「チルアウト」の意味とは? 使い方や類義語などを解説




「チルアウト」の意味とは?

「チルアウト」は、よくネイティブが使う「chill out」という英語で、意味としては、くつろぐ、落ち着く、リラックスするということがあります。

「チルアウト」という言葉が日本で拡大したのは、音楽のジャンルで1990年代に登場したものからです。

音楽の「チルアウト」

音楽の「チルアウト」は、音楽のジャンルのテクノ系のものの一つで、一定のリズムをスローテンポで刻んだ落ち着いたものです。

特徴は、打ち込みによるボーカルのないインストルメンタルが多く、明るくゆったりとした曲調です。

いくつかの説が「チルアウト」の発祥にはあるようです。

一つの説は、チル・ルームというダンスで熱くなった体を休めるための部屋で、リラックスがゆったりとできるように作られた曲であるというものです。

もう一つの説は、ビル・ドラモンドとジミー・コーティのアルバムの「The KLF」の「ChillOut」から拡大したというものです。

これ以外の説としては、スペインのイビサ島に1980代からある「cafe del mar」というカフェが発祥というものです。

まったりとした音楽と海に大きな太陽が沈む景色に、至高の時を訪れる人々は味わっているそうです。

チルアウトミュージックの聖地とも、「cafe del mar」はいわれています。

仕事をしながら音楽を聴く人も多くいます。

しかし、ボーカルが入っている曲やテンポの速い曲は、仕事の妨げになることも多くあります。

このようなときは、「チルアウト」がおすすめです。

仕事にゆったりとした気分で集中することができます。

「チルアウト」が日本でも拡大する中において、「まったりしている」や「くつろぐ」という意味の「チルってる」や「チルる」という言葉を若者の一部の間では使っているようです。

「私、チルってます」と、女性のタレントがテレビの番組で発言したことによって、「チル」の言葉が着目されるようになりました。

「チルってる」や「チルる」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「久々の休みであるため、今日はチルるよ。」
  • 「南国のカフェでチルってます。」

飲み物の「チルアウト」

「エナジードリンク」はエネルギーが手軽に補えるために若者の多くが愛飲していますが、「リラクゼーションドリンク」が現在着目されています。

アメリカでは、数百種類の「リラクゼーションドリンク」が売り上げをアップしています。

エネルギーを補って頑張ることが「エナジードリンク」の目的であれば、リラックスして仕事を頑張ることが「リラクゼーションドリンク」の目的といえるでしょう。

このような中において、「CHILL OUT(チルアウト)」という「リラクゼーションドリンク」が日本で登場しました。

「チルアウト」は、着色料や人工甘味料、保存料、アレルギー特定原材料などが多く含まれていないことが特徴です。

さらに、ノンカフェインでグルテンフリーです。

体に良くないものを全て排除しています。

そして、有名なスーパーフードの「ヘンプシード(麻のみ)」やリラクゼーション成分の「GABA(ギャバ)」、葉酸などの8つのビタミンが含まれています。

健康被害が「エナジードリンク」の飲み過ぎで報告されている中において、「チルアウト」は次世代の体と心がリラックスするドリンクとして、マーケットが拡がるでしょう。

「チルアウト」の使い方とは?

ここでは、「チルアウト」の使い方についてご紹介します。

ゆっくりと過ごすときに「チルアウト」は使われる

カーっと血がある物事に対して上って体温が高くなったり、忙しすぎてなかなか自分の時間が取れなかったりするような人に「落ち着いていこうよ」というときに、「チルアウト」は使われることが多くあります。

また、「ゆっくりする」という意味で、自分自身に対しても使われます。

スケジュールを聞かれたときに「今日はテレビを自宅で見ながらチルアウトする」、あるいは、自分の現状について「チルアウトしないと、身も心も持たない」などとも使われます。

「チルアウト」としては、カフェでゆっくりと読書しながら過ごしたり、さざ波を海辺で聞きながら遠くを単に眺めたり、のんびりと異性や友達とのんびり過ごしたりすることもあります。

事態や状況に対して「チルアウト」は使わない

「チルアウト」は、最もいいのは「落ち着く」という意味をメインに理解することでしょう。

しかし、基本的に「チルアウト」は人が時間的に気持ち的に落ち着くことで、事態や状況が落ち着くときは使いません。

このことに注意して、会話に「チルアウト」を取り入れましょう。

「チルアウト」の類義語とは?

「チルアウト」の類義語としては、次のようなものがあります。

  • 「リラックス」の意味は、肉体や精神の緊張をほぐしてくつろぐことです。
  • 「憩う」の意味は、休むことです。
  • 「くつろぐ」の意味は、気分がゆったりとしたものになることです。
  • 「羽根を伸ばす」の意味は、抑圧されて状態から解放されてのびのびと行動することです。
  • 「息抜き」の意味は、少し休むことです。
  • 「のんびりする」の意味は、あくせくしないで、ゆったりしている様です。
  • 「休息」の意味は、運動や仕事などをしないで休むことです。
  • 「骨休め」の意味は、一息つくことです。
  • 「息休め」の意味は、仕事しているときに一休みすることです。
  • 「チル友」の意味は、一緒にいればくつろげる友人です。

休憩することをいずれも表現しています。

「チルアウト」の対義語とは?

「チルアウト」の対義語としては、次のようなものがあります。

  • 「慌てる」の意味は、思いがけないことに出会って落ち着きが無くなることです。
  • 「動転する」の意味は、驚いて慌てることです。
  • 「動揺する」の意味は、気持ちが落ち着かなくて不安な状態になることです。
  • 「狼狽する」の意味は、慌てふためくことです。
  • 「取り乱す」の意味は、心の平静が無くなって見苦しい態度をとることです。

落ち着きのない様子をいずれも表現しています。

英語表現の「chill out」の使い方とは?

「chill out」は、よく映画や日常会話などで使われるスラングで、意味としては2つあります。

一つの意味は、くつろぐ、落ち着く、リラックスするということです。

もう一つの意味は、遊びに行くことです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。