「カテゴリー」の意味とは?使い方や類義語、慣用句などを解説




「カテゴリー」の意味とは?

「カテゴリー」の意味は、 「性質・種類が同じものが含まれている区別されたもの」になります。

例えば、軽自動車や普通車などが車の中にありますが、このようなものはカテゴリーの「車」に分類されます。

カテゴリーに分類することによって、性質が同じものをまとめることができます。

そのため、ものが見つけやすくなったりします。

カテゴリーに分類することは、ものを容易に管理するためにも必要です。

「カテゴリー」の使い方とは?

では、実際に「カテゴリー」はどのような使い方があるのでしょうか?

ここでは、「カテゴリー」の使い方についてご紹介します。

「カテゴリー分け」「カテゴリー分類」

「カテゴリー」は、一般的に「カテゴリー分け」「カテゴリー分類」というように、明確に分類のタイプをするときに使われます。

例えば、「作業をカテゴリー分類によって行う」「商品をカテゴリー分けする」というように、いろいろなシーンで使えます。

一般的に、「カテゴリー分け」は、より見やすくしたり、よりわかりやすくしたりするために行います。

「カテゴリー化」

ビジネスシーンにおいては「カテゴリー化」という表現もよく使われますが、「カテゴリー化」の意味は「分類すること」になります。

例えば、「カテゴリー化して検討する」の意味は、「分類して検討する」になります。

「カテゴリー検索」

ネットの一つの検索方法として、「カテゴリー検索」があります。

「カテゴリー」を指定して検索できるもので、検索が「カテゴリー分け」された情報でできます。

「カテゴリー検索」は、例えば、「海外旅行」について調査したいときは、カテゴリーを「旅行―海外」のようにたどって情報を見つけたり、種類ごとにまとめてから検索したりするものです。

検索が効率よくできることが、最大の「カテゴリー検索」のメリットです。

一方、「キーワード検索」は、普通の検索方法です。

検索するときに、情報を全てまとめた状態で行う方法です。

「ジャンル」と「カテゴリー」の違いとは?

よく「カテゴリー」と間違いやすいのが「ジャンル」です。

「ジャンル」と「カテゴリー」は、いずれもものを分類するということでは同じ意味になります。

では、「ジャンル」と「カテゴリー」はどのような違いがあるのでしょうか?

「ジャンル」と「カテゴリー」は、言葉が使える範囲が大きく違います。

ジャンルの意味とは?

「ジャンル」は、「genre」というフランス語が語源であり、意味としては「様式」「類型」などがあります。

また、「ジャンル」は、主として芸術の分野の音楽や絵画、文学などにおける分類に使われるときが多くあります。

芸術の分野においてだけ「ジャンル」は使われる

「ジャンル」よりも「カテゴリー」は広い範囲のものについて使うことができます。

しかし、一般的に、「ジャンル」は芸術の分野においてだけ使うのが正しいといわれています。

例えば、「ジャンル」で美術の分野を分類すれば、「彫刻」と「絵画」に分けることができます。

「カテゴリー」の慣用句とは?

「カテゴリー」の慣用句としては、次のようなものがあります。

「カテゴライズする」

何かを仕分けるときの表現は、「カテゴライズする」ということができます。

「カテゴライズ」の意味としては、「範疇にわける」「分類する」ということがあります。

例文としては、「洋服のカラーごとにカテゴライズする」「食材ごとにカテゴライズする」などがあります。

ビジネスシーンなどでも「カテゴライズする」という言葉は使われるため把握しておきましょう。

「カテゴリー検索」

「カテゴリー検索」は、インターネット検索の一つの方法で、それぞれのカテゴリーに情報をまとめて検索するものです。

「カテゴリー検索」では、前もって情報をある特定のカテゴリーに分けて検索できるため、情報をより効率よく探すことができます。

特に、SEO対策のときは、「カテゴリー検索」は非常に大切になります。

「カテゴリーキラー」

「カテゴリーキラー」は、よく小売業界において使われる一つの言葉です。

ある特定の「カテゴリー」の商品の衣服などだけを豊富にラインアップして、大幅にそれらの価格を値下げして売る業態のことです。

例えば、「カテゴリーキラー」としては、格安の家具屋、家電品の量販店、大手のファストファッションの会社などがあります。

「キラー」という「殺人者」を意味する言葉が使われているのは、その商圏の中にある同業者が廃業に追い込まれるためです。

「カテゴリーマネジメント」

「カテゴリーマネジメント」は、商品を管理するために、小売業者が商品の「カテゴリー」を自社の目標や戦略に基づいて設けることです。

ユーザーにとって適切な棚・売り場に、適切なタイミングで、適切な価格で、適切な商品を提供することによって、需要を活発にします。

マーケティングの観点からは、一つひとつの商品がマーケットを独立して作っているのではなく、同時に一つの需要をいくつかの商品が満たしていたり、何らかの目的や必要に従って一つひとつの商品も買われていたりします。

例えば、朝食のためにパンは買うのであり、チーズ、バター、ハム、ジャム、コーヒー、牛乳、紅茶などが同時に買われます。

売り場をこのような考え方に従って構成にすると、ユーザーにとってはわかりやすく、見やすく、買いやすくなります。

関連陳列を同時に行うことによって、必要性をユーザーが思い出して、興味や関心を持つことによって需要を開拓したり、維持したりすることができます。

「カテゴリー」の類義語とは?

「範疇」「科目」などが、「カテゴリー」の類義語として挙げられます。

例文としては、次のようなものなどがあります。

・仕事が終わった後の整理も仕事の範疇です。

「範疇」とは同じ範囲にある物事が含まれることですが、この例文の意味は仕事が終った後の整理も仕事に含まれるということです。

・自分は数学が一番得意な科目です。

「科目」の意味は「小さく分けた個々の項目」ということですが、この例文では「科目」は学校の教科になります。

「カテゴリ」の英語表現とは?

「category」「variety」「type」が、「カテゴリー」の英語表現になります。

例文としては、次のようなものなどがあります。

「Japanese food falls under the category of Asian food.」

(日本食はアジアの食物の「カテゴリー」です)

この例文は、日本食がどのエリアの食物の「カテゴリー」になるかというものです。

「What type of goods is this?」

(これはどのような商品ですか)

「タイプ」の語源である「type」は、日本語としてすっかり定着しています。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。