ポーションの意味とは? 使い方や類義語などを解説




ポーションの意味とは?

ここでは、ポーションの意味についてご紹介します。

料理の一人前

ポーションの意味は、料理の一人前ということで使われるときが最も多くあるでしょう。

例文としては、「このお店のポーションは多くないため、男性としてはちょっと物足りないでしょう。」などがあります。

部分

ポーションの意味は、部分ということがあります。

意味合いとしては、切り離された部分のことになります。

例えば、本や土地などの一部分をいうときに使えるでしょう。

例文としては、「本を4つのポーションに切り離して、持ち運びやすいようにした。」などがあります。

割り当て

ポーションの意味は、2人以上で何かをわけたときの分け前をいうことがあります。

一般的に、ポーションはものに対して使われるでしょう。

例文としては、「サラダのこのポーションは、3人前としては多すぎるでしょう。」などがあります。

分け前

ポーションの意味は、お金ということがあります。

意味としては、相続分や分与分のことなどでしょう。

ポーションは法律用語として英語では使われますが、あまり日本語のカタカナ語では法律用語としては使わない傾向があります。

一盛り

ポーションの意味は、何キロや何人前などと決めたことや、かごや皿などに盛った一盛りをいうこともあります。

例文としては、「このさじですくえる量をポーションとして、2ポーションがこのレシピでは必要になる。」などがあります。

飲食店でのポーションの使い方とは?

ここでは、飲食店でのポーションの使い方についてご紹介します。

飲食店でのポーション

飲食店でのポーションの意味は、一盛り、一人分のことです。

食事をカフェやレストランなどで注文するときは、一人分としてお店側が提供する量をポーションといったり、何キロ、何本、何房など、量単位で一盛りとすることをポーションといったりします。

ポーションは、意味として分割や分け前ということがあるため、一人分、つまり一人分としての割り当て量をいいます。

また、ポーションの意味は、一つのかごや大皿などに食べ物をいくつか盛り付けて一盛りをいうこともあります。

ポーションが多めの高級レストラン

レストランで高級ダイニングやフレンチを提供しているところなどでは、ポーションが多めをアピールしているのを見ることがあります。

高級ダイニングやフレンチで一人前として提供する料理が量的に多くなく、盛り付けの面や素材のクオリティーでは満足しても、一般的にはお腹は満たされません。

そのため、これを改善するために使われるようになったのが、ポーションが多めというオシャレな響きがあるものです。

飲食店でのポーションの使い方の例文

ここでは、飲食店でのポーションの使い方の例文についてご紹介します。

  • 「炭焼のパスタのポーションは、200gに全体でなっている。」
  • 「ポーションは、期待していたように多めであった。」
  • 「ポーションはカップ一杯の量として、盛り付けは3ポーションにしてください。」

薬分野でのポーションの使い方とは?

ここでは、薬分野でのポーションの使い方についてご紹介します。

ポーションは直接的に薬品をいうこともある

ポーションの意味は、一服、一回に飲む薬の量ということがありますが、直接的に薬品をいうこともあります。

例えば、一回の薬品、一瓶の薬品などというように量を決めなくて、直接的な意味の薬品ということで使われています。

薬分野でのポーションの使い方の例文

ここでは、薬分野でのポーションの使い方の例文についてご紹介します。

  • 「寝る前に処方されたいつものポーションを忘れないように。」
  • 「研究室では、他のポーションが教授の考えで実験にプラスされた。」

ポーションの類義語とは?

ここでは、ポーションの類義語についてご紹介します。

パート

パートの意味は、部分ということです。

パートの使い方としては、パート別にわけるなどがあります。

例えば、女性と男性のパート分けなどがあります。

コンポーネント

コンポーネントの意味は、部品、構成要素ということです。

特に、コンポーネントはコンピューターなどの部品をいいます。

コンピューターは、いろいろなコンポーネントが集まってできています。

ドラッグ

ドラッグの意味は、薬ということです。

例えば、ドラッグの使い方としてはドラッグストアなどがあります。

ドラッグとしては、病気になったときに使う薬から麻薬などがあります。

ポーションの英語表現とは?

「portion」と「potion」が、ポーションの英語表現になります。

「portion」は名詞だけでなく動詞としても使われますが、「potion」は名詞だけで使われます。

なお、「portion」の発音はほとんどポーションですが、「potion」の発音はポウションになります。

当然ですが、ポーションとカタカナ語では表記しますが、予備知識として念のために把握しておきましょう。

アンダーポーションとは?

ポーションの意味は、割り当て、部分、分け前のことです。

ここから、外食産業や飲食店などで使うポーションは、料理の一盛りや一人前、料理をするときに使う一素材あたりの基準になる定量、分量のことをいいます。

そのため、料理をするときに使う一素材あたりの基準に満たない分量のことを、アンダーポーションといいます。

ポーションの管理は、飲食店において安定して原価率、利益率を確保するために非常に大切なものであると同時に、ポーション量が提供する商品ごとに安定していなければ、不公平感がお客さん同士に生じるために避ける必要があります。

そのため、ポーションの管理としては、スタッフが手慣れていても分量を定期的に計量する、計量器を使うことをパートやアルバイトには徹底させるなどを厳しく指導することが必要です。

また、アンダーポーションは使用基準になっている量に満たない分量のことをいいますが、オーバーポーションは使用基準を超過する分量のことをいいます。

オーバーポーションの超過する分量は食材の無駄である考えられるため、常態化すると原価率が高くなって利益が少なくなります。

飲食店の定量管理は、オーバーポーションを未然に防止するためにも大切な作業です。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。