「キャッチー」の意味とは? 語源や使い方、類義語などを解説




「キャッチー」の意味とは?

ここでは、「キャッチー」の意味についてご紹介します。

辞書で「キャッチー」という言葉を調べると、次のように記載されています。

人目をひく様

記憶に残りやすい印象的な様

つまり、「キャッチー」の意味は、人目をひく、ぐっと心を掴まれる、印象的ということです。

映画や音楽、出版、広告などの業界で、よく「キャッチー」が使われています。

「キャッチー」の語源とは?

「キャッチー」の語源は、英単語の「catchy」です。

「キャッチフレーズ」「キャッチコピー」という広告用語を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

この広告用語の意味は、「心をつかまえるコピー(言葉)」「心をつかまえるフレーズ」ということです。

このような言葉は、掴む、受け止める、捉える、見つけるという意味の英単語の「catch」に由来します。

なお、「キャッチー」も、英単語の「catch」に由来するもので、意味は「心を掴める」ということがあります。

「キャッチー」の使い方とは?

「キャッチー」はビジネスシーンや日常生活ではどのような使い方をするといいのでしょうか?

ここでは、「キャッチー」の使い方についてご紹介します。

会話の中でもよく「キャッチー」は使われるため、正しい使い方を把握しておきましょう。

「キャッチーなタイトル」

「キャッチーなタイトル」の使い方は、イメージに残るドラマや映画のタイトルを伝えたり、漫画や小説の題名などに使ったりすることが多くあります。

特に、インパクトがあるものに使われることが多く、他の人にも見てもらいたかったり人をひきつけたりするドラマなどに幅広く使われています。

ドラマの内容などを話すときに使われることが多くあります。

「キャッチーなフレーズ」

「キャッチーなフレーズ」は、商品や歌詞などにつけられる「キャッチコピー」に使われるときが多くあります。

そのため、「キャッチーなフレーズ」の意味は、多くの人のイメージに残る「キャッチコピー」ということがあります。

また、意味としては多くの人のイメージに残る歌詞というようなこともあるため、使うチャンスが多いのではないでしょうか。

また、「キャッチーなフレーズ」は、他の人が興味を示すような笑いをとるためのフレーズについても使われるときがあります。

「キャッチー」の類義語とは?

ここでは、「キャッチー」の類義語についてご紹介します。

いずれの類義語も、いいイメージを受けたものについて、褒めるときに使うものです。

「人目をひく」

「人目をひく」の意味は、外見や態度などが目につく様で、他の人を惹きつける様をいいます。

個性的、派手で上品な装いなどで目につく人を褒めるときに、「人目をひく」を使います。

「人目をひく」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「人目をひくすれ違う人が振り向くようなファッションは、おしゃれするモチベーションをアップしてくれる。」

「受け入れられやすい」

「受け入れられやすい」の意味は、すんなり相手のことを理解でき、抵抗なく願いや要求を聞き入れやすい様です。

自分のことを配慮してくれている、理解してくれていると思うと、相手のいうことを聞いてあげようと思うでしょう。

わかりやすく要素を伝えるのみでなく、相手の立場や状況などに寄り添うと、自分のことを相手は受け入れやすくなるでしょう。

「受け入れられやすい」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「顧客に受け入れられやすいタイミング、表現でコンテンツをサービスすることが必要だ。」

「覚えられやすい」

「覚えられやすい」の意味は、記憶にその人の特徴的な声や顔などが残りやすいことです。

「覚えられやすい」人は、笑顔がすてきで外見が個性的な人、コミュニケーションスキルが高く、話すのみでなく上手く相槌を打つ人、変わった体験や経歴をしている人などです。

「覚えられやすい」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「多くの人にあの歌は覚えられやすいフレーズを使っているため、流行っているのでしょう。」

「印象的な」

「印象的な」の意味は、強く心に強く残ることです。

目が覚めるような体験、深い感動、非常に素晴らしいものに感銘を受けるなど、先々まで忘れられないようなことを経験したときに使われます。

「印象的な」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「彼女の仕草と表情、立ち居振る舞いが非常に印象的で忘れられない。」

「キャッチー」の対義語とは?

ここでは、「キャッチー」の対義語についてご紹介します。

「人気にならない」

「人気にならない」の意味は、「キャッチー」の意味の「人気になりやすい様」の反対のものです。

好ましいものとして世の中に受け入れられない、人々の評判が悪い様をいいます。

「人気にならない」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「曲調がイメージに残らないし、曲が人気にならないと評価されるだろう。」

「ダサい」

「ダサい」の意味は、「かっこよくない」「かわいくない」「古くさい」などです。

野暮ったく、洗練されていない様を表現するため、「キャッチャー」の「人気を呼びそう」の意味の反対になります。

「ダサい」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「時代やターゲットと提案したデザインがマッチしていなく、ダサいといわれた。」

「魅力がない」

「魅力がない」の意味は、人を夢中にさせ、ひきつけるような要素がない様です。

自分もそうなりたいとは思えない、好きになれないことも、「魅力がない」と表現します。

「魅力がない」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「番組内容に魅力がないため、視聴率をアップするのは困難だ。」

「地味な」

「地味な」の意味は、造作などが目につかなく、華やかでない様です。

「地」の意味はもともと備わっている性質で、「味」の意味はものごとに宿る面白味や趣です。

そのため、何かを付け足さないで、そのままの飾り気のない様を表現します。

「地味な」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「色合いが地味な服は、彼女の落ち着いている人柄を表現しているようであった。」






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。