コンテクストの意味と使い方とは?コンテクストを使った表現などを解説




コンテクストの意味とは?

コンテクストは、文脈という意味になります。

英語と同じように、コンテクストの日本語の意味としては、状況、背景、前後関係などもあります。

主語や目的語を日本語は省略するときが多いので、コンテクストを見るチャンスが多くあります。

また、最後に述語がくるので、日本人には相手の意図を話が終了する前に読む習慣があるようです。

空気を読むという表現がありますが、これを日本人が大切にしているのは日本語のコンテクストと国民性が高いためであるともいえます。

コンテクストの使い方とは?

ここでは、コンテクストの使い方についてご紹介します。

建築

建築でのコンテクストというのは、建物群または建物が作る形のまとまりになります。

建築業界においては、建物が建築されるところのコンテクストを読みながら、新しい建物を考えるということがあります。

ニュアンスとしては、保存、景観論について考えるということもあるようです。

IT用語・ビジネス

IT用語としてコンテクストをコンピュータについて使うときは、状況によって違う動作をするものをいうときが多くあります。

例えば、コンテクストメニューというのは、設定された動作モードや操作する対象などで項目が替わるメニューのことです。

もっと簡単にいれば、そのときの状態で現れるメニューです。

例えば、右クリックをパソコンを操作しているときに使うと現れるメニューは状態で変わりますが、これはコンテクストメニューの典型的なものです。

内容が文脈に沿って変わるメニューです。

コンテクストを使った表現とは?

ここでは、コンテクストを使った表現についてご紹介します。

コンテクストを読む

コンテクストは、動詞の共有する、読むなどというようなものと一緒に使います。

コンテクストを使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「相手の会話からコンテクストを読む。」
  • 「プロジェクトのコンテクストを共有する必要がある。」

空気を読むという表現を日本語では使うときがありますが、コンテクストのニュアンスも、話の流れを読んで物事を見極める材料にするのと同じような感じで使うときがあります。

コンテクストを生成する

コンテクストを生成するという意味は、文脈を作るということになります。

生成の意味としては、ものができるということがあるため、コンテクストの生成の意味は自分の解釈で再度情報の文脈を定義するということになります。

ビジネス・ITのときは関連データとして使う

コンテクストは、ビジネス・ITのときは関連データとして使うときもあります。

ビジネスでは、根拠になるデータを使って話を進めることがよくありますが、コンテクストを言葉では伝わりにくい状態・背景を判断するための材料をいうときがあります。

また、ITについても同じで、コンテクストを状態に応じた動作をするための条件・判断材料の意味で使うときがあります。

建築のジャンルでは建物のまとまりになる

コンテクストの意味は、建築のジャンルでは建物のまとまりになります。

例えば、「街のコンテクストを読んだ建築設計は最も基本である」などの使い方があります。

また、景観の保存という意味も建築のジャンルではあります。

ビジネスでのコンテクストの使い方とは?

ビジネスでのコンテクストは、積極的なアピールがユーザーに対して必要になるため、ローコンテクスト文化のニュアンスが強いと考える必要があります。

商品については、どのような表現がいいかを十分に考えることが要求されます。

ここでは、ビジネスでのコンテクストの使い方についてご紹介します。

建築

建築は、利用する人がいることが前提のビジネスです。

そのため、制作した意図が十分に伝わるようにする必要があります。

当然ですが、住宅や家具などは使用してもらうことによって可能性が大きくなってきます。

このようなことを考慮した制作が必要でしょう。

また、すでに出来上がって高い知名度がある建物があれば、この応用を考えることも必要です。

しかし、このときでもコンテクストに対して気配りが大切です。

建物の特徴や機能を説明することが大切です。

建物としては、見たのみでわかるものと説明する必要があるものがあります。

いずれが大切ということでなく、それぞれに必要な応対が違うことを把握しておきましょう。

デザイナー

デザイナーが作る商品としては、従来になかったようなものも多くあるでしょう。

外観がいいのみでなく、優れた機能性がある商品が大切になります。

コンテクストを意識しないで作った商品でも、従来の商品から類推できるようなときも多くあります。

しかし、メッセージとして強いものが込められているときは、十分に説明することが大切でしょう。

ローコンテクスト文化であると、デザイナーの世界は考えておきましょう。

商品の意図を説明することが必要になります。

マネジメント

マネジメントにおいては、コンテクストを常に意識しておく必要があります。

当然ですが、ビジネスが日本国内の限定したユーザーに対するもので完結するときは、コンテクストは意識しなくていいでしょう。

しかし、外国に進出することを考えているのであれば、コンテクストは無視できません。

新しい仕事をスタートするときはマネジメントが大切になりますが、コンテクストを意識しないと、意識のずれがユーザーとの間で生じます。

必要な情報がないユーザーは、商品の価値がわかりません。

スムーズに会社とユーザーがコミュニケーションを図るマネジメントのときは、コンテクストを意識することが大切です。

コンテクストの類義語とは?

コンテクストの類義語としては、前後関係、文脈などがあります。

文脈の意味は、文章の流れにおいて内容の筋道、繋がりということです。

これ以外にも、コンテクストの類義語としては、背景、状況などもあります。

コンテキストとコンテクストの違いとは?

では、コンテキストとコンテクストはどのような違いがあるのでしょうか?

この違いは英語の読み方になります。

そのため、英語としては同じであり、カタカナ語にするときに違ったものです。

外国語をカタカナ語にするときは、注意する必要があります。

テクストとコンテクストは違う

コンテクストと同じような言葉として、テクストがあります。

しかし、この2つの言葉は全く違った意味になります。

コンテクストの意味は文脈ですが、テクストの意味は文章になります。

テクストは、例えば、「業務が終わらない」などという文章ですが、コンテクストは、「業務が終わらない要因」などというような背景になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。