「データドリブン」の意味とは?「データドリブン」に成功するポイントなどを解説




「データドリブン」の意味とは?

「データドリブン」(Data Driven)というのは、マーケティングデータ、売上データ、ウエブ解析データなどにとってアクションすることです。

従来から、ビジネスシーンにおいては、いろいろなデータによってアクションしていましたが、改めて近年着目されています。

デジタルマーケティングやビッグデータの発展によって、いろいろなデータの見える化ができるようになってきました。

そのため、企業は、見える化したデータによって、コストパフォーマンスがより高いアクションができるようになりました。

高いコストパフォーマンスのアクションができると、その分売上や利益率がアップできます。

ユーザーの行動が複雑になったことも、データドリブンが近年着目される一つの要因です。

購買するときは、個人も企業もリアルとウエブを複雑に往来します。

集客してから見込み客化、さらに顧客化して顧客の維持・優良化というようなそれぞれの段階には、選択肢が多くあります。

そのため、データがなければ、どのアクションを選ぶか、コストパフォーマンスがいいかが非常に難しくなっています。

データドリブンをビッグデータの時代において実践していくためには、「アナリスト」や「データサイエンティスト」、「データアーティスト」といわれるような人のスキルが要求されます。

このような人が日本においては足りなくなっていますが、データ活用、データ分析、マーケティングが得意な人材を育てるシステムについても、「データサイエンティスト協会」が誕生するなどでき始めています。

人材を育てるためには、組織的に注力する必要があります。

要求される主なスキルとしては、次のようなものなどがあります。

  • 深いビジネスについての知識
  • ロジカルシンキング
  • 統計学についての知識
  • データ分析手法についての知識
  • データ処理、データベースについての基礎的な知識
  • マーケティングについての知識

分析するシステムがせっかくできても、実践力がなければ全く意味がありません。

デジタルマーケティングを経営陣の役員などがわかっていないために、アクションプランとして分析から導き出されたものが実行できないというようなことも良く耳にします。

そのため、デジタル化に全体の企業で適応する必要があります。

フィリップ・コトラーというマーケティングの世界的な第一人者は、「デジタル化するか、さもなくば死」とまで「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015」で断言しています。

データドリブンマーケティングを実践する方法とは?

データを集めて分析してマーケティング施策を立案するというような簡単な方法が、データドリブンマーケティングを実践するものですが、容易には実践することはできません。

基本的な方法を把握して着実に実践するためには、次のようなことに注意しましょう。

データを集める

データドリブンマーケティングは、データを集めることからスタートします。

しかし、データを全方位的に集めていると時間が膨大にかかるでしょう。

データとしてフォーカスすべきものを前もって選んでおいて、判断することが非常に大切です。

まず、分析した後のゴールのイメージとして、どのような情報を最終的に獲得したいかというようなものを持つようにしましょう。

データを集めても利用していないようなことがありますが、これは分析する目的をはっきりさせないままでデータを集けたことが要因です。

データを分析する

データを集めた後は、分析します。

分析するときは、データをまず分類・整理しましょう。

データには、情報が多く混じっているときがよくあります。

そのため、目的によって、求めるセグメントデータを分類・整理して分析しましょう。

データが分類・整理ができると、丁寧にこれを読み込んで、データが意味するところを分析します。

例えば、目的がウエブサイトのコンバージョン率をアップさせることであれば、分析して離脱する要因を分析します。

「滞在している時間が短い」「直帰が多い」というような理由がわかると、対策を考えやすくなります。

アクションプランを策定する

データの分析が終わると、次にアクションプランを立案します。

プロジェクトチームで実践するときは、いつ、何を、誰がというようなことまで企画しましょう。

データドリブンに成功するポイントとは?

ここでは、データドリブンに成功するポイントについてご紹介します。

このようなポイントを把握することによって、データドリブンを実践する環境が作れたり、初心者でもデータドリブンが実践できるようになったりします。

スキル・知識がある人材を確保する

組織的にデータドリブンに成功するためには、スキル・知識がある人材を確保することが必要になります。

というのは、データを分析して、アクションプランを立案できる人材が必要であり、また、この人材を別にも育成できるような教育を行う必要があるためです。

成果がデータドリブンで出せるような人材というのは、具体的にビジネスについての深い理解、データ分析についての知識、統計学についての知識、データ処理についての知識、ロジカルシンキングのスキル、マーケティングについての知識が主として要求されます。

しかし、このようなスキルがある人材はそれほどいないでしょう。

そのため、説明がロジカルにでき、拒否感がデータに対してないような人材が、最低限いるのみでも非常に変わるでしょう。

組織的な実行力・理解をアップする

データドリブンが成功するためには、組織的な実行力・理解をアップする必要もあります。

というのは、デジタルマーケティングについて全体の組織がある程度の理解を示して、分析した結果から立案したアクションプランを実践する意思決定ができないと意味が全くないためです。

特に、リスクを日本の企業は取らないとされており、このことが利益をアップするチャンスを奪っているとされています。

そのため、データドリブンが効果的であり、科学的な根拠があることを把握して実践することができるように、啓蒙を社内において行いましょう。

有効に目的別支援ツールを利用する

データドリブンを成功したいということでも、人材が足りなかったり、初めての人しかいなかったりしたときは、有効に目的別支援ツールを利用しましょう。

実際に、ITツールとしてデータドリブンをサポートするものはいくつか開発されています。

例えば、集客するためのものとしては、ウエブ解析ツールやDMP、顧客化を図るためのものとしてはSFAなどがあります。

そのため、自分たちの業務に適したものをこのようなツールの中から選んで、有効に利用するのがいいでしょう。

そうすると、経験がないときでもデータドリブンが手間をかけないでできます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。