「CSR」の意味とは?活動事例やメリットなどを解説




「CSR」の意味とは?

「CSR」というのは、組織活動を会社が行うときに社会的責任として担うものです。

社会的責任というのは、社員、ユーザー、環境、投資者などに対する配慮から社会貢献まで、適切な意思決定を幅広い内容に対して行うものです。

担うべき責任、役目、影響力はそれぞれの会社によって違うので、それぞれの課題をそれぞれの会社は見つけて自ら「CSR」を作り上げていきます。

また、「CSR」は「corporate social responsibility」(企業の社会的責任)の頭文字をとったものです。

「CSR」の活動事例とは?

ここでは、「CSR」の活動事例についてご紹介します。

環境に対して優しい商品の製造

人々が最も関心があるものの一つは地球温暖化であり、環境を保全するために「サステナビリティ」を尊重する活動を行う会社が多くなっています。

そのためには、環境に対して優しい商品の製造が必要です。

業種によって環境に対して優しい商品は違っています。

例えば、日用品のときは資源として持続できる森林の木材を使った商品の製造、食品のときは森や海の生物に気配りしたエコラベルの表示などのような活動になります。

また、化学薬品を使用しないナチュラル商品、有機栽培によるオーガニック商品、大幅に添加物を少なくした加工商品、二酸化炭素の排出量が多くない製造プロセスなど、いろいろなものがあります。

積極的な地域活動への参加

積極的に地域活動に参加することは、会社にとって企業価値や信頼性をアップするために大切です。

代表的なケースとしては、例えば、募金活動や献血への協力などがあるでしょう。

ボランティア活動は、企業価値の地域における増進、真の信頼性の構築に役に立ちます。

また、販売を促すためのイベントや地域の特産物を使用した商品の製造などを行う会社も多くなっています。

魅力的な地域色がある商品がアピールできるだけでなく、新しいブランディングへの基礎を会社自身も作ることができます。

「CSR」におけるゴールは、ボランティア・ベンダーとして地域で確立することです。

安全な労働環境のサービス

安全な労働環境を会社で働く社員にサービスすることは、コンプライアンスを守るために非常に大切です。

「CSR」の主な取り組みとしては、次のようなものなどがあります。

  • 快適な職場環境のサービス
  • 積極的なトレーニングや研修の実施
  • 危険物の撤去
  • 充実した福利厚生
  • リスクマネジメントの強化

少子化や労働問題に対応した「評価制度の見直し」や「フレックスタイムの導入」も、社員の労働環境を考えた「CSR」のケースです。

「CSR」活動のメリットとは?

日本では、「CSR」活動は会社の利益を追い求めることから逸れているとよく見られますが、実際には違っています。

というのは、「CSR」活動はメリットがいろいろあるためです。

ここでは、「CSR」活動のメリットについてご紹介します。

ファンが作れる

例えば、普段の生活において、いい人がいるのではないでしょうか。

いい人は、他の人から好かれてメリットがいろいろあります。

例えば、困ったことが何かあれば他の人がすぐに助けてくれたりします。

これは会社でも同じで、いい会社と見られることによってメリットがいろいろあります。

例えば、この会社に入りたいと思うような人が多くなるでしょう。

あるいは、同じような商品でも何となくこの会社の方が好きであるということで商品を買ってくれることもあるでしょう。

「CSR」活動によって、いい会社であると見られることは、会社のファンを作るために非常に有効な方法です。

メディアに多く露出する

ほとんどの「CSR」活動は、率先して会社が世の中をリードするようなものです。

社会性がこのような活動は高く、マスメディアに特に好まれます。

例えば、躍起になって大会社が募金活動を行ったり、事前事業を行ったりすることは、先にご紹介したファンを作るのみでなくメディアに多く露出するという目的があります。

メディアによってこのような活動が伝えられると、ファンをより多くすることができるため、慈善事業を行うのは相当大きな価値があります。

社員の満足度がアップする

社員の満足度は、「CSR」活動によって法律を守って社会的責任を果たすとアップします。

この会社で仕事をしているという誇りを社員が持てば、満足度はアップするでしょう。

また、モチベーションがアップするため、生産性もアップするでしょう。

「CSR」にはどのような活動があるか?

ここでは、「CSR」の活動について具体的にご紹介します。

発展途上国に対するサポート

ダノングループでは、「1ℓ for 10ℓ(ワンリッター フォー テンリッター)」という1リットルの「ボルビック」を買うごとに、アフリカの悪い水環境で暮らしている子供たちが安全できれいな水が飲めるように飲料水を10リットル寄付するというプログラムを行っています。

環境保護の活動

セブン&アイホールディングスでは、生物多様性の保全・維持に寄与することや地球の温暖化防止のために、一般財団法人セブン‐イレブン記念財団が「セブンの森」づくりを全国17箇所で取り組んでいます。

社会福祉事業

TOTOグループでは、社会福祉事業を災害地域などのサポートのためにCSRの一環として行なっています。

寄付金だけでなく、経済的・精神的なサポートとして実業団選手によるスポーツ教室などを行っています。

日本の会社が取り組む「CSR」活動とは?

「環境保護」の「CSR」活動を、日本の多くの会社が取り組んでいます。

この内容は、生物の保護、環境汚染の防止、植林活動などです。

苗木を森林を伐採した山に植える活動や有害な工場から出る汚水や煙を少なくする活動などが挙げられます。

次に、人権保護、文化サポート、女性の地位向上などが挙げられます。

文化サポートとしては、地域社会のための文化財の保全活動やイベントなどが挙げられます。

例えば、地域に根付いている無形文化に対するサポートや、古い建築や古い文書、価値が歴史的にある建造物や書物を保護したり、修繕したりする活動があります。

それまで築いてきた地域の文化や歴史を地域の人たちと一緒に記録して継承する活動は、地域の歴史遺産についての情報が共有できます。

日本の会社が今後注力すべき「CSR」活動としては、児童貧困、貧困、疾病などがあります。

割合日本は恵まれていると考えられていますが、日本でも貧困の人が6人に1人はいるといわれています。

世代で貧困は引き継がれるような傾向があるので、会社の「CSR」活動でちょっとでも連鎖を断ち切る必要があります。

特に、子供のために、積極的に食育サポート、事情がある子供を守る施設の整備などに取り組む必要があります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。