「履き違える」の意味とは? 使い方や類義語、英語表現などを解説




「履き違える」の意味とは?

「履き違える」の意味は、物事の内容を間違って把握したり、物事の意味を取り違えたりすることです。

間違って物事の考えや意味を把握している人について、「意味を履き違えている」などといいます。

また、「履き違える」というのは、履きものを単純に履き間違えることをいうときもあります。

例えば、左右の履きものを逆に履いたり、他の人の履きものを間違えて履いたりすることなどです。

履きものを履き間違えるが、「履き違える」の語源になります。

「履き違える」という言葉は、間違えて他の人の履きものを履くことから、間違って物事の内容や意味を把握したりするという比喩表現として使われるようになったとされています。

「履き違える」の使い方とは?

「履き違える」の使い方としては、名詞を「履き違える」の前に置くことによって「どのようなものを履き違えているか」ということをはっきりさせることができます。

ここでは、「履き違える」の使い方についてご紹介します。

「言葉を履き違える」

「言葉を履き違える」というのは、言葉の意味を勘違いすることです。

また、勘違いすることによって、ずれた行動をすることという意味合いも含まれます。

「言葉を履き違える」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「激励の言葉を履き違えて、自分で落ち込むのはよくない。」
  • 「信用という言葉を履き違えていた。」

「目的を履き違える」

「目的を履き違える」というのは、業務などの目的を見失ったり、間違えたりすることです。

「目的を履き違える」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「業務の目的を履き違えると、努力が無駄になってしまう。」
  • 「依頼したことの目的を履き違えたため、相手をかえって困らせた。」

「立場を履き違える」

「立場を履き違える」というのは、自分の立場を勘違いすることです。

主として、自分が低い立場であるが高く見積もって、失礼な行いをすることです。

「立場を履き違える」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「酷いことをあなたはした側であるため、立場を履き違えないで。」
  • 「立場を履き違えた行いをすれば、解雇されることもある。」

「意味を履き違える」

「意味を履き違える」というのは、意味を勘違いすることです。

もともと「履き違える」の意味には、意味を勘違いするということがあるため、厳密にいうと二重表現になります。

しかし、「〇〇を履き違える」という使い方をすることで、どのようなものを履き違えているかをはっきりさせる効果があります。

「意味を履き違える」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「彼女は「だらける」と「遊ぶ」の意味を履き違えている。」
  • 「あなたがいったことの意味を履き違えて、あなたを悲しませた。」

「履き違える」の類義語とは?

ここでは、「履き違える」の類義語についてご紹介します。

「取り違える」

「取り違える」は、意味が二つあります。

「取り違える」の意味の一つ目は、意味や内容を間違えて把握することや意味を違って取ることです。

相手の話の内容やいいたいことを間違って把握することを、「彼女は話の内容を取り違えた」などといいます。

また、「取り違える」の意味の二つ目は、人や物などを単純に他の人や物と間違えることです。

「取り違える」の意味の一つ目はほとんど「履き違える」と意味が同じであるため、言い換え表現として使うこともできます。

「取り違える」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「あなたの話した内容を、私は取り違えていたようだ。」
  • 「言葉の意味を取り違えると問題である。」

「誤解」

「誤解」の意味は、言葉や物事についての意味や内容を間違って把握することです。

相手の話の意味を思い違いしたり間違って把握したりすることを、「彼女は誤解している」などといいます。

「履き違える」とは意味がほとんど同じですが、良くない意味に「誤解」は解釈することをいうときが多く、もともとの意図が伝わらないようなときに使います。

「誤解」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「メールであれば誤解されることがあるため、面会して謝罪しようと思う。」
  • 「私の話の内容を彼女は誤解しているようだ。」

「勘違い」

「勘違い」の意味は、物事を間違った意味で思い込んだり、間違って認識したりすることです。

例えば、「勘違い」は、郵送するように依頼されたにも関わらずメールで送ったり、約束した日にちを間違えたりするなどのうっかりミスなどをいいます。

物事の内容を間違って把握したり、意味を取り違えたりすることです。

「履き違える」は間違って物事の意味などを把握したり覚えたりすることですが、「勘違い」は間違って思い込んだり、思い違いをしたりすることです。

「勘違い」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「出張のスケジュールを勘違いしていたため、出張先に急いで連絡をした。」
  • 「彼女との待ち合わせ時間を勘違いしていたが、何とか間に合った。」

「履き違える」の英語表現とは?

ここでは、「履き違える」の英語表現についてご紹介します。

「履き違える」の意味は間違えて物事を把握するということで、日本独自の表現であるため、適切な英語表現はありません。

そのため、「履き違える」の英語表現としては、「混同する」や「誤解する」という意味の英単語や文法を使います。

「misunderstand」

間違えて靴や衣類を履く様子は、間違いや失敗を意味する「mistake」になります。

「misunderstand」の意味は、誤解するということがあります。

「履き違える」の類義語としては「誤解する」があるため、意味が近くなります。

「misunderstand」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「You misunderstand me.」(あなたは私の思いを履き違えている。)

「confuse A with B」

「confuse A with B」の意味は、AとBを混同するということがあります。

「confuse」の意味としては「混乱する」ということもあるため、言葉や物事のとらえ方が混じることを意味します。

そのため、「履き違える」と同じような意味として使われます。

「confuse」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「She is confusing freedom with license.」(彼女は権利と自由を履き違えている。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。