「ディクテーション」の意味と使い方とは? 効果的なコツも解説




「ディクテーション」とは?

「ディクテーション」というのは、読み上げる英語を書き取る、あるいは英語を書き取る試験のことです。

英語を学習ときには、「ディクテーション」がリスニングスキルをトレーニングするために採用されています。

リスニングスキルは、聞いた英語を一語ずつ集中して書き取るとアップします。

また、どのような単語が聞き取れないかがわかるため、語彙も多くなって、英語に対する理解が深くなります。

英語の「ディクテーション」のコツと方法とは?

英語を学習するときは「ディクテーション」がよく行われます。

「ディクテーション」は、どのようなことが聞き取れていないかを明確にさせられることがメリットです。

しかし、デメリットとしては、聞き取りしたことを書き取るので時間がかかることもあります。

なお、英語を学習すると、すぐに聞き取りできなかったことが聞き取れたりすることはありません。

英語の学習は、じっくりと時間をかけて行うことであるため、「ディクテーション」に辛抱強く取り組むことは、いい結果に将来的には繋がるため気長にトライしてみましょう。

「ディクテーション」のコツとは?

リスニングスキルを「ディクテーション」のみでアップしようとしないことです。

「ディクテーション」は、リスニングスキルをアップする方法の一つに過ぎないため、英語を普段から聞くチャンスを持って英語に耳を慣らして、リスニングスキルをアップさせましょう。

「ディクテーション」のみにこだわらなくて、映画や音楽、あるいは母国語として英語を話す人と交流するなど、英語に触れ合うチャンスを持つようにすれば、ちょっとずつリスニングスキルがアップしてきます。

「ディクテーション」の方法とは?

一度で読み上げられる教材を理解しようと考えないで、書き取るのは何回か聞いてからにする方法がおすすめです。

「ディクテーション」の方法としては、次のようなものがおすすめです。

  • 数回読み上げられる英語を聞く
  • 聞いた英語を書き取る
  • 教材を見ながらミスをチェックする
  • 聞き取れなかった箇所を検証する

単語として全く聞き取れなかった、あるいはスペルミスなどを検証します。

  • 聞き取りができなかった箇所は発音してみる
  • もう一回、数日後に同じ教材の「ディクテーション」を行う

「ディクテーション」を続ける方法とは?

教材としては、やさしめのものを選択しましょう。

聞き取る方が読み取りよりも困難なことが多いため、教材としては簡単でも、読み上げられた教材を聞いてみれば聞き取れないときが多くあるでしょう。

また、初めから高い難易度の教材に取り組んですぐに止めてしまうと、英語を学習する前に挫折するでしょう。

そのため、「ディクテーション」を続けるためには、初めは簡単と考えられるような教材からスタートしてだんだん難しくしていくことが大切です。

「ディクテーション」の効果とは?

「ディクテーション」は、聞き取りした英語を一語一句書き取りするという練習法です。

実際に体験するのが最も早いため、「ディクテーション」にトライしてみましょう。

例えば、音声としては10秒間のものでもいいため、聞いて書き取りしてみてください。

書き取りする方法は、パソコンでも手書きでもいずれでも問題ありません。

では、「ディクテーション」はどのような効果があるのでしょうか?

ここでは、「ディクテーション」の効果についてご紹介します。

聞いて理解できる英語と読める英語との違いがわかる

聞くと難しいため何度聞いても理解できないが、英文を見れば「これほど簡単なものか」というようなことがあるのではないでしょうか。

では、どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?

というのは、よくわかっている単語であるが全く違った発音で記憶していたり、音が一緒になって違ったように聞こえたりするためです。

特に、自信が「リエゾン」にないときは、「ディクテーション」でリスニングスキルが飛躍的にアップします。

なお、リエゾンというのは、例えば、「What a」の発音が「ワットア」ではなくて「ワラ」になる現象のことです。

「What a」の発音が「ワラ」であるとわかるのは、日本の英語教育においてはなかなかマスターできないスキルです。

しかし、「ディクテーション」はこのような音の変化を知らないとできません。

そのため、「ディクテーション」はリスニングスキルをアップするために非常に効果的です。

リエゾンの知識は、自分ではなかなかわかりません。

しかし、「ディクテーション」によってわかるようになります。

すぐに自分の弱点がわかる

「だいたい意味がわかるし聞き取れる」というような教材を、あえて一語一句理解するチャンスはなかなかないでしょう。

「意味はわかるのでいい」と、「ディクテーション」が面倒に思うことも多くあるでしょう。

しかし、あえてそこを我慢して「ディクテーション」をやると、聞き取りが全くできていないとわかると思います。

この聞き取りができていない箇所が自分の弱点です。

例えば、次のようなことの要因がわかると、それをあとは潰すのみです。

  • わからないのは単語か
  • わからないのは熟語か
  • 間違って発音を記憶していたか
  • 聞き取りができなかったのは音が一緒になっているためか
  • 文法的に曖昧に理解していたため書き取れないか

リスニングのみでなく、トータル的に英語力がアップする

「ディクテーション」は、実際にはそのまま聞こえた音を書いても、絶対に正解にはたどり着きません。

というのは、英語には発音が同じでも違っている単語が多くあり、単語の全てがはっきりくっきりと発音されるということではないためです。

例えば、shouldなどの助動詞は、発音するときには「シュ」と聞こえない程度のときもあったりします。

では、どうすればいいのでしょうか?

明確に聞き取りができなかった箇所は内容から考えたり、文法の知識でカバーしたりするようなことも必要になります。

英語のリスニングスキルをアップするためには、このように考えたり、推測したりしてカバーするようなプロセスが非常に大切です。

「文章の内容からすれば、このような単語である」と、きちんと話の意味を理解して考える必要があります。

「間違いなくこのように聞こえるが、これであれば過去形にcanの後ろがなるためこれは間違っているということだろう。では、どのようなことを言っているのだろう。」などというように、文法の知識も使って考える必要があります。

つまり、「ディクテーション」は、いろいろなスキルが一度アップする素晴らしい学習法であることがわかるでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。