります。

さらに、意味としては、金融・証券のマーケットについてのニュースということもあります。

マーケットサマリーの意味は、簡潔にマーケットの状況をまとめた概況報告ということで、金融に関する記事を扱っている証券会社や新聞のウェブサイトなどで頻繫に使われています。

エグゼクティブ・サマリーという項目が、ビジネス計画書の最初に設けられているときもあります。

ビジネス内容の要約がエグゼクティブ・サマリーはまとめられているため、ビジネス内容を投資家に説明するときに役に立ちます。

IT業界

サマリーの意味は、IT業界では長い文章や規模の大きなデータの要約ということ以外に、検索エンジンで検索した結果で表わされるウエブサイトの要約文ということもあります。

ネットの検索エンジンで検索した結果のページに、タイトルなどのリンクの次に表われる一部の掲載文をサマリーといいます。

サマリーの意味としては、ウエブサイトを訪れた人の記録の分析ということもあります。

ウエブサイトを運営している人が訪れた人の記録を分析して、指標やグラフなどにまとめたものをサマリーといいます。

サマリーの意味としては、さらにプログラミング言語として総計や合計ということもあるため、状況や文脈によって意味を把握するようにしましょう。

ビジネスでのサマリーの使い方とは?

ここでは、ビジネスでのサマリーの使い方についてご紹介します。

サマリーを付ける

論文や報告書を作ったときに、内容をおおまかに掴むためにサマリーを付けるというときがあります。すぐに相手が内容を掴みたいため内容をまとめるというニーズがあるためです。

長い内容のときは、サマリーを資料の最初につけておけばスムーズに仕事が進みます。

相手に対してもいいイメージを与えられるでしょう。

データをサマリーしておく

データをサマリーして欲しいといわれたときは注意しましょう。

データについては、サマリーの意味が次のように2つあります。

  • データを単純に合計する
  • データの要約をまとめる

このときの意味は、文脈から見極めたり、不安なときは相手にきちんと確認したりする方がいいでしょう。

プログラミング言語では、サマリーの意味は総数、合計というように数値をまとめることも含まれます。

また、ウエブのジャンルでは、サマリーは検索エンジンで検索した結果で表われる、リンク先の一部の文章をいうときもあます。

シーンによってニュアンスが違ってくるため、サマリーを使うときは注意しましょう。

サマリーと同じような言葉とは?

サマリーをビジネス用語として使うときは、使い方が同じような言葉があります。

また、違ったジャンルのときは、少し違うニュアンスで使われたりするときもあります。

ここでは、サマリーと同じような言葉についてご紹介します。

サマリーポケットとサマリーの違い

サマリーポケットというのは、収納サービスとして株式会社サマリーが提供しているものです。

ビジネス用語のサマリーは「summary」ですが、株式会社サマリーは「sumally」です。

株式会社サマリーの「sumally」は、「sum」(足す)と「all」(全部)を一緒にして、全部を足すという意味の造語です。

サマリーポケットは、現在ユーザーが使用していないものを預かって、アプリなどで管理ができるものです。

機能としては、ものの保管、必要なものの取出し、クリーニング、必要ないものの販売などがあります。

アウトラインとサマリーの違い

アウトラインの一般的なの意味は、骨子、枠組、概略で、サマリーの意味の概要に近いものとして使われます。

アウトラインは、会議や仕事で行うべきことを明確にして、この進行をスムーズにすることです。

具体的には、目次、概要、見出し、章立てなどで、簡潔に内容が表現され、資料として前もって配布したり、前もって説明したりします。

一方、アウトラインは、IT用語としての意味は、エクセルの集計機能、グラフィックの輪郭線として使われています。

エクセルアウトライン機能は、ワークシートの列や行をグループにして、表を非表示と表示を切り替えることによって展開したり畳んだりすることができます。

アジェンダとサマリーの違い

ビジネス用語として、サマリーの意味は概要、要約などで使いますが、アジェンダの意味は議題、議事日程などで使います。

アジェンダは、プレゼンや会議の前に、前もって資料を作って参加する人と共有することによって、効率よく会議の進行を図ることが目的です。

また、政府のアジェンダの意味は、行動計画や実施すべき計画ということで使われています。

それぞれの省庁などが作るアジェンダの意味は、これから実施すべき行動計画、これからなすべき政策課題というような趣旨になります。

そのため、このようなアジェンダは、マニュフェストという政治的に公約されるものと違って、実現や実施を約束するものとは違います。

サマリーの作り方とは?

ビジネス文書としての一般的なサマリーの作り方は、基本的にA4の1枚の用紙になります。

内容を説明するために、どうしても図やグラフが必要なときでも、本文の何ページを参照と注意書きをしましょう。

サマリーを作るときは、対象になる事柄を、箇条書きで次のような項目にわけることが初めの作業になります。

  • いつ、どこで、誰が、どのようなことのために、どのようなことがあった
  • どのような内容か?
  • どのような結論か?
  • どのような問題点か?

このようにわけることができれば、それぞれの項目ごとに大切なポイントだけをピックアップします。

そして、わかりやすい文章にこの内容を編集します。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。